fyb_switch_to_sp_js

2018年4月19日 (木)

テーマ水槽【水の中の子どもたち】(4月19日放送)

Photo

皆さん~お元気ですか?



そろそろゴールデンウィークの準備になりますかね。。。。



友人と、恋人と、家族で、新江ノ島水族館へ来てくださいね。


2018apr


さて今回は、えのすいトリーター 伊藤 寿茂(いとう とししげ)さんに、



「5月5日の、こどもの日に向けたテーマ水槽」について、伺いました。

Photo_2



テーマ水槽【水の中の子どもたち】は5月6日日曜日まで開催中です。



今回のテーマ水槽は、えのすいで、すくすく育つ水の生き物の子どもたちをご紹介し
ます。

Photo_3



展示生物



【ハダカハオコゼ】

脱皮を繰り返しながら大きくなります。

脱皮は、失敗すると命を落としたり、直後は敵に襲われる危険もあります。

ときどき、うすい皮を脱ぎ棄てます。

180409_higuchi4_440

Photo_4



【サビウツボ】

せまいところに隠れる習性があります。

普通は、コイの形ですが。。。。首がながくなっていても御愛嬌で、

よろしくお願いいたします。

※前年のクリスマスのテーマ水槽では、サンタクロースになっていました、

Event0114700000002


場所は、ペンギンプール前です。



ご来場お待ちしています。

Img_0831



新江ノ島水族館 えのすいeco親善大使

DJ・HAGGY

2018年4月12日 (木)

春にやってくるコウイカ(4月12日放送)

Photo_4

皆さん~お元気ですか?

 

子どもたちは、新学年スタートしましたね。

 

新しい教室で、新しいお友達で、たくさん思い出を作ってくださいね。

 

さて、今回は、えのすいトリーター 鈴木 良博(よしひろ)さんに、

 

「私達の食卓で身近なイカについて」「春、産卵のために接岸すイカについて」伺いました。

Photo_5

 

この春産卵のために接岸するイカは、

 

【コウイカ】【シリアケイカ】【カミナリイカ】の三種類います。

 

その中で、えのすいで見ることのできるのは、

 

【コウイカ】です。

 

Img_0784

コウイカ目コウイカ科

 

Img_0789_2

江戸前で言う「スミイカ」のことで、胴の長さが15~20cmで、

 

ヒレの付け根に細い銀色の帯が美しく、褐色の背面には白い霜降り状の模様が特徴的です。

 

体色の変化も豊かで、時折真っ白な体色になることもあります。

 

イカといえば。。。スミですが、

 

コウイカは名前のとおり、スミの量が多く、刺激を与えるとスミを吹き出し

水槽がたいへんなことになるので、捕まえる時も最新の注意が必要とのこと

ちなみに、「イカスミ」は粘膜のようなスミで、「タコスミ」はさらさらしているそうです。

 

相模湾でもこの時期や、夏の初めころに多くみることができるそうですよ。

 

えのすいでは、「相模湾ゾーンの沿岸水槽」でみることができます。

 

★4月15日日曜日「えのすいecoデー」ですよ。

 ビーチクリーンは11時00分~12時00分です。

 ごみぶくろ、軍手、トングは用意します。

 ご協力お待ちしています。

 

Event0124000000002

新江ノ島水族館 えのすいeco親善大使

DJHAGGY

2018年4月 5日 (木)

可愛い小さな魚ダンゴウオ (4月5日放送)

Img_0705

皆さん〜お元気ですか?

今日は4月5日です。。。。昨日は、私の誕生日は昨日です。。。。笑い。

今日は「入学式」の学校もあるのでは。。。。

ご入学おめでとうございます。

2018apr



さて、今回は、新江ノ島水族館 魚類チーム 冨永 早希(とみなが さき)さん
に、

「可愛い形をした小さな魚が、ますます人気で!その魚・ダンゴウオ」について、伺
いました。
 

Edit

Photo_5



小さな団子みたいな、可愛い魚、「ダンゴウオ」

吸盤状の腹ビレで、」岩などに張り付いて生活をしています。

小さなエビやカニ等を食べて、体長1〜2cmになります。

体色は、茶。緑。赤など様々なバリエーションがあります。
 
    ↓どこにいるかわかりますか?

Photo_6


採集に相模湾では、冬の夜、干潮で潮の引いた時間を狙い、磯で採集します。

とても見つけにくく、今回も2時間近く探して、1匹と難航、帰り際に残り30分と決

めて寄った潮だまりで、立て続けに数匹採集できました。

夜の海はたいへん冷えます。採集に夢中だと寒さもなんのその!!

採集中は、ほとんど会話も無く、黙々と暗い磯に顔を近づけて頑張ったとのこと。
 
お疲れさまでした。

Animals0025500000001



ダンゴウオを観察するときのアドバイスとしては、
 
目を凝らして正面からじ〜っと見るとその可愛らしい表情の虜になります。

個体ごとに身体の色も微妙に違って、表情も可愛いですよ。



是非見に来てくださいね。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年3月29日 (木)

春を告げるクラゲ (3月29日放送)

Diary0410000000001

 
皆さん〜お元気ですか?
3月29日ですね。。。。年度末ですよね。
社会人は、忙しい時期ですね。。。。。
子どもたちは、春休み中ですね。。。。新学年の準備ですか?
素晴らしい新年度を迎えてくださいね。
 
さて、今回は新江ノ島水族館 魚類チーム 唐亀 正直(からかめ まさなお)さんに、
【春を告げるクラゲ】について伺いました。
 

Photo_9

 
12月から1月〜2月初旬までは、江ノ島周辺の海には、
クラゲがいません。。。。
2月の終わりごろに出てくるクラゲ、春のクラゲの代表格は、
「カミクラゲ」「ウラシマクラゲ」「オオタマウミヒドラ」あたりでしょうか?
その中で、「カミクラゲ」の、カミは、神様の神?
髪の毛の髪?。。。。。。
それは、髪の毛の髪なんです。
名前の通り、髪のように多数の触手がたなびくクラゲです。
 

Photo_10

Img_0720

 
今まで、繁殖の成功がないそうです。
ポリプがわからないようです。。。。。
 
江の島周辺、横浜、東京湾にいるようです。
 
春を呼ぶ「カミクラゲ」は、実際にどんな形をしているのか?
 
見に来てくださいね。
 

Photo_13

Photo_14

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年3月22日 (木)

カワウソ~木漏れ日のオアシス~(3月22日放送)

Photo

皆さん~お元気ですか?
子供たちは、そろそろ春休みになりますよね!
是非、春休みは、新江ノ島水族館に来てくださいね。
3月31日までは、《えのすい学割キャンペーン》実施中ですよ。
高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生の皆さんは、えのすいのホームページみてチェックしてみてくださいませ。

Img_0540


さて、今回は、新江ノ島水族館海獣類チームの倉形邦弘(くらかたくにひろ)さんに、3月3日に新展示【カワウソ~木漏れ日のオアシス~】がオープンしたので、新しい仲間「コツメカワウソ」について伺いました。

201803_riveroriver2_440


Edit

Event0026100000021


4頭か展示中です。
オス3頭、ヨモギ、ヤマト、ミヤマ。
メス1頭、ミサキ。

ヨモギは、10歳。大分マリーンパレス水族館《うみたまご》から。
4頭のなかで、一番年上。
動きがゆったりしていて、あまり動くと疲れるようです。

Photo_2



ミサキは、1歳。大阪府泉南郡の《みさき公園》から。
甘えん坊、好奇心旺盛で、トリーターが持ってくるブラシ、ホースなどで遊んでいます。トリーターが入ってくると、先に寄ってくる。

Photo_3

Img_0731


ヤマトは2歳、ミヤマも2歳。兄弟。
《世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ》から。
ミヤマは、好奇心旺盛。ヤマトは、慎重に行動する。

Photo_4



展示がスタートして、20日くらいになり、4頭は、少しずつえのすいになれてきているようです。
ヨモギ、ミサキは、トリーターが作ったハンモックで遊んでいます。

皆さんも、えのすいの新しいアイドル【コツメカワウソ】に会いに来てくださいね!
どうぞよろしくお願いいたします。

Photo_5



新江ノ島水族館
えのすいeco親善大使
DJ・HAGGY

2018年3月15日 (木)

3月生まれのペンギンたち(3月15日放送)

Edit

皆さん〜お元気ですか?

今度の3月18日日曜日は、第三日曜日【えのすいecoデー】ですよ。

えのすいeco親善大使DJ・HAGGYも、ビーチクリーン参加します。

10時〜16時、フリーマーケット、ペットボトルキャップ回収運動

11時〜12時、ビーチクリーン※ごみ袋、軍手、トングはご用意します。

12時〜12時30分、ビーチコーミングアート、※貝殻等を使用した作品作り。

3

ご参加おまちしていますよ。


さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 海獣類チーム 倉形 邦弘(くらかた くに
ひろ)さんに、

今月、3月生まれのペンギンがたくさんいることについて、伺いました。

Photo


★コハク 3月17日で10歳(新江ノ島水族館になってからの繁殖第1号です)

Photo_2


★ユメ  3月20日で8歳
 

Photo_3

★ヒカル アカリ 3月22日で17歳(双子の姉妹)

Photo_4


★サン  3月22日で6歳

Photo_5


★ウタ  3月28日で19歳

Photo_6


新江ノ島水族館生まれの「コハク」は、名前を呼ぶと、来るそうですよ!!!

人懐っこい性格で、遊んでくれるかな?と来るそうですよ。

ひもで、遊び、飲み込んだり、引っ張ったり、吐き出すなど。。。。。

他のペンギン達は、名前を呼んで、魚をあげないと、鳴き声を上げたり、

くちばしで、突っつかれたり、ぎゅ〜と噛まれたりするそうです。痛いそうですよ。
笑い。


ペンギンの世界には、縄張りがあるので。。。ペンギンが他の縄張りに入るとつっつ
くペンギンもいるそうです。

Dsc_0144


お腹の黒い点、足の甲などのしるしなどで、名前が分かるそうです。

個性豊かなペンギンたちを、じっくり見に来てくださいね。

Img_0669_2



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年3月 8日 (木)

新種クラゲの展示スタート(3月8日放送)

Img_0638

皆さん〜お元気ですか?


3月3日土曜日オープン【カワウソ〜木漏れ日のオアシス〜】に行きましたか?


コツメカワウソを見ましたか?


可愛いですよね。

28577023_1534982289932243_139298478



さて、今回は、新江ノ島水族館 魚類チーム 足立 文(あだち あや)さんに


新しいクラゲの仲間の展示がスタートしたことについて、伺いました。

Edit


★キャノンボールジェリー

Photo_3

Img_0643

Img_0645


南米の東岸を中心に太平洋・大西洋の数箇所で確認されている根口クラゲの仲間で
す。

食用にさせており、加工されたクラゲは日本へも輸入されてきます。

展示個体は、2017年12月にフランスのパリ水族館よりポリプを譲り受け、

当館にて育てたものです。

えのすい生まれです!!!

パリ水族館とは、お互いのクラゲの飼育・繁殖の技術の向上を目的に交流を行ってい
ます。



★リクノリーザ・ルサーナ

Edit_2

Img_0632

南米の大西洋岸で見られる根口クラゲの仲間です。

展示個体は、山形県の鶴岡市立加茂水族館よりポリプを譲り受け、2017年11月
に新江ノ島水族館で生まれ、育てたものです。

新江ノ島水族館と鶴岡市立加茂水族館は、クラゲの飼育・繁殖の技術の向上を目的に

クラゲのポリプを交換、新江ノ島水族館で育てた「ブルージェリー」のポリプを贈っ
ています。



クラゲファンの皆さんは必見です!!!

是非見に来てください。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年3月 1日 (木)

たくさんのフウセンウオ!!(3月1日放送)

Img_0659

皆さん〜お元気ですか?

 

今日から3月ですよ!!!

 

卒業式シーズンになりますね。。。。お別れのシーズンでもありますね。

 

でも、新江ノ島水族館は違いますよ!!新しい仲間が増えますよ。

 

3月3日土曜日に【コツメカワウソ】が仲間になりますよ。

 

お楽しみに〜。

Photo

 

さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 小谷野 有加(こやの ゆか)さんに、

 

「可愛らしい魚のアイドルの、フウセンウオとダンゴウオ」について伺いました。

 

Photo_2

【フウセンウオ】は、日本海や東北以北の太平洋やオホーツク海に生息していて、

 

最大で全長13cmほどになるダンゴウオ科の仲間です。

 

ふくらんだ丸い風船のような体型です。

 

Photo_3

背びれは吸盤状に変化して、岩や海藻にくっつきます。

 

水槽の中には、だいたい200くらいのフウセンウオがいますよ!

 

なぜか。。。同じ方向を向いています???

 

Photo_4

じっとしているフウセンウオが多い中、泳いでいるフウセンウオもいます。。。

 

泳ぎ方も可愛いですね。

 

2016年に北海道から搬入し、2017年3月頃よりm複数回産卵し、産卵より50〜60日後に

 

全長5mmほどの稚魚が孵化しました。

 

展示水槽に入ることのできる大きさの4〜5cmになるまでバックヤードで大事に育成しました。

 

身体の色や模様は、環境によって変わることもあるようです。

 

Photo_5

【ダンゴウオ】は、冬の相模湾で採取されたそうですよ。

 

ダイバーたちに人気です。

 

Animals0025500000001

冬の夜、干潮で潮の引いた時間をねらい、磯で採集しますが、とても見つけにくく、

 

今回も2時間近く探して、1匹と難航しましたが、帰り際に残り30分と決めて寄った潮だまりで

 

立て続けに数匹採集でき、無事に展示できました。

 

ますます人気者になっている【フウセンウオ】と【ダンゴウオ】を見に来てくださいね。

 

新江ノ島水族館 えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年2月22日 (木)

日本一のご長寿!カマイルカのクロス(2月22日放送)

Photo

皆さん〜お元気ですか?
 
先週、紹介しました《第7回えのすい主催 水槽コンテスト作品展》開催中ですよ。
 
見に行きましたか?
 
中学生・高校生の力作が登場しています。
 
見てくださいね。
 

Event0139700000002

さて今回は、新江ノ島水族館 海獣類チーム 伴野 竜次(ともの りゅうじ)さんに、
 
「えのすいで飼育されている大変ご長寿の生き物」について伺いました。
 

Photo_2

【カマイルカのクロス】
 
2月16日で、飼育40年になりました。
 
1978年・昭和53年2月16日より飼育開始。
 
雄です。

170522_

 
自然界から搬入。かつて静岡県伊東市川奈の定置網に入網した個体です。
 
日本で飼育されているカマイルカの中で一番の長寿。
 
40年ということは、旧江ノ島水族館時代から、ほとんどのスタッフの方々よりも
 
長くこの水族館でくらしています、
 
イルカショースタジアムのの江の島側のプールで元気よく泳いでいます。
 
泳ぐ速度がすごい時もありました!!!
 

Photo_3

Photo_4

 
ボス的存在ではなく、きちんと周りをみていて、困っているイルカがいると付き添ったりする
 
優しい存在だそうです。
 

180102_

 
これからも、えのすいで元気に暮らして、多くの人を楽しませてほしいですね。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2018年2月15日 (木)

テーマは躍動!第7回えのすい主催 水槽コンテスト(2月15日放送)

72810kb_2

皆さん〜お元気ですか?


湘南の冬のイベント【湘南の宝石〜江の島を彩る光と色の祭典〜】。。。

今度の2月18日日曜日まで開催中ですよ!!!

是非、見に来てくださいね。

(湘南の宝石実行委員会 実行委員長 DJ・HAGGY)

27752519_828951633974111_5341070722


さて今回は「えのすい恒例の《水槽コンテスト》開催中について、

新江ノ島水族館 魚類チーム 北田 貢(きただ みつぐ)さんに、伺いましたよ。

Edit


未来を担う中学生・高校生たちを対象に【第7回えのすい主催 水槽コンテスト】で
す。

第7回となるテーマ今回は【躍動】をテーマに、水槽の企画立案か


生物選定、水槽セッティング、飼育維持・管理、展示解説まで、


中学生・高校生たちが作り上げた水槽作品を展示公開しています。


コンテストの結果は、2月19日月曜日より発表予定です。


期間中に来場された方々にも投票にご参加いただけます。


流氷、火山、沈没船、遺跡、遊園地。。。。。どうぞお楽しみに。。。。

2018_02suisoukon1_440

2018_02suisoukon2_440_2

2018_02suisoukon3_440

2018_02suisoukon4_440

2018_02suisoukon5_440


見に来てくださいね。

場所は、ペンギン、アザラシ前です。


中学生、高校生の力作をみにきてくださいね。



えんすいeco親善大使



DJ・HAGGY