fyb_switch_to_sp_js

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月27日 (木)

ミナミアメリカオットセイ「アポロ」と「ライラ」(10月27日放送)

皆さん~お元気ですか?

Dsc_0036_2
新江ノ島水族館【ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~パート2】は、10月31日までですよ!
まだの方は、急いでくださいね。
綺麗ですよ!

さて、今回は、新江ノ島水族館展示飼育部海獣類チームの、遠山忠晃(ただあき)さんに、ミナミアメリカオットセイの《アポロ》と《ライラ》について伺いました。

Dsc_0014_2

今年の8月31日に、えのすいに来ました。
2頭とも、メスです。

名前の由来は、夏にえのすいに来たので、夏の星座の《こと座》の学名から《ライラ》、神話の中から音楽の神として登場するアポロンから《アポロ》です。

アポロ

__3

ライラ

__4
2頭とも、好奇心旺盛で、警戒心がないそうです。

《アポロ》は、気が強く、《ライラ》は、好き嫌いが激しいようです。

2頭は、現在ショーにでるためのトレーニングしています。
これからのえのすいのショーを、盛り上げてくれる後継者ですね!
楽しみですよ。
応援しながら、楽しみに待っていてくださいね。

まず、《アポロ》と《ライラ》の名前を覚えてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

えのすいECO親善大使DJ・HAGGY

2016年10月20日 (木)

幻のイソギンチャク (10月20日放送)

Img_8340

皆さん〜お元気ですか?
《ナイトワンダーアクアリウム2016〜月光に漂う水族館〜パート2》は、もうご覧になりましたか?
パート2は、10月31日までですよ!
まだの方は、是非!!ご覧になってくださいね。

Img_8350

さて、今回は、新江ノ島水族館  展示飼育部魚類チーム  小谷野有加(こやのゆか)さんに、【幻のイソギンチャク】について、伺いました。

Photo_2
その名前は、【ドラフインイソギンチャク】です。
1904年に三浦半島城ヶ島沖で、ドイツ人研究者フランツ・ドフラインによって採集され、1908年に新種として発表されました。
しかし、日本では長い間、浅海に生息するサンゴイソギンチャクと混同されており、再発見がされなかったため【幻のイソギンチャク】と言われていました。
ところが、2012年に約110年ぶりに東京湾で採集され、昨年、採集された個体が本種だということが、千葉県立中央博物館分館海の博物館の研究員らによる研究チームにより、再確認されました。

Photo_3


ドフラインイソギンチャクは、新江ノ島水族館深海コーナーで見ることできますよ。
大きさが、人の頭くらいで、触手は、人の指くらいに大きいです。
えさは、オキアミ、小さなエビだそうです。
えのすいのは、今年の3月に駿河湾で採集したものです。
動くそうです。
とにかくおおきいですよ。

じっくりみてくださいね。

Img_8334


えのすいECO親善大使
DJ・HAGGY

2016年10月13日 (木)

デリケートな発光生物「ヒカリキンメダイ」(10月13日放送)

Photo_2

皆さん~お元気ですか?
 
【ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~パート2】は、
 
10月31日までですよ!
 
是非、見に来てくださいね。お待ちしております。

E2c
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 魚類チーム 佐野真奈美(まなみ)さんに、
 
【ヒカリキンメダイ】について伺いました。

20161012234113


えのすいでは、【月光に輝く夜の生物展示】をテーマに、月の満ち欠けによって
 
産卵する生物や、発光する生物、光を反射する生物が展示されています。
 
その中でも、発光する生物に【ヒカリキンメダイ】がいます。

Photo_3
目の下の発光器をコミュニケーションの際に光らせます。
 
一か所に集結すると水槽の壁がふわっと明るくなる幻想的な光りです。
 
このヒカリキンメダイは、光の刺激に大変弱く、明るい水槽で飼育すると、
 
発光しなくなります。
 
下手をすると死んでしまいます。
 
バックヤードでは、遮光カーテン完備の水槽に、さらに遮光のふたをして
 
真っ暗にしています。
 
餌はちょっと高めのサクラエビで、万全の態勢で展示しています。
 
展示水槽で丸いところがいくつかあり、そこから見ると光りますよ。

120161012234501

Photo_4
 
是非、見に来てくださいね。
 
えのすいECO親善大使 DJ・HAGGY
 
●今月の【えのすいECOデー】は10月16日日曜日ですよ。
 
10時00分~16時00分 フリーマーケット、ペットボトルキャップ回収運動
11時00分~12時00分 ビーチクリーン ★ごみぶくろ、軍手、トング用意します。
12時00分~12時30分 ビーチコーミングアート 
 
えのすいECO親善大使 DJ・HAGGYは、ビーチクリーン参加しますよ。
ご参加お待ちしております。

Event0124000000002

2016年10月 6日 (木)

海の中のハロウィン、季節来遊魚たち(10月6日放送)

Photo_4

皆さん~お元気ですか?
 
【10月】になりました~!!
 
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋・・・・いろいろありますね。
 
皆さんは【●●●の秋】ですか?
 
DJ・HAGGYは【食欲の秋】ですかね。。。。。

20161006110654_2
 
さて、今回は新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 櫻井 徹(とおる)さんに
 
現在、えのすいでは【ハロウィン】にちなんだ魚たちが展示されているので、
 
そのことを伺いましたよ。

20161006110745_3


 
10月のテーマ水槽【海の中のハロウィン、季節来遊魚たち】です。
 
海の中は、実はこの時期、まだまだ暖かく、寂しいどころか綺麗な魚たちで賑やかなんです。
 
黒潮に乗ってやってきた、まるで仮装しているように綺麗で、
 
カラフルですよ!
 
本当に、【怪しい魚たちのハロウィンパーティーにようこそ!】ですよ。
 
展示している生物は、
 
 
ミノカサゴ。。。。。ヒラヒラしたヒレは綺麗です。毒のトゲを持ちます。
 
などなど。。。。
 
カラフルな魔女。。。。魔女と言えば、黒服に黒猫もイメージですが、
 
カラフルな魔女も!!!ミノカサゴカラーの魔女の仮装はいかがですか?
 

Photo_5

Photo_6


 
さあ~えのすいで【ハロウィン】をお楽しみくださいね。
 
お待ちしています。
 
【ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~パート2】
 
見に来てくださいね。

Part2_3


 
えのすいECO親善大使 DJ・HAGGY