HAND IN HAND

2016年2月11日 (木)

HAND IN HAND 「走れ東北! 移動図書館プロジェクト」

2月11日。
今日で、あの東日本大震災から4年と11か月。まもなく5年を迎えます。


東日本大震災の被災地、岩手、宮城、福島で人々へ本を届ける活動をしている 
シャンティ国際ボランティア会 
「走れ東北! 移動図書館プロジェクト」


岩手、山元事務所長の古賀東彦さん
と電話を繋いでお話を伺いました。


古賀さんは、あの東日本大震災が起こった3日後、2011年3月14日の月曜日。
イーネの「エシコン」のコーナーに生出演していただきました。
2011年の6月半ばに岩手県遠野市に住まいを移したそうで、
シャンティは被災地支援のひとつの柱として、移動図書館活動を行っています。
この4年半、東北のスタッフとともに地道に仮設団地を移動図書館車で回り、
東北で過ごす冬もこれで5回目。

もともと、「いわてを走る移動図書館プロジェクト」という名前で岩手県内でスタート。
2011年7月17日に陸前高田市の仮設団地を移動図書館車・・・といっても
当時は軽トラに本棚を積んだだけのものでしたが、仮設団地におじゃましたのが最初。
以後、大船渡市、大槌町、山田町でも活動を行い、陸前高田市では図書室運営、
大槌町では図書室運営、集会所に図書を置く文庫活動なども行いました。

その後、活動地が広がり、宮城県では、2012年9月26日から山元町で、
福島県では、2012年10月20日、南相馬市で移動図書館活動をそれぞれ開始し、
今も継続しています。


図書館車のまわりで、お茶を飲んだりおしゃべりをしたりする場づくりも大切にしてきた
スタッフのみなさん。ご利用者の皆さんからは、地元出身のスタッフを中心に、
いろいろなお話をお聞かせいただくのですが、それはもう話題はさまざま。
ただ、発災から5年近くたち、仮設団地から災害公営住宅であったり、
防災集団移転であったり形はいろいろですが、新しい生活に移られる方が増えてこられ、
前に進む喜びもあれば、一方で先に待っている不安などもあり、それらをそばにいて
感じるということがあるそうです。時間があって活字を読む期間はすぎ、生活が
忙しくなってきたことからちょっとした時間に大人も読める漫画みたいのが人気だそうですよ。


岩手、宮城、福島3県でそれぞれ地元のスタッフががんばってくれているなか、
古賀さんご自身は、その中で、宮城県南東部の山元町と福島県の南相馬市での
移動図書館活動にはほぼ毎回参加しています。


利用してくださる方たちと接し、お話を聞かせていただくのが、活動の柱と
考えていますので、自分も参加することを大切にしています。
今年は、南相馬市に出されている避難指示の一部が解除される予定です。
いまそこから避難している方たちと移動図書館でお会いすることも多いわけですが、
故郷にお戻りになる方たちが少しでも健やかに暮らせるように、微力ながらお手伝いを
したいという活動も今年から始めています。


岩手事務所は、3つの市や町で、昨年末までに、図書活動を図書館であったり、
お話サークルであったり地元の方たちに引き継ぎ、いまは移行期間のようなところでも
あります。仮設団地からの引っ越しが始まっているとはいえ、まだまだ復興は先のこと、
いきなり終わらせるということはできませんでした。
また、陸前高田市では、移動図書の活動は縮小するものの、図書室の運営は続けています。
こちらは、年内は続ける予定です。宮城、福島でも、仮設団地の様子を見ながら、
利用してくださる方がおひとりでもいらっしゃるうちは続けていきたい、


と、お話してくださいました。




シャンティ国際ボランティア会 走れ!東北 移動図書館プロジェクト
http://sva.or.jp/tohoku/



本を売って被災地の移動図書館を応援しよう (BOOK OFF ONLINE)
http://www.bookoffonline.co.jp/files/guide/vehicular_library_eq2011.html#support


シャンティ国際ボランティア会
http://sva.or.jp/



2015年10月29日 (木)

ラジオフレンズ~つながるラジオ~「笑顔プロジェクト~つながろう東日本~」

プロのカメラマン・ヘアメイク、モデル・タレント・スポーツ選手などの皆さんが中心となって、
東日本大震災の被災地に笑顔を届ける活動をされている
NPO法人「笑顔プロジェクト~つながろう東日本~」から
ソーシャルカメラマンの 大森文暁さん をお迎えしました!

Fullsizerender

2011年3月11日の東日本大震災後、
被災地に笑顔を届ける活動として、プロのカメラマンやヘアメイクの方が
東北沿岸部の避難所や仮設団地などを中心に、延べ200か所以上で
「笑顔」の写真を撮影されてきました。

3_2

こちらのお写真は、大森さんの同級生。
本来であれば、ここは八幡神社のあった場所…
震災の翌日、3月12日に結婚式の予定だったそうです。
それから数年後の2013年に大森さんが撮られたお写真です。



震災当時は、思い出がなくなった方々へ写真をプレゼントする活動でしたが、
現在は、地元のNPOや自治体と連携して、心のケアやコミュニティづくりのサポートも
行っています。
そして、北は岩手県の野田村、南は福島県のいわき市まで範囲を広げて
1か所に重点を置くのではなく、広い範囲で活動され、支援が少ない場所や
「来てほしい」と依頼を受けた地域を重点的に回り、今月も、10日、11日に
気仙沼、陸前高田で、たくさんの笑顔を撮影されています。

また、そこで写真に収められた「笑顔の力」を被災地だけでなく、
全国各地で写真展としても広める活動を行っています!



大森さんは、今日ご紹介している「笑顔プロジェクト」をきっかけに
復興庁のこの夏のボランティア促進キャンペーン「東北ボランティアに行こう」の
ポスターや陸前高田市のプロモーションビデオなども手掛けられています。



ぜひ、大森さんが撮影された東北の皆さんの笑顔をチェックして欲しいと思います!



NPO法人笑顔プロジェクト~つながろう東日本~
https://www.facebook.com/egaoproject2011

大森文暁 from 東北
https://www.facebook.com/fumiaki.omori.photographs?pnref=story





ラジオフレンズ~つながるラジオ~「おだがいさまFM」

福島県 郡山市にある
「富岡町臨時災害FM おだがいさまFM 」



「おだがいさまFM」のスタッフでもあり、パーソナリティでもあります、
富岡町社会福祉協議会の吉田恵子さん に電話でお話を伺いました。



おだがいさまFMとは、
76.9MHz 出力10w
2011年の5月27日、郡山市内の避難所であった「ビッグパレットふくしま」でミニFMを開局。
8月末の避難所閉鎖まで放送。その後、2012年2月15日に同じく郡山市内富田町に
開設された富岡町生活復興支援センターにて「おだがいさまFM」を開局。
センターの中にスタジオがあり、郡山市内とインターネット(サイマルラジオ)で放送しています。


東日本大震災、福島第一原発事故から1年目の2012年3月11日に
臨時災害放送局として開局。
臨時災害放送局は、被災した土地に作ることが必須条件。富岡町は被災地ですが、
立ち入り禁止となっていて、全町民が避難しているため、そこからの放送はできない。
では、避難先である郡山市で開局したい、と立ち上がったが、全町避難での前例がないため、
大変でした。また、避難所であるおだがいさまセンターができあがるまで申請を
待たなければなりませんでした。センターが2月15日に開所。申請許可待ちの状態でも
絶対に3月11日に開設します!と宣言し、その宣言通り、開局となりました。




現在は日替わりパーソナリティで、
平日月曜日~金曜日は、朝・昼・夜に生放送(収録の場合もあります)
土曜日は、お昼のみ生放送
毎月1回、特番の放送もしています。



現在、郡山市から神奈川県に避難している人数は、およそ400名。
2013年から始まった福島県の復興支援プログラム
「江の島フラ・パラダイス」も今年で3年目。今年も4月に
江の島サムエル・コッキング苑で開催されました。富岡町のご家族を招いての開催。
富岡町の平均年齢76歳のフラチーム「ワロハ」は、富岡町復興応援ソング
「桜舞う町で」のフラを1年かけて練習した成果をステージで披露!
このような場所でも、神奈川と富岡町はつながっています。



富岡町臨時災害FM おだがいさまFM」は、
インターネットを通じてサイマル放送http://simulradio.info/を聞くことができます。


おだがいさまFM
http://www.odagaisama.info/?page_id=26


おだがいさまFM Twitter
https://twitter.com/odagaisamafm




ラジオフレンズ~つながるラジオ~

12時から13時30分は
【ラジオフレンズ~つながるラジオ~】をお送りします。


首都圏のラジオ局が放送局の垣根を越えて、
東日本大震災の被災地、そして被災地のコミュニティFM局、
臨時災害放送局を応援していこうとリレー放送している特別番組です。

Img_9768_2

東日本大震災発生から4年と半年が過ぎた今日、
「FMヨコハマ」から「E-ne!~good for you」のMITSUMIと、
「J-WAVE」の番組「JK RADIO~TOKYO UNITED」内での
「WORDS FROM THE FIELD」を担当しているGAKU-MCさんの2人でお送りします。


東日本大震災後から1年後、避難先である
郡山市の富岡町生活復興支援センターで開局した
「おだがいさまFM」の吉田恵子さんや、
東日本大震災の被災地に笑顔を届ける活動をされているNPO法人
「笑顔プロジェクト~つながろう東日本~」ソーシャルカメラマン大森文暁さんに
東北の現状や、今それぞれがどのような活動をしているのか、お話をお伺いします。



ラジオの前のみなさんも、「今私たちにできる事」
そして東北での思い出など、ぜひメッセージを届けてください!

メールはene@fmyokohama.co.jp
FAXは 045-224-1019   まで!



2015年3月11日 (水)

皆の「わたしコミット」

東日本大震災発生から4年。

今日は、災害時に、わたし、家族、地域を守るために、
“今、わたしがやるべきこと・できること” をリスナーの皆さんに募集しました。
沢山の「わたしコミット」が届きました!本当にありがとうございました。


番組スタッフなど、皆の「わたしコミット」
それぞれの想いが、いざというときに役立つように。

Img_8388

Img_0130_2

Img_8387

Img_6113

Img_6110

Img_8384

Img_8365

Img_8363

Img_8381

Img_8379_2

Img_8374

Img_8385

Img_8383

Img_8386

Img_8389

Img_8390

Img_8391

Img_8392

ラジオフレンズ~つながるラジオ~臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエム

福島県 南相馬市にある
「臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエム」

チーフ今野 聡さんとの電話インタビューをお届けしました。


東日本大震災発生からおよそ一か月後の、
2011年4月16日から、午前9時、午後1時、午後5時からのおよそ60分間。
生活情報、安否情報、医療情報、交通情報などを中心に放送を始め、
現在も、街の人たちの声を届け続けています。

今野さんは、今後もより多くの街の様子や現状を、
市民たちが伝えていくことが大切だということ、
そして、よりたくさんの人の声を届けることが、
これからの自分たちの使命だとお話頂きました。

そして、私達のいる関東や神奈川県の私たちが今できることとは、
「押し付けのような一方的な支援ではなく、
一度、どんな支援をするのが良いのか、自分の心で考えて欲しい。
そして一度、現地に足を運んで感じて欲しい。」というメッセージを頂きました。


臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエムは
インターネット回線を利用した、
サイマルラジオhttp://simulradio.info/で、全国でお聴き頂けます。

一度、皆さんも南相馬の様子をラジオで聞き、感じてみて下さい!



臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエム
http://hibarifm.wix.com/870mhz

twitter https://twitter.com/#!/msfm795

※市内では87.0MHzで、インターネット回線を利用した
サイマルラジオhttp://simulradio.info/で全国でお聴き頂けます

ラジオフレンズ~つながるラジオ~「国際地域女性アカデミー」

「国際地域女性アカデミーin Tohoku」の
国内実行委員会委員長
であり、

特定非営利活動法人ウィメンズアイ代表理事の石本めぐみさん
とのインタビューをお届けしました。

国際地域女性アカデミーとは、世界各国の地域で活躍する女性リーダーと、
東北で活動している女性の“情報共有の場”になっていること。
実際に沿岸部などの被災地を見てもらう、感じてもらうことが大切だということ。
実際に被災した経験を持つ、そして、私たちの身近にいるような女性たちばかりが、
身近なことから活動をしているという事が分かりました。


明日、3月12日(木)に開催される国際地域女性アカデミー「オープンフォーラム」。
ここでは、アカデミーでの成果を報告し、最後は、会場に集まった全員で「わたしコミット」
=私・家族・地域を守るために私がすること・できること を宣言します。

アカデミーとオープンフォーラムを通し、東日本大震災の教訓と世界の防災活動がつながり、
一人でも多くの方が東北沿岸の本格的な復興のエンジンとなることを目指します。

Img_0105

皆さんも下記サイトから活動内容を確認してみて下さい!



わたしコミット
https://www.facebook.com/watashicomitto

国際地域女性アカデミー in Tohoku
http://watohoku.com/

フェイスブック
https://www.facebook.com/womensadacemyintohoku

ラジオフレンズ~つながるラジオ~

14時からは
【ラジオフレンズ~つながるラジオ~】をお送りします。

首都圏のラジオ局が放送局の垣根を越えて、
東日本大震災の被災地、そして被災地のコミュニティFM局、
臨時災害放送局を応援していこうとリレー放送している特別番組です。

東日本大震災発生から4年が経った今日、
「FMヨコハマ」から「E-ne!~good for you」のMITSUMIと、
「J-WAVE」の番組「HELLO WORLD」のDJ TAROさんの2人でお送りします。


東日本大震災後、南相馬市が開局し、市役所の中に放送局がある、
『南相馬ひばりエフエム局』のチーフ今野 聡さんや、
『国際地域女性アカデミー』実行委員会委員長の石本めぐみさんのお二人に、
東北の現状や、今それぞれがどのような活動をしているのか、お話をお伺いします。


私コミット募集します!

東日本大震災発生から4年。

今日は、災害時に、わたし、家族、地域を守るために、
“今、わたしがやるべきこと・できること” をリスナーの皆さんにも募集します!

「わたしコミット」

Img_0130

ミツミさんの私コミットは 『 伝える、繋ぐ、活かす 』


ぜひ、番組宛に
「災害の時に、家族・地域・自分を守るために、
 今、わたしがやるべきこと、できること。」を送ってください。

災害が起きた時、家族の携帯番号をちゃんと覚えておく。
いざとなったら集合できる場所を決めておく。
今のうちから、すぐ持ち出せる防災バッグを作っておく。

など!

E-mail : ene@fmyokohama.co.jp
FAX : 045-224-1019


横浜から東北へ「わたしコミット」をお届けしたいと思います!!


※ミツミさんが持っている「わたしコミット」の用紙は、
 国際地域女性アカデミー下記サイトでダウンロードが出来ます。

国際地域女性アカデミー in Tohoku
http://watohoku.com/openforum



2013年7月11日 (木)

エシコン番外編第2弾!!「三陸沖に瀬谷丸を」!!

エシコン番外編第2弾!!
テーマは… 「三陸沖に瀬谷丸を」!!

この時間は、 「三陸沖に瀬谷丸を」実行委員会
会長の露木晴雄さんにお話しを伺いました。
__jpg3_3
震災以降、瀬谷区のみなさんと岩手県大槌町との交流から生まれた、
被災地の方々が本当に望んでいる事への支援。
船を失ってしまった方々のために、漁船『瀬谷丸』を送りたいというプロジェクト。
その『瀬谷丸』が無事、先月、送られました!

今日は新大槌漁業協働組合課長代理小國敬さん
とお電話をつなぎました。

今は9月に向けて、漁に出る準備の真っ最中とのこと!
イカ、サケ、マグロなど…これからどんな魚があがるのか楽しみです。

10月27日には瀬谷丸で漁をした魚が初めて届けられるイベントが開かれます!
その魚はイベントの参加者のみなさんにもふるまわれるそうですよ。
時期が迫ってきたら、瀬谷区のHPにも情報がアップされるとのことですので、
チェックしてくださいね。

イーネも、そして横浜、神奈川も!瀬谷丸の大漁を願っています!


「三陸沖に瀬谷丸を」実行委員会オフィシャルfacebookページ
https://www.facebook.com/seyamaru

横浜市 瀬谷区HP

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/