fyb_switch_to_sp_js

2017年4月27日 (木)

江の島に続く不思議なトンボロ(4月27日放送)

3

皆さん~お元気ですか?
 
もうすぐゴールデンウィークですね!!!
 
新江ノ島水族館では、ゴールデンウィークの期間中、営業時間を拡大ですよ。
 
5月7日日曜日まで、朝8時から営業です。
 
少しでも混雑を避けたい人は、朝8時にえのすいへお越しください。
 
お待ちしております。
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 企画部 体験学習チーム 原 明日香(はら あすか)さんに
 
「江の島に続く不思議なトンボロ」について伺いました。
 
原さんは、この番組初出演ですよ!!!

Photo


トンボロは、イタリア語で、もともと海だった場所に、波が運ぶ砂がたまって盛り上がることで、
 
自然にできた地形のことを「トンボロ」というのだそうです。
 
江の島にトンボロができて、今のような陸続きの島になったのは
 
鎌倉時代初期の1216年といわれていて、
 
大潮の干潮時、およそ1時間の間、江の島のトンボロの上を歩くこと出来ますよ。
 
DJ・HAGGYも何回も歩いています。
 
下から江の島大橋を見上げながら歩くと、なんか不思議な気持ちになります。

2
 
近くにいろいろな生き物がいるんですよ。
 
葛飾北斎の浮世絵「相州江の島」でも描かれていますよね。
 
新江ノ島水族館併設のなぎさの体験学習館では、定期的に「トンボロを歩くワークショップ」が開催されています。

1
次回は、4月29日祝日・土曜日ですよ。
 
なぎさの体験学習館には、トンボロの仕組みがわかるコーナーがありますからね。
 
見に行ってください。

Photo_4

Photo_5


素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年4月20日 (木)

フンボルトペンギンの赤ちゃん22日に愛称決定!(4月20日放送)

 Photo

皆さん〜お元気ですか?

来週末より、いよいよ【ゴールデンウィーク】ですね!!!

今年は、どのように過ごす予定ですか?

是非!えのすいに来てくださいね。

お待ちしております。

Photo_2

さて、今回は、新江ノ島水族館 海獣類チーム 城戸 暖菜(きど はるな)さんにお話を伺いました。

Photo_3


「今週22日土曜日に、今年2月14日〜3月14日まで、えのすいで愛称を募集し
たフンボルトペンギンの命名式」が行われます。


楽しみです!!

Photo_4



両親は、えのすいう生まれの「グー」と「トップ」です。

つがいでないために、子育て経験のある仲の良いメスのペア「ルビー」と「サニー」


に卵を託して、育ての親として卵を温めてもらいました。

2016年6月6日(月)に孵化、「ルビー」と「サニー」から、

雛が食べやすいように、一度食べて半分消化などなど。。。順調に成長、


現在も親離れも済ませて、自分で食べられるようになりました。


性格は、やんちゃで、お昼寝が大好きのようです。


とても元気に泳いでいますね。


来場の子供達とは、仲良しですよ。

Img_9175_2


なんでも興味があるようです。可愛いですね。


成鳥とと同じくらいの大きさになりましたが、


フンボルトペンギンの特徴でもある胸にある一本の黒い帯がまだありません.


例年では、夏に開花!!一度羽替わりを終えると成長と同じ模様に!!!



★22日土曜日午後1時発表です。どんな愛称になるか?楽しみです。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY


2017年4月13日 (木)

骨をむさぼり食う!? ホネクイハナムシ(4月13日放送)

Img_9125

皆さん~お元気ですか?
 
今回は、新江ノ島水族館展示飼育部 魚類チーム 小谷野 有加(こやのゆか)さんに
 
とても貴重な深海生物【ホネクイハナムシ】について伺いました。

Edit
 
名前が【ホネクイハナムシ】です。
 
ホネクイ、ちょっと怖い感じがします。
 
俗称はゾンビワームです。
 
2004年に初めてカリフォルニア沖のOsadax属、クジラの骨から発見・報告されました。
 
ゴカイを含む多毛類のなかまで、現在世界で11種類が発見」されています。

Img_9127
 
 Osadaxは、ラテン語で【骨をむさぼり食う】という恐ろしい意味です。
 
このホネクイハナムシは、深海コーナーで見ること出来ます。
 
深海に沈んだ鯨の骨を食べて生きる【ホネクイハナムシ】です。
 
鹿児島県産なんですね。
 
是非!見に来てくださいね。

Photo_9

今度の4月16日日曜日は、第3日曜日ですから、【えのすいecoデー】ですよ。
 
フリーマーケット、ペットボトルキャップ回収運動、ビーチクリーン、
 
ビーチコーミングアートなどが行われます。

トング、軍手、ごみぶくろは、新江ノ島水族館で用意します。

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGYもビーチクリーン参加します。

ご協力ありがとうございます。

3
 
あと。。。。4月16日は、えのすいこと新江ノ島水族館の開業記念日です。
 
13周年となる本年よりこの4月16日を【えのすいの日】とさせていただきます。
 

Photo_10
 
えのすいeco親善大使 DJ・Haggy

2017年4月 6日 (木)

世界のメダカたち (4月6日放送)

1edit

皆さん~お元気ですか?
 
子供達は、春休みも終わり、新学年、新学期スタートしましたね。
 
新しい目標を持って、頑張ってくださいね。
 
この番組【えのすいpresents LIFE OF AQUARIUM】、
 
新年度、4月からもどうぞよろしくお願いいたします。
 
今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 戸倉徹(とくらとおる)さんに
 
【テーマ水槽 春の小川を泳ぐ 世界のメダカたち】を紹介していただきました。

Photo_2

Edit_2
 
世界中には、700種類以上のメダカがいるそうです。
 
DNAの技術が高くなると、種類が増えますと!!
 
今回展示されているメダカの中から、紹介してくれたのは、
 
★「楊貴妃(ようきひ)」
ダツ目メダカ科 原産 日本(改良品種)
品のある感じのメダカです。オレンジ色のような色をしています。

_


日本のメダカは、長い糸の生えた卵や、体の特徴からサンマやトビウオ、サヨリなどと
同じダツの仲間(ダツ科)です。
一方、グッピーなどを含む海外の多くのメダカはカダヤシの仲間(カダヤシ目)です。
 
★「イエローパンチャックス」
原産 東南アジア
メダカとしては、大きいメダカです。
なんと小さい魚を食べてしまうそうです。
水槽が一緒の小さなメダカを食べてしまいます。ビックリ!!!

Photo_3
 
★「クラウンキリー」
原産 西アフリカ
アフリカのメダカなんて珍しいですよね。
縦模様と横模様があるメダカです。

Photo_4
 
日本人には身近なメダカですが、世界のメダカを知ることができます。
是非、見に来てくださいね。

Photo_5


 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年3月30日 (木)

春を告げる・カミクラゲ (3月30日放送)

3edit

皆さん~お元気ですか?

子供達は、春休み中ですよね。

えのすいこと新江ノ島水族館では、明日の3月31日金曜日まで!

【えのすい学割キャンペーン】実施中です。

対象は、高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生です。

学生証、生徒証、生徒手帳をチケット売り場窓口で提示してくださいね。

なんと1050円でご入場できます。

お待ちしています。

2017


さて、今回は、新江ノ島水族館展示飼育部 魚類チーム 笠川宏子(かさがわひろ
こ)さんに、

クラゲの中でも「春を告げると言われる・カミクラゲ」について伺いました。

Photo_2


名前の由来は、髪の毛のような触手です。

傘のふちには光を感じる紅色の眼点が500個以上あります。

傘は円筒状で、高さは、10cmくらいになり、

江の島付近では冬から春にかけて見られます。

毒性はあります。

1edit

展示しているのは、江の島付近で採取した個体です。

Photo_3


寿命は2ヶ月くらいだそうですよ。

えのすいでは、クラゲサイエンスのコーナーで見ることができます。

是非!春を告げるカミクラゲをみて、春を感じてくださいね。

ご来場お待ちしています。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年3月23日 (木)

藤沢メダカと春の湘南〜江の島(3月23日放送)

Edit1

皆さん〜お元気ですか?

高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生の皆さん〜

まだまだ実施中ですよ〜!

《えのすい学割キャンペーン》


学生証、生徒証、生徒手帳をチケット売り場窓口で、


ご提示いただけると、当日なんと1050円でご入場できますよ。

2017

さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 岩崎 猛朗(いわさき 
たけろう)さんに

【春の季節に相応しい水槽企画展・藤沢メダカと春の湘南〜江の島】について伺いま
した。

Photo_3


新江ノ島水族館では、この季節に相応しい生き物として、

かつてはどの田んぼや、小川でも普通に見ることのできた【メダカ】と、

日本人の心を尊重する「桜」をモチーフに、この季節の心を彩る水槽企画展ですよ。

201703_kikakuten_430


★「藤沢メダカ」は、かつて、藤沢市内を流れる境川水系にすんでいたメダカの遺伝
子を受け継ぐメダカの子孫です。

Photo_4


一時は絶滅したと考えられていましたが、1995年に個人をお宅の庭の池で生き
残っていました。

その他、多くの市民で構成される《藤沢メダカの学校をつくる会》の手に寄り、飼
育、繁殖が行われています。

▲新江ノ島水族館 では、「特別解説パネル展」解説中です。

Event0129300000002

3月15年水曜日から4月15日土曜日まで開催中!

場所は、なぎさの体験学習館2階です。

淡水水槽で、常設展示中藤沢メダカの生態や企画展に

協力いただく「藤沢メダカをつくる会」の取り組みなどを

分かりやすいくパネル展示で紹介します。

見に来てくださいね。

New



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年3月16日 (木)

シラスサイエンス OPEN ! (3月16日放送)

097mb

皆さん~お元気ですか?
 
学年末テストなどが終わり、ホッとしている高校生の皆さん~!
 
新江ノ島水族館では、3月31日まで《えのすい学割キャンペーン》実施中ですよ。
 
チケット売り場窓口で、生徒手帳、生徒証を見せると、
 
当日なんと1050円でご入場できますよ。
 
お待ちしていますよ~。
 
さて、今回は、新江ノ島水族館展示飼育部 魚類チーム 冨永 早希(とみなが さき)さんに
 
《えのすいの世界初、生きたシラスの展示》がリニューアルオープンしたことについて
 
伺いました。

Edit
 
名前が【シラスサイエンス】に!
 
水槽も増えました!
 
解説もあたらしくなりましたよ!

2125mb_2

1486kb


2014年4月、湘南・江の島の特産品でもある「シラス」の生体の常設展示を
 
世界で初めて行って以来、累代繁殖にも成功した【世界初!シラス展示への挑戦】。
 
とても身近な生き物ながらも、シラスの時期の生態については
 
分からないことが多い生き物です。
 
展示開始から約3時間、常設展示を行いながら、
 
飼育・研究して分かったことを詳しく解説!
 
シラス水槽も新たに増やし、今春拡大リニューアルしました。
 
「えのすい」でしか見ることのできない、生まれたばかりのシラスから、
 
食卓に上るシラスまでの成長過程を是非ご覧ください。
 
ご来場お待ちしています。

Edit_2
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年3月 9日 (木)

初展示のクラゲ(3月9日放送)

Photo_6

皆さん~お元気ですか?
 
大学生の皆さんは、春休み中ですね。
 
新江ノ島水族館にも、大学生の皆さんがご来場いただいていますね。
 
ありがとうございます。
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展時飼育部 魚類チーム 北田 貢(きただ みつぐ)さんに、
 
えのすいに、初展示となるクラゲが登場したそうなので!!伺いました。

Photo_7
 
【リクノリーザ・マラエンシス】と【クリサオラ・プロカミア】の2種類です。
 
名前が学名のカタカナ読みです。。。。まだ和名が無いそうです。
 
まだ図鑑に載っていません。
 
★【リクノリーザ・マラエンシス】

_


  展示場所は、クラゲファンタジーホール
  現在の大きさは、5センチメートルで、大きくなると20~30センチメートルくらいになるそうです。
  東南アジアからは、さまざまなクラゲが鑑賞用として日本に来ます。
  「ホワイトパブラージェリー」という名で、マレーシアから輸入された、根口クラゲの仲間です。
  「パブラージェリー」という名は他にも、「ブラウンドットジェリー」や「アカホシイトヒキクラゲ」にも充てられる
  流通名で、一見するとどれも同じような白いクラゲに見えますが、傘の内部に赤褐色の点が見えることや。傘や口腕
  (傘の下にあるフリル状の部分)のつくりなどで、見分けることができます。
 
★【クリサオラ・プロカミア】

__2


  南太平洋、南大西洋、南米沿岸などで見ることのできるクラゲです。
  赤茶色の放射模様のある傘から、フリル状の口腕がのびています。
  時には大量に出現するときもあるそうです。
  新江ノ島水族館では、北里大学海洋生命科学部 三宅研究室より生体およびポリプの分譲を受けて、
  飼育を開始しました。
 この学名にあるクリサオラは、日本語でヤナギクラゲ属をさし、クラゲファンタジーホールで見ることのできる
 アカクラゲやパシフィックシーネットルなどと同じ仲間です。
 これらと同じ飼育方法でシラスなどを餌として飼育を試みているそうですよ。
 現在の大きさは10センチメートルくらいです。
  展示場所は、クラゲサイエンス

Simg_jellyscience01
 
この珍しい初展示のクラゲを、是非!見に来てくださいね。
 

Photo_8

2017


新江ノ島水族館では、【えのすい学割キャンペーン】実施中ですよ。
対象は、高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生です。
チケット売り場で、学生証、生徒証、生徒手帳を、
ご提示いただくと当日!なんと1050円でご入場できます。
3月31日までです。
お早めにご来場お待ちしています。
 
えのすいECO親善大使 DJ・HAGGY

2017年3月 2日 (木)

相模湾の新着生物 (3月2日放送)

Photo_5

皆さん〜お元気ですか?
 
高校の卒業式シーズンですね。
 
卒業式が終わり、新しくスタートする前に《新江ノ島水族館》に来てくださいね。
 
生き物たちを見ながら、のんびりしてください。
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 唐亀正直(からかめ まさなお)さんに
 
【相模湾の新着生物】について伺いました。

Photo_7

【チャイロマルハタ】

 相模湾初記録!大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間。
 展示場所 相模湾ゾーンのキッズ水槽。
2016年10月に新江ノ島水族館職員が、水族館近くの境川河口で釣り上げた個体です。
現在体調25センチほどです。相模湾初記録となる南からの貴重な珍客をご覧くださいね。
 

Photo_8

【アカイサキ】

Photo_10

イサキと名のつくハナダイの仲間、えのすい初展示です。
地味なイメージのイサキと異なり、色鮮やかな種が多いハナダイの仲間です。

太平洋沿岸やオーストラリア東西岸、ハワイ諸島、チリなどの熱帯、亜熱帯に分布し、
水深40〜300メートルの深場に生息。
雄雌で体色が異なり、展示個体の雌では、オスに比べ赤色が濃く、背びれから背にかけて
薄茶色の斑紋があるのが特徴。
今回は、釣り船【天恵丸(てんけいまる)】さんのご協力により良い個体を入手することができました。 展示場所 深海1

是非、見に来てくださいね。

Photo_9

 
★テーマ水槽では、3月14日火曜日「ホワイトデー」まで
 【Happy Valentine’s Day&White Day】開催中ですよ。

Photo_11
 
ご来場お待ちしています。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年2月23日 (木)

北海道から来たフウセンウオ (2月23日放送)

Photo

皆さん〜お元気ですか?


今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 小谷野有加(こやのゆ
か)さんに「えのすいに北海道からとても愛らしい魚が仲間入りしたとのことで、
伺いました。

Photo_2


★「スウセンウオ」相模湾に生息する「ダンゴウオ」に良く似ています。

Photo_3

最大で全長13センチメートルほどと、ずっと大きくなります。

ボールのような真ん丸な体に、長い背びれが特徴です。

Photo_4

「太平洋ゾーン」の「オオオカミウオ」水槽に展示しています。

北海道よりやってきました!!

Photo_5

Photo_6
一緒に展示している「ナメダンゴ」に良く似ていますが、

頭部にこぶが少ないことや、髭が無いことで見分けられます。

Photo_7
おっとりしていますが、餌を追いかけるときは素早い行動になります。

「ダンゴウオ」は、相模湾キッズ水槽にいますよ。

「冬のアイドル」の「ダンゴウオ」も見てくださいね。

Img_9030

本当に可愛く、思わず笑顔になりますよ!!!



さて、中学生、高校生の皆さんは、学年末テストがもうすぐやってきますね。

中学2年生、高校2年生に皆さんは、将来の進路に大切なテストですよね。。。。

でも、気分転換に2月28日火曜日まで開催している

「第6回えのすい主催 水槽コンテスト作品展」も みてください。

同じ中学生、高校生が頑張って作った水槽みて、元気を出して


テスト勉強頑張ってくださいね。

Img_9055

ご来場お待ちしています。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY