fyb_switch_to_sp_js

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月25日 (木)

しんかい2000公開整備について (12月25日放送)

Photo_3

みなさん~年末年始の準備進んでいますか~?
お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
えのすいECO親善大使DJ・HAGGYが
新江ノ島水族館情報を毎週お届けしている
【えのすい presents LIFE OF AQUARIUM】は、
今回が年内最後の放送です。
新年は、なんと1月1日木曜日放送ですよ~。
 

Photo_4


さて、今日は【クリスマス】です。
今回は、展示飼育部 魚類チーム 杉村誠(まこと)さんに
「水族館では、動物や魚達に何か特別なクリスマスプレゼントがあるのか?いつもより
ご飯が豪華とか?・・・・・」を伺いました!!!

20141224221620_3
ご飯が豪華になるとかのクリスマスプレゼントはないようです。
良く動物園で、氷の中に食べ物をいれてプレゼントとか。。。ありますが
特にないようです。
魚達や生き物たちは、クリスマスも、お正月とかも
特にわかっていないので、いつもと同じ日なのでないと伺いました。
そうですよね。。。。笑。

Photo_7


ただ、相模湾大水槽でのショータイムに
クリスマスバージョンで、泡が登場して盛り上げています。
魚達に対してではなく、みているお客様のためにですよね。
 
あと、年末の「水族館には大掃除」があるのか?
毎日、清掃しているので特にないようです。

20141224221712
深海コーナーの「しんかい2000公開整備」はありますよ。
12月28日14時~15時30分です。

Photo_5
整備するのは、水族館スタッフではなく、
海洋研究開発機構・JAMSTECの元「しんかい2000」運航チームのみなさんが
集結して公開整備を行います。
船の構造や機器についての解説や、船体カバーの取り付けなど、迫力ある整備のようすを
間近でご覧いただけます。
ここでしか聞けない深海調査でも貴重な体験談もお楽しみくださいね。
質問も受け付けするそうですよ。

20141224221511
今年も、【えのすい presents LIFE OF AQUARIUM】聴いてくださいまして
誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
1月1日からの放送です。
 

Photo_6
★年末年始のえのすい・新江ノ島水族館営業時間
12月26日金曜日・27日土曜日 10時00分~17時00分
12月28日日曜日~1月4日日曜日 9時00分~17時00分
1月5日月曜日~1月31日土曜日 10時00分~17時00分
発券・最終入場は閉館の1時間前まで。
なぎさの体験学習館も同時間で営業します。
休館日・・・・1月27日火曜日~1月29日木曜日 3日間
なぎさの体験学習館もお休みします。
 
新江ノ島水族館のホームページをご覧くださいね。
 
良いお年をお迎えください。
 
えのすいECO親善大使 DJ・HAGGY

2014年12月18日 (木)

水族館のクリスマス (12月18日放送)

Photo_3

みなさん〜お元気でしたか?

えのすいECO親善大使DJ・HAGGYが、

新江ノ島水族館の最新情報をお届けどけしています。

今回は、季節がら「クリスマスやイエスキリストにちなんだ名前のつく生き物」について

展示飼育部 魚類チーム 唐亀 正直(からかめ まさなお)さんに

お話を伺いました。

Photo

12月のテーマ水槽「クリスマス、キリストと生き物たち」です。

展示生き物は、

ジーザスクライストリザード(ノギハラバシリスク)は、

南米のトカゲで、エリマキトカゲのように水面の上を走ります。

Photo_2


キリストガニ(シマイシガニ)は、

背中に十字架模様があるようです。

これには、伝説が!!!

日本にキリスト教伝承にきていたフランシスコ・ザビエルが、

十字架を海の中に落としたら、カニがひろってくれたという伝説です。

ひろったのが、キリストガニらしいですよ。

サンタマリア、サンタエビ(シロボシアカモエビ)などなど。。。。

見に行きましょう。

2

オーストラリアにはクリスマス島があり、こちらにも珍しい生き物がいます。

10月から12月にかけて、森林から海に大移動するアカガニ。

アカテガニみたいなもので、大きいカニです。

良くテレビで放送されていますよね。

何回も見たことがあります。

ニュース番組でも!!


えのすいでも、クリスマス、イエスキリストにちなんだ生き物を

調べると、かなりいろいろな発見があるかもしれませんね。

子どもたちの冬休みの宿題に自由研究があったら、

これをオススメしたいですね。

Moss_2


【えのすいクリスマス】では、たくさんのイベント開催中です。

是非、きてくださいね。

お待ちしています。

Photo_4

2014年12月11日 (木)

海外の水族館 (12月11日放送)

Blue_planet_0420141210180344

みなさん〜お元気ですか?

えのすいECO親善大使DJ・HAGGYです。

今年の【えのすいpresents LIFE OF AQUARIUM】も

今回分を入れて、あと3回です。


Dsc_045820141210180802


さあ〜今回は、【海外の水族館について】展示飼育部 魚類チーム 杉村 誠さんに

お話を伺いました。



杉村さんは、最近(11月3日〜11月11日)ヨーロッパの水族館視察に行かれた
そうです、」

羨ましいです。

ドイツとデンマークの水族館を視察したようです。

ドイツは、旧東ドイツのロストックという港町にある【ズーロストックのダビニュウ
ム】(バルト海沿岸)だそうです。

Dawineum_0320141210180714
ドイツの水族館は、単独で水族館ではなく、

動物園や博物館の中にある水族館という感じだそうです。

Dawineum_0120141210180618

Dawineum_0220141210180645
バルト海。。。。。ドイツ北部、デンマーク、北側には、北欧三国(ノルウェー、ス
ウェーデン、フィンランド)などに囲まれている海です。

元・地理の教師ですので。。。。

バルト海は、よく試験に出題されています。

地図で、場所の確認してください。

Blue_planet_0320141210180315

デンマークの水族館は、国営で、中の水族館の内容は、

日本の水族館と同じだそうです。

建物のデザインが斬新で素晴らしいですね。

Blue_planet_0120141210180155_2
今回のお話と、パンフレットなどを見ました。。。。

海外の水族館にたいへん興味を持ちました。

日本の水族館は、もっともっと海外に負けないようにしてほしいです。

えのすいのクリスマスイベント開催中ですよ〜。

ご来場お待ちしております。

Photo_2

2014年12月 4日 (木)

発電する魚 デンキウナギ (12月4日放送)

Photo_2

皆さん~11月末日で「ナイトアクアリウム」終了しました。
多くのお客様、ご来場ありがとうございました。

12月になりました!!
11月29日土曜日から、江の島&江の島周辺&江ノ電沿線&新江ノ島水族館での冬イベント【湘南の宝石】もスタートしました。(実行委員長は、DJ・HAGGYです。)

20141203110844
新江ノ島水族館では、同時開催【10th Anniversary in 新江ノ島水族館2014冬】開催中です。
12月25日木曜まで開催です。

Photo_4

さあ~今回は、「発電する魚・デンキウナギについて」展示飼育部 魚類チーム 唐亀正直(からかめ まさなお)さんに伺いました。


デンキウナギは、日本にはいなく、南米、アマゾンにいるようです。
種別ではウナギではないようですよ。びっくりです。

Photo_5
新江ノ島水族館のデンキウナギのクリスマスツリーですが、次のような仕組みで輝くようです。

Photo_10
デンキウナギの電気は、とても高い電圧ですが、長い時間ずっと発電しつづけることはできないので、電気としては弱い力しかありません。
そこで、増幅回路、スイッチ回路の仕組みが必要になります。
スイッチ回路は、デンキウナギの電気を強くして、スイッチをオン/オフと動かし、
デンキウナギが出す電気の強弱で、ツリーのイルミネーションを段階的に光らせています。
すごいですね。

Photo_7
体は、直流の電池のようで、顔の方がプラス、後ろがマイナスです。
800Vで1アンペアだそうです。アンペアが低いですね。
一回発電すると、つかれてすぐには発電できないそうです。
実際に放電するところは、見ること出来ないようです。

Photo_8
気になるエサは、エビナゴなどで、
えのすいでは、週に3回、月曜日・水曜日・金曜日の午前中です。
 
是非!えのすいに行ったら、デンキウナギのクリスマスツリーを見てくださいね。
輝くツリーを見ることができたら、ラッキーですよ。

Photo_9
カップルで見て、輝いたら、もうラブラブ間違いないですね。笑い。
お幸せに~。
ご来場お待ちしております。


えのすいECO親善大使 DJ・HAGGY