ガーデンネックレス横浜

2017年5月30日 (火)

ガーデンネックレス横浜 最終回

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。

最終回となる今日、注目するのは…
里山ガーデンの中にあるアウトドアパーク
「フォレストアドベンチャー・よこはま」!!

Dscf9608

よこはま動物園ズーラシアのすぐお隣にあって
緑豊かな横浜を堪能できるエリア「里山ガーデン」

Dscf9543

Dscf9793

Dscf9837

Dscf9820

一日中楽しむことができるほど見所も様々です!

今日はその中から、
フォレストアドベンチャー・よこはま 久保亮介さんにお話を伺いました。

Img_3647

第33回全国都市緑化よこはまフェアの里山ガーデン会場に
フォレストアドベンチャーが6月4日までの期間限定でオープンしています。


「フォレストアドベンチャー」はフランス発の“自然共生型アウトドアパーク”
施設の最大の特徴は、森を森のまま利用できること。一般的なレジャー施設を
つくろうとすると、大規模な開発が必要になるが、
フォレストアドベンチャーは環境への負荷を最低限に抑えることができます。

里山ガーデンには、樹の上のコース「里山ガーデンコース」
小さなお子様が無料遊具で楽しめる「どんぐり広場」があります。

フォレストアドベンチャーには、難易度によって
「アドベンチャーコース」「ディスカバリーコース」「キャノピーコース」
という3種類がありますが、里山ガーデンに設置されているコースは、
「キャノピーコース」。フォレストアドベンチャーの中では最も難易度が
低いコースです。そのため、身長110cm以上あれば体験が可能です!
(※体重制限はあり。体重130kg以下。)料金は1,000円。



ミツミンも先月!体験してきました!!


まずは、安全器具であるハーネスを装着!
ミツミン、緊張しております…

Dscf9549

さて、練習コースに向かいます…

Dscf9553

練習を終えてコースに出てみたけれど…思ったより高いぞ!?

Dscf9580

そして、私は…鳥になる!

Dscf9607

クライミング!?ここ、高いんですよ!木の上ですよ!!

Dscf9641

Dscf9652



里山ガーデンコースは予約制で、土日は事前予約が埋まってしまっていますが
平日はまだ予約できる枠があるほか、土日も当日受付枠があります。


全国にフォレストアドベンチャーは20か所ほど、
首都圏近郊には、小田原や箱根などにあります。
小田原ではディスカバリーコース、箱根ではキャノピーコースと
最大難易度のアドベンチャーコースがあり、
里山ガーデンのフォレストアドベンチャー・よこはまを体験した後は
ぜひ!小田原や箱根にも足を運んでほしいと思います!



他にも里山ガーデンでは、体験できることがいっぱい!

Dscf9683


カフェではかわいいガーデンベアのカレーも食べられるのです!

Dscf9689



ミツミン、丸太切りにも挑戦!!

Dscf9706


焼印を押してもらって…

Dscf9744

こんなにかわいいコースターが完成~!!

Dscf9752







中には、不思議な空間も…!?
せ、先生!?!?

Dscf9764
いいえ、吊り下げられる「テント」です(笑)




自然の中で、いろんな体験ができる「里山ガーデン」!
フォレストアドベンチャーに挑戦しながら、いろいろ楽しんでみてくださいね。





bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年5月23日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「横浜赤レンガ倉庫」!


横浜みなとみらい21地区を代表する施設のひとつで、
現在は、国内外から様々な文化が集まる場所としてもおなじみ。
こちらも、みなとガーデンの会場のひとつとなっています。

横浜赤レンガ倉庫1号館には現在、いたる所に花や緑が飾られていて、
よこはまフェアの総合案内所や公式グッズショップのほか、見所も沢山!


よこはまフェアの公式テーマソング「キミマツ」を作った
GReeeeNの特別展「GReeeeN Garden」

20170514_161351

「キミマツ」のフルバージョンのミュージックビデオのほか、
ここでしか見る事ができない貴重な映像やメッセージ、グッズ展示など、
GReeeeNのファンなら必見のエリアとなっています!


続いて、フォトスペースとしてもおすすめ「ガーデンベアギャラリー」
シンボルキャラクター“ガーデンベア”の生みの親でもある
アニメーション作家の伊藤有壱さんがプロデュースしたギャラリー。

20170514_161236

主な展示のほか、ガーデンベアとおそろいのフラワーアフロをかぶって
記念撮影ができます!皆さんもガーデンベアになりきって、
ポーズをとってみてはいかがでしょうか!


そして、横浜を代表する写真家、森日出夫さんの写真展
「Green × Flowers in Yokohama」もこちらで開催。
横浜の花や緑にまつわる作品や、よこはまフェアの会場写真などを展示しています。

Img_5163

さらに、横浜赤レンガ倉庫では、今度の土曜日、5月27日から
新企画「Special Lily for You」を開催!

幻とされる花「マドンナリリー」などのユリの花が、
部屋いっぱいに咲き誇ります。

香水の原料にも使われるほど、ほのかで香りのよい純白の花です。
花言葉は「汚れない心」。ぜひ、ピュアな気持ちで、その花を見て、
香って楽しんでください。


キッズにもオススメのコーナーとして「無料のワークショップ」もあります!
ガーデンベアのぬり絵、メッセージカード、缶バッジづくりを毎日開催。
随時受付となっているので、よこはまフェアのお土産に、いかがでしょうか!


bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年5月16日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「港の見える丘公園」!

みなとみらい線「元町・中華街駅」から歩いて5分ほど。
先週散歩した山下公園からポーリン橋を渡り、横浜人形の家を経て
さらにフランス橋を渡るとたどり着くのが、港の見える丘公園です。

その名前の通り、横浜港を見下ろす高台にあるこの公園は
山下公園とはまた違った魅力を持っているみなとガーデンの会場のひとつ。

四季を通していろいろなバラや草花が咲き競うこのエリア。
その中でも最も注目したいのが「香りの庭」

Photo_2

およそ100品種・500株の香りのバラを集めたガーデンで、
今まさに、見ごろを迎えています。

よこはまフェアの統括アドバイザー、白砂伸夫さんが絶賛する
バラで出来たアーチ「ローズアーチ」があるのもこちら。

Photo_3

バラのフレグランスシャワーが上から降り注ぎ、香りに包まれます。

また、香りの庭にある「香りのベンチ」にはハーブが敷き詰められていて、
座るとハーブの香りに包まれます!

Photo_4



続いて、香りの庭のすぐお隣にあるのが「イングリッシュローズの庭」

Photo_5

およそ150品種・1200株のイングリッシュローズを中心とした
ガーデンでこちらも今、見ごろを迎えて、
バラと草花による色彩のハーモニーあふれる庭園となっています。

Photo_6



そして…ビュースポットとしておすすめしたいのが
「ハンギングバスケットの丘」

Photo_8

吊るしたり壁にかけたりするタイプの鉢植えを使って、高い位置で花を楽しむ
“ハンギングバスケット”が、全部で100基以上並ぶガーデンです。
横浜港を一望できる展望広場にあるので、港とお花を背景に記念撮影ができます!

Photo_7





最後に、園芸王子ファンならぜひチェックして頂きたいのが、
“趣味の園芸50th記念ガーデン「遊ガーデン」”
広報親善大使の三上真史さんがナビゲーターを務める
NHK Eテレの番組「趣味の園芸」が放送50周年を記念して設置したガーデン。
「家族が遊べる庭」をコンセプトに作りあげています。



港の見える丘公園にも、楽しめるスポットが盛りだくさん!
ぜひ、足を運んでみてくださいね・


bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年5月 9日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「山下公園」!

「赤い靴はいてた女の子」の像や「日本郵船氷川丸」などでおなじみ。
昭和5年に開園した、横浜を代表する観光スポットで
こちらも、みなとガーデンの会場のひとつ。

山下公園は、横浜の市の花「バラ」の名所としても有名ということで
この時期のメインとなるガーデンは「未来のバラ園」

58

これまで植えられてきたバラの品種に、新たなバラや様々な種類の草花を加えて
「未来のバラ園」としてリニューアルしました。
およそ190品種、2600種のバラの競演が楽しめます。



バラ園には、連続するアーチやオベリスクによる立体的な演出がほどこされていて
夜はライトアップによって、ローズゲートは光のトンネルに、
草花は光のじゅうたんに変わって、その場にいるだけで
感動的なひとときを味わうことができます。

また、ガーデン内には、赤、青、黄色、桃色、
それぞれの色をテーマにした庭「カラーガーデン」もあります。

その様子は、フラワーアンバサダーとして活躍されている女優の波瑠さんが
よこはまフェアの公式HPにある動画で紹介しています。



続いて「未来のバラ園」と合わせて写真に収めたいのが、
「ガーデンベア 立体花壇」

Dsc_6459

山下公園の海側、氷川丸の近くによこはまフェアのシンボルキャラクター、
ガーデンベアの大きな立体花壇があります。
ガーデンベアの頭には、本物のお花も使って、アフロを再現しています。
氷川丸を背景に記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。


そして、山下公園の園内を、港の見える丘公園 方面へ歩いていくと
丘の上にあるのが「世界の広場」
こちらでフェア期間中に楽しめるのが「天空のパティオ」

58_2

スペインをイメージした空間が広がっていて、
広場の壁面は、バラとハンギングバスケットが覆っています。

山下公園の中でも一番のビューポイントです。
横浜の海やみなとみらいを眺めながら、お花を楽しんでください!


bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年5月 2日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「新港中央広場」と「運河パーク」!


まずは「新港中央広場」から。
みなとみらい21新港地区の真ん中。横浜ワールドポーターズと
横浜赤レンガ倉庫の間あたりに広がるのが、こちらの広場です。
緑の芝生や四季折々の花々が、訪れる人の心を癒してくれるエリアで、
よこはまフェアでは、みなとガーデンの会場のひとつとなっています。

Photo

注目したいのは「ジャクリーンガーデン」
世界的に有名なガーデンデザイナーである
ジャクリーン・ファン・デル・クルートさんが、
デザインと植栽監修をされたガーデンです。
こちらでは、赤を基調とした多彩な球根のコンビネーションが見られます。

チューリップが見られるのは、ゴールデンウィーク期間中くらいまで。
他には、ピンクのアネモネ、ピンクのワスレナグサ、ラベンダーなどが咲いていて、
この後も長く楽しんでいただけます。

2

新港中央広場では他にもナチュラルガーデンをテーマにした
11の企業・団体が制作したガーデンが楽しめます。横浜赤レンガ倉庫を背景に、
お花やガーデンベアと写真を撮ってみてはいかがでしょうか!





続いて「運河パーク」
「新港中央広場」のすぐ近く、ナビオス横浜と汽車道の間に広がるエリア。

Photo_2

注目したいのは花時計花壇!
元々この場所にあった日時計に、地元の市民団体や私立の高校生の皆さんが
花を植栽し、美しく彩りました。日時計の周りには、汽車道側に
黄色、オレンジのガザニアが、その反対側には水色のネモフィラ、
ピンクのチューリップが咲いています。

そんな花時計花壇を囲むようにして配置されているのが、
アーバンライフガーデンをテーマに、
様々な企業や団体が制作した9つのガーデン。

運河パークではその他にも、横浜市立大学と連携して様々な種類の麦を
展示しているみんなでつくる麦畑というエリアもあります。

ゴールデンウィーク、ぜひ、足を運んでみてくださいね。



bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年4月25日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「象のパーク」!

大さん橋ふ頭の入口付近から、赤レンガパークに向かって広がるエリアで、
週末にはイベント等もよく行われています。
よこはまフェアでは、みなとガーデンの会場のひとつ。

先週ご紹介した日本大通りから海側へ出て、まずは開港波止場のエリアへ。
真正面にお目見えするのが、よこはまフェアのシンボルガーデン、
「ガーデンベアの庭」

Photo_4

よこはまフェアのシンボルキャラクター、ガーデンベアをモチーフとした
ガーデンで「意外ともてなし好き」な性格のガーデンベアが
色とりどりのお花でみなさんをお出迎えしています。

正面のゾーンのテーマは「ガーデンパーティにようこそ」
ガーデンベアがガーデンパーティを開いて、お出迎えしています。

正面右側にある一番高いオリーブの樹は、
ガーデンベアの頭に広がるガーデンアフロを作り出す樹として装飾。
夜は、幻想的に彩られるライトアップも!
Photo_5




向かって左側のゾーンのテーマは「移り変わる花風景」
花が咲く時期が異なる3本のさくらの木があり、妖精の宿る木をイメージ。
お庭巡りで忙しいガーデンベアの休憩スポットに見立てて、
さくらの木の間に枝を渡して、飾りつけをしてあります。


フェアのメインフラーの移り変わりもこのゾーンで表現。
さくら→チューリップ→バラ(ユリ)へと、花の景色が移り変わります。



正面からみて裏側(海側)のゾーンは「ベアの小さな港町」がテーマ。
たくさんの人に寄ってもらうため、お庭にちいさな港が作ってあります。
遠くからでも迷わないように、小さな灯台・ちいさな船、水辺をイメージした
草花を植栽しています。


続いて、赤レンガパーク側へ向かって歩き始めると現れるのが「もてなしの庭」
30㎡の区画に企業・団体が「もてなしの庭」をテーマに制作した
20の庭園が展示されています。和の雰囲気の庭園や、お花がいっぱいの庭園など、
それぞれ特徴があるので自分のお気に入りの庭園を見つけてみてください。


さらに進んで、象の鼻テラス周辺の芝生のエリアへ。
こちらで楽しむことができるのが、
「ワイルドフラワー&トピアリー」「たねダンゴ花壇」

Photo_6

「ワイルドフラワー&トピアリー」は、ペンギンや象など、
動物のトピアリー(木を使った緑の造形物)を乗せたトロッコが花畑を走る
イメージのフォトスポットです。
トピアリーの前には、黄色や青色のワイルドフラワーが彩りを添えています。

Photo_7

「たねダンゴ花壇」は、地元の小学生の皆さんが一緒になって作った花壇。
カスミソウやネモフィラなど、7種類の花の種を土と一緒に練りこんだ
「たねダンゴ」を植え付けました。これからも成長を見守っていきましょう!


bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年4月18日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「日本大通り」!

Img_3921

横浜公園と象の鼻地区をまっすぐつなぐ、歴史のある通りで、
神奈川県庁をはじめ横浜の重要施設が立ち並ぶエリアです。
こちらも、よこはまフェアでは、みなとガーデンの会場のひとつ。


フェアの期間中は日本大通りの横浜公園側で
「日本大通り フラワーフェスタ」を開催!
フェア開幕から現在まで、「春の饗宴」として
チューリップを中心に日本大通りを彩ってきました。


そんな日本大通りですが、今週から来週にかけて、
植え替え作業が行われています。
植え替え後は、「バラの競演」と題して、
1,000本のバラと、230のバラのオベリスクが日本大通りを彩ります!


今週は、日本大通りの県庁側の植え替え、
来週は道路を挟んで反対側の植え替えが行われるので、
タイミングが合えば、「春の饗宴」のチューリップと、
「バラの競演」のバラが同時に見られるかもしれません。

そのほか、フェア期間中は、
ピンク、レッド、ホワイト、グリーン、ブルー、イエローの
6つのカラーをテーマにした「カラーガーデン」や、
夜にはライトアップも楽しめ、昼とは違う印象の花々を眺めることができます!

Dsc_6528



日本大通りの象の鼻パーク側では、「日本花通り」と題して、
全国18の自治体から贈られた花壇が彩りを添えています。

     
テーマは、「コンテナからあふれだす各地の街並み・風景花壇」。
自治体ごとに特色がある花壇が、日本大通りを飾ります!

日本大通りに並ぶ歴史のある建物と、色とりどりの花。
このフェア期間中だからこそ体感できる美の共演をお楽しみください!



bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年4月11日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「横浜公園」!


JR京浜東北・根岸線「関内駅」から歩いて3分ほど。
横浜スタジアムのすぐお隣にある横浜公園は、
よこはまフェアでは、みなとガーデンエリアの会場のひとつとなっています。

この時期の横浜公園といえば、チューリップ!
横浜市民の皆さんの手によって植えられた、
69品種、およそ16万球のチューリップが彩り鮮やかに咲き誇ります。

そんな横浜公園のチューリップガーデンの中でも、
今回特に見逃せないのが、新しいチューリップの品種ラバーズタウン!
この春は横浜だけで見られるという、大変貴重な品種です。

ちなみに、公園の横浜スタジアム側には「ラバーズタウンフォトスポット」
設置されています。よこはまフェアのシンボルキャラクター、ガーデンベアと
一緒に写真を撮ることができますよ!


そして、横浜スタジアムといえば、横浜DeNAベイスターズ!
フェアの期間中、スタジアム前にある噴水の周辺には、
大人から子供まで野球を身近に感じられるフォトスポット
「ベイスターズガーデン」が設置されています。

植物を使って選手を立体的に表現した、
まるで彫刻のような、緑豊かなトピアリーに注目です!

 

さらに、フェア期間中の横浜公園の魅力をもうひとつ。
園内にある日本庭園「彼我庭園」では、花や緑を活かした“和の空間”を演出。
かつて横浜市が、友好と平和のメッセージとして
海外各地に送ったピースランタン“雪見灯篭”や、
5月にはユリの花の展示が行われます。

日本庭園で、横浜と花の歴史を感じるひとときを味わうのも良いですよね。



ぜひ、足を運んでみてくださいね。


bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年4月 4日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜

現在開催中の「全国都市緑化よこはまフェア」。
「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットをご紹介していきます。


今回は、「グランモール公園」!

みなとみらい駅からすぐ、横浜美術館とMARK ISみなとみらいの間にあって、
新高島駅方面に向かって総延長およそ700メートル、まっすぐ広がる公園です。

そんなグランモール公園も、よこはまフェアではみなとガーデンエリアの
会場のひとつ。他の会場が主にお花で彩られているのに対して、
リーフなど、「緑」をメインにしているという特徴があります。


夜には毎日開催されているイベント「人と木々とクリスタル花火」!

デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されている
ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」による夜の演出です。

全長およそ210メートルにわたって公園沿いに並んでいる
ライトアップされた木々が、人が近づくと光の色を変えて、音を奏でて、
次々にまわりの木々へと光と音を伝播していくという、「呼応する木々」。
スマートフォンを使って、無数の光の点で構成された立体の花火を打ち上げる
高さ14mの「チームラボクリスタル花火」。この2つが連動して、
グランモール公園の「美術の広場」が光のアート空間に変わります。

「人と木々とクリスタル花火」は、
よこはまフェア最終日の6月4日・日曜日まで毎日、
夜6時30分から夜9時まで開催。
GReeeeNが制作したよこはまフェア公式テーマソング「キミマツ」による
特別演出も毎日3回、6時30分、7時45分、8時55分に行われます。



また今度の金曜日、よこはま花と緑のスプリングフェア2017を開催!
4月7日から、9日・日曜日までの三日間、
横浜スタジアムのすぐお隣、69品種16万本のチューリップが彩り鮮やかに
咲き誇る「横浜公園」で、午前10時から夕方5時まで開催されます。

4月8日・土曜日の午後1時からは、
よこはまフェア広報親善大使の三上真史さんが
「寄せ植えガーデニングトークショー」を行います。

よこはまフェア公式グッズショップの販売もありますので、
イベントについて詳しくは「よこはま花と緑のスプリングフェア2017」の
オフィシャルサイトをチェック!

よこはま花と緑のスプリングフェア2017
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/midori/details/-392017.php





bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2017年3月28日 (火)

ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜


「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットや、
緑化活動などを紹介していきます。


お話を伺うのは、全国都市緑化よこはまフェア
統括アドバイザー 白砂伸夫さんです。

20170313_17_48_04


今日は、3月27日にガイドツアーを実施した
「みなとガーデン、里山ガーデン両会場を
 よこはまフェア統括アドバイザーと歩くガイドツアー」
そして
4月18日(火)に開催されるシンポジウムで
広報親善大使の三上さんと一緒に第1部でトークショー
テーマは「よこはまフェアの楽しみ方~花や緑がある暮らしを楽しもう~」
について、お話を伺いました。


ガイドツアーは、5月9日に第2回を開催、現在参加者募集中。
シンポジウムの申込みは3月31日までです。

詳しくは、よこはまフェアのホームページをチェック!



bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/