Editor's Choice

2018年6月25日 (月)

Editor's Choice 雑誌『クロワッサン』編集部に聞く!夏野菜×酸味レシピ!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、
雑誌『クロワッサン』に注目!
編集部の港こころさん にお話を伺いました!

2018491020682078312

現在発売中の
「夏野菜×酸味で、からだを整える。」

酸味の力を旬の野菜料理に活かし、おいしく健康に夏を乗り切る。
日本古来の食の知恵、酢や梅干し、柑橘などの「酸味」の力を借りてみる。
栄養とパワーが満ちた旬の野菜が、おいしくたっぷり食べられる、
酸っぱいアクセント。レシピや、無駄のない活用法を多数紹介しています。


なぜ、夏のからだに酸っぱさが良いのかというと…

①酸味は唾液や胃酸の分泌を促し、食欲を増進させる。
②一言で「酸味」と言っても、そのもとになる成分は様々。
 酢酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸などが、酸味の代表成分。
 それぞれ、夏の身体に効果をもたらす。

酢酸:お酢の主成分。摂取すると体内でクエン酸に変化し、糖質をスムーズに
   エネルギーに変える働きがあるので、疲労回復に効果があると言われる。
クエン酸:柑橘類や梅干し、トマトなどに多く含まれる。
リンゴ酸:リンゴやブドウ、梨、バナナに含まれる。身体にたまった乳酸を
     分解する作用があるため、疲労回復によい。
乳酸: キムチ、ぬか漬けなどの漬物、ヨーグルトなどの乳酸発酵食品に含まれる。
    腸の調子を整える。

他にも高血圧予防や血糖値上昇を穏やかにする働き、脂肪減少効果など、
夏バテに限らず身体にうれしい効果が。


例えば!こんな料理が紹介されています…

・夏バテのときに飲みたいスープ。
 →のど越しがいい冷製スープと、エアコンで冷えた身体を温める温かいスープ

・家にいつもあるヨーグルト、ニンニク、塩で万能調味料を作り、それを使ったレシピ。
 →腸活にも夏バテにもいい。

・酸っぱいものが苦手な家族も、酸っぱいもの好きの女性も、両方が満足できるレシピ
 →ピリ辛にする、肉や魚などのタンパク質でボリュームアップする

・お茶漬けやおにぎりなど、使い道が限られた梅干しをもっと活用できるレシピ。
 →梅エビチリ、梅ラタトゥイユ、梅もみきゅうりとトマトのサンドイッチなど

・黒酢、リンゴ酢、バルサミコ酢。余りがちなお酢を普段の料理で使うレシピ。



すぐに試せるレシピは…

・牛乳に黒酢を入れる!
 ヨーグルトドリンクのようになり、デザートドリンクのように。

・にんにくヨーグルトでおかずの幅を広げる!
 腸内環境を整える食材として人気のヨーグルトに、身近な食材の塩、
 すりおろしにんにくを加えて調味料に。
 サラダやカレー、スープなど、なんにでも使えます。

例えば…
にんにくヨーグルトソースでにんじんキュウリなどの野菜を漬けて、お手軽漬物に。

 「なすの揚げサラダ」
 揚げた茄子ににんにくヨーグルトソースをかけ、クミンシードを振りかけるだけ。
 簡単すぎて、異国情緒な味わいもいい。



“酸っぱい”が苦手な家族の、箸が進むレシピは、こちら!

紙面では酸っぱいものが苦手な男性、子どもに向けて、食べてくれるレシピを紹介。
野菜と酸味だけというのが苦手と推測されるので、豆板醤などでピリ辛にしたり、
スペアリブやエビなどのタンパク質で食べ応えを出した。

「豚肉とじゃがいもの黒酢炒め」
 ピリ辛のこってり味でご飯が進みそう。一番打率が高いレシピかも。

「スペアリブとキャベツのザワークラウト風」
 千切りキャベツとカレー粉で味付けしたスペアリブ、お酢などの調味料を
 鍋に入れるだけ。夏の何もしたくないときに作りたい。




…と、お話してくださいました!



『クロワッサン』最新号は、今日!発売です!!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。


https://magazineworld.jp/croissant/





2018年6月18日 (月)

Editor's Choice ライフスタイル情報誌『BRUTUS』編集部に聞く!新・珍奇植物!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、
ライフスタイル情報誌『BRUTUS』に注目!
編集部の町田雄二さん にお話を伺いました!

2018491027751078112

現在発売中の
「新・珍奇植物 遥かなる自生地へ。」

珍奇植物とは、
いわゆる花屋さんに置いてある切り花やゴムの木などを代表するような
観葉植物ではなく、多肉植物とかサボテンとか、シダや蘭のような、
見た目が一風変わったものをくくって「珍奇植物」と呼んでいます。
2015年に最初の珍奇植物特集を出して、
2016年に続編。そして今回が3回目の特集です。


今回はかなりマニアックな内容ですが、珍奇植物の自生地を取り上げています。
園芸家にとって植物の究極の形は自生地にある植物の姿だからです。
植物を育てるには日照や気温、湿度、用土、風の管理が必要なのですが、
その答えはすべて自生地にあると言っても過言ではない。
今回、編集部では日本から5回飛行機を乗り継いでブラジルの秘境と呼ばれる、
シャパーダ・ディアマンティナ国立公園へ!



特集では「コレ、欲しい。」も!
ざっくり言うと人気でレアな植物です。愛好家の植物を撮影させてもらっている
のですが、彼らは海外から直接輸入する人なども多いので市場には出回っていない
とても貴重なものも掲載されていると思います。
買えるとは限りません。「コレ、欲しい」ですから。

「厳選のショップガイド」では、
関東と関西を中心に老舗や人気のお店を紹介しています。
ショップはいわゆる植物のお店ですが、ナーサリーは農園。
一般の人には小売していないところもありますが、今回掲載したのは
小売してくれるところだけです。これから植物をはじめようと思う人は
ぜひ、ショップの方に行った方がいい!
セレクトショップみたいなもので、状態の良いもの、人気のあるものが
厳選されて並んでおり、丁寧に育て方も教えてくれると思います。
自分の好きな植物が定まってきたらナーサリーにいくことをおすすめします。


神奈川では…紅波園を紹介しています。
緋牡丹と呼ばれる接ぎ木された赤いサボテンですが、交配種でとても普及している。
それを作出した古いサボテン園です。珍しいものがあるわけではないのですが、
価格も抑えられていて、木造のガラス温室などがあって雰囲気が良いので
ぜひ行ってみてください。事前に電話していくと良いと思います。



町田さんが1度育ててみたいのは、
ソテツの仲間「エンセファラルトス」その中の「ホリダス」という種。
それが高くて手が出ない。そこそこの株で10〜15万はします。
でも植物というのはある意味時間を買うことでもあるんです!


…と、お話してくださいました!



『BRUTUS』最新号は、現在発売中です!!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。


https://magazineworld.jp/brutus/brutus-872/



2018年6月 4日 (月)

Editor's Choice 雑誌『Mart』編集部に聞く!100円雑貨新活用法!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、
女性が自分の時間を充実させるための情報誌『Mart』に注目!
編集長の西口徹さん にお話を伺いました!

Img_6299
今発売中のMart最新号では、
「毎日忙しい私を助けてくれる「100円雑貨」新活用法
という45ページにわたる大特集をしています。この中では3つの活用法を紹介。
「収納」・「お部屋のインテリア」・「ファッション:ハンドメイドバッグの作り方」

Book_l

まずは収納!
家の中でいつの間にかごちゃっとしてしまうものを、
しっかり整頓するのではなくて、ディスプレイしながら収納する!
使うのは、「有孔ボード」

Img_6296
学校の音楽室や理科室にあった壁にたくさん穴が開いていて、
いろんなものがかけられているアレ。今これがオシャレなものとして、
1畳分くらいの有孔インスタグラムなどで紹介されている。

Img_6302
そのまま立てたり、2枚をノートのようにつなげて、ピアスやカギ類、
パスモなど、玄関に溢れている小物を一気に有孔ボードにかけて収納!
フェイクグリーンやメッセージプレートを貼ったりして自分なりにアレンジ!
Img_6304

Img_6305
カギなどを急いでいる朝などに探さなくて済む!
普段はインテリアとして馴染むので理想の収納法!!



次はインテリア!
100円のインテリア小物を使った模様替えを提案。
そろそろ夏なので海系…ヒトデ、貝、サーフボードを象ったもの、
トロピカルでパイナップル柄などいろんな人の好みに合わせた
雑貨のクオリティが高く100円に見えないほどオシャレ!
100円で季節ごとに変えてインテリアを活用できる!!
今の100円ショップは雑貨屋さんと同じくらい流行を抑える速度が早いので、
100円ショップをのぞけばこの夏の流行が見えてくる!



そして最後は…

Img_6293
取材の中で、玄関マットやバスマットでクラッチバッグを作っている
人に出会った!セレクトショップに置いてあるようなクオリティで
100円ショップのもので作ったように見えない。縫わずに強力な接着剤で
張り付けていくだけ。自分の好みでワッペンやチャームをつける!

Img_6295
ポイントは、サイズ!100円ショップの玄関マット・バスマットはかなり小さめ。
それをうまく折りたたんでクラッチバッグにした時に、
女性が抱えてちょうどいいサイズになる!!



『Mart』は2004年の創刊のころ、
横浜の港北ニュータウンエリアの元気な発信力のある主婦のみなさんの
ライフスタイルを紹介するところから始まった雑誌。

今ご紹介した内容は、現在発売中の『Mart』7月号の紙面か、
ホームページの「Martコミュニティブログ」、
インスタグラム、フェイスブックで見てみてください。


http://mart-magazine.com/contents/index.shtml




2018年5月21日 (月)

Editor's Choice シティライフスタイル誌『Hanako』編集部に聞く!今ドキ食堂事情!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、ライフスタイル誌『Hanako』に注目!
編集部の西村由美さん にお話を伺いました!

51779r1l
今日は、発売中の最新号から、
「食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ」
少し前ならカフェと呼ばれたようなお店も、
今、あえて「食堂」と名付けていたりする。
レストランのように豪華じゃないけど、居心地よくておおらかで、
自由で個性的。ひとりごはんがもっともっと待ち遠しくなる、
魅力的な食堂の世界へようこそ!


「今ドキ食堂」の特徴は、
・ちょっと前ならカフェと言われたような素敵な空間で、
 しっかりと食事ができるように考えられています。
・女性一人で切り盛りされていることも多く。
・まるで物語のような印象でした。
・食事だけに限らず、オーナーの創意工夫が随所に見られる場所。などなど


今回は西村さんに、最新号にも掲載されている
神奈川県内の食堂をいくつかピックアップしていただきました!!


「朝食屋コバカバ」鎌倉
⇒鎌倉のレンバイのお隣の朝食専門の食堂です。
 厳選された食材とレンバイなどの野菜を使った朝食が魅力です。

「アジア食堂ラスカル」大磯
⇒こちらは文句なしに、何を食べても美味しい。
 わざわざ遠くからいらっしゃるお客さまも多いです。
 アジアの料理がテーマ。沖縄料理もあります。

「日日食堂」大磯
⇒地元の人も通う食堂。大磯の新鮮な魚がその日にテーブルに。
 野菜も地元野菜を使っています。
 ギャラリーも隣接された素敵な空間です。



神奈川県の食堂の他、雑誌では東京はもちろん!
海外まで、たくさんの食堂が紹介されていますが、
西村さんが「気になる!行きたい!食べたい!」と思う食堂は…

栄養のバランスが取れた定食ばかりでした。
どこもプライベートで行きたいと思うところばかり。
特にフィンランドの食堂は夏に訪れたいです。

ヘルシンキにあるマリメッコ本社、その社員食堂である「マリトリ」
店内の食器やインテリアなどはすべてマリメッコのマリメッコワールド!!
野菜料理が多く、サラダの種類も豊富なおしゃれ空間!



…と、お話してくださいました!



『Hanako』5月15日号は、現在発売中です!!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。



https://magazineworld.jp/hanako/hanako-1156/




2018年5月14日 (月)

Editor's Choice 雑誌『Pen』編集部に聞く!家電コンシェルジュが本気で選ぶ家電!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、
さまざまな情報を発信している雑誌『Pen』に注目!
編集部の近藤智之さん にお話を伺いました!

451kaden_isyllxm今日は、発売中の最新号から、
「家電コンシェルジュが本気で選ぶ、この家電が欲しい。」
本誌の人気連載「黒モノ/白モノ家電コンシェルジュ」の執筆者、
麻倉怜士さんと神原サリーさんが、
いま本気で欲しいと思う家電をさまざまな観点から徹底解説。
ネットでの「検索」では知ることのできない、
プロが太鼓判を押す名機に出合える特集です。

2人がそれぞれ4つずつ、計8点の家電をご紹介!
その中でも編集部近藤さんが注目したのは…

黒モノ家電「FINAL D8000」
画期的なヘッドホン。そのお値段なんと¥388,000!
しかし、目をつぶればそこには演奏者が…!
独自の空間再現力で、生演奏のごとき臨場感を。

白モノ家電「SHARP HEALSIO AX-XW400-W」
人工知能を搭載したシャープが誇るウォーターオーブン。
「今晩なにつくろう?」と問いかけると、その日の天気や
家族の好み、季節の行事に合わせたお薦めメニューを提案してくれる。



さらに本誌では、最新家電は、我々の暮らしをどうアップデートするのか。
4つの予想図が描かれている。

・クラウド化で、家電は成長するモノになる。
 買った時が最新ではない!そこがスタート!!
・優秀なAIアシスタントが、お薦め献立やハウツーを提案してくれる。
・少しの異変も逃さず健康状態を常にチェック、人口知能おそるべし。
・映像・音響の本命は、没入感追求した8Kの美麗なる世界。

ここからわかることは、もっと生活にリアル体験を!
家電をパートナーとしてどのように暮らしの中に招き入れるか。
家電とのコミュニケーションが大切になってくる。ということ。


そして近藤さんが欲しい!と思う家電は、
表紙にもなっている「DBK J80T アイロン」
愛され続けるデザインのアイロン。魅力的だと感じるのは
テクノロジーだけではない!クラシックな魅力も忘れないでほしい。


今回の特集は、スペック競争の紹介ではない。
デザインやものの良さ、使う方の生活を考えた家電を紹介している。
家電の面白さは、決して最新さだけではない!

…とお話してくださいました。


『Pen』5月15日号は、現在発売中です!!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。

https://www.pen-online.jp/magazine/pen/451-kaden/



2018年5月 7日 (月)

Editor's Choice ソーシャル&エコマガジン『ソトコト』編集部に聞く!Working locally

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、
ソーシャル&エコマガジン『ソトコト』
編集部の井上尚子さん
にお話を伺いました!!

51xp6gyxbal
今日は、Working locally
最先端を行く、地域の若い人たちの働き方!
「ローカルキャリアのつくり方」について。
地域産業の企業やNPOに就職したり、地域で起業したり、フリーランスになったり。
今までにないかたちのキャリアの積み方をしている若い人が多くいます。
彼らが、これから築いていくキャリアというのは、どんなものなのか。
地域で働くことで、何が見えてきたのか。


長野や兵庫、和歌山など様々な地域が紹介されていますが、
井上さんが担当された地域から、今日ご紹介いただいたのは…


北陸の花嫁に、オーダーメイドの結婚衣装を。
木谷さやかさんのウェディングドレスサロン『lecture de minuit』
……
東京のサロンで働いていた木谷さん。地元に帰った際に、友人から
ドレス制作を依頼されたところ、それが口コミで広がった!
ウェディングドレスは外に持ち出すことにお金がかかる。
それなら自由に持ち出せるドレスを作ろうよ!ということもきっかけに。
木谷さんが手掛けるウェディングプランでは、いろんな場所で素敵な
写真が撮れることでも、大好評だそうですよ!


試みは高田の文化・歴史の更新、そして再定義。
日本最古級の現役映画館『高田世界館』の支配人。
……
横浜国立大学で映像を学んだ支配人の上野さん。
地域と関わりのある映画を上映することで、街の人たちをつなげたい…。
例えば、ドキュメンタリー映画「ある精肉店のはなし」を上映したところ、
街の商店街のお肉屋さんが、映画館の支援に動いてくれたり!
映画をきっかけにみなさんが行動を起こしてくれる。
どんどんその繋がりを広げていきたいのだとか。



それぞれのインタビューには、共通して
「ローカルキャリアをつくるための3か条」・「一日の流れ」が紹介されています。
みなさんを取材して、共通して思うことは、

やる前から考えるよりも、ますはやってみる!!
過去に失敗や嫌な思いをしている人は、それを糧にして仕事にしている。
そして、自分の時間を大切にしている!!


今回の取材を通して、井上さんは
自由とは、責任を伴うために大変。
しかし、今は自分で決まられる機会も、その幅も広まってきている。
ひとつひとつを選び取りながら生きていきたい!



…と、お話してくださいました。


ソーシャル&エコマガジン『ソトコト』6月号は、現在発売中です!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。

https://www.sotokoto.net/jp/

2018年4月23日 (月)

Editor's Choice アウトドア情報誌『PE-PAL』編集長に聞く!GWおすすめのアウトドアスポット!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、
アウトドア情報誌「BE-PAL」
編集長の大澤竜二さ
にお話を伺いました!!

61wnnafzm8l

現在発売中の5月号では「キャンプの神ワザ100」と題して、
今すぐ使える様々なワザを大特集しています!

Part1「読者が考えたアイデアTOP33」
 ⇒キャンプのプロが読者アイデアを徹底チェック&ご紹介!
Part2「プロのアウトドアズマンのひらめき!」
 ⇒昆虫採集からBBQ,DIYまで早速マネしたくなる珠玉の技!


その中でも、大澤さんから見て、
アウトドア初心者の方にもぜひ試してもらいたい!!というワザがこちら!
ジッパー付き保存袋炊飯!
 ⇒災害時にも役立つ。
牛乳パックはいろんな場面で大活躍!!
 ⇒大きな氷を作る、包丁の鞘を作る、火消し壺代わり、火おこしにも便利。

アウトドアを始めるにあたり、何でも揃えなきゃいけないわけではない。
身近なものを使ったアイデアで、十分使えるものもたくさんある!

天気の悪い日でも、DIY!次に出かける時の準備をするのもおすすめ。
特集の中には、大人も子どもと一緒に楽しめること間違いなし!な
プロが教える昆虫採集のコツも!ぜひ、親子で出かけて楽しんでみてください。


さらに!この時期おすすめの県内おすすめスポットは…

ゴールデンウィークは、清涼感のある遊びを水辺で楽しみましょう!!

丹沢の水が美味しい!!
 ⇒丹沢・秦野山系の水を使って、美味しいコーヒー・お茶を一杯。
  川に足を浸けて、小さいお子さんも一緒にちゃぷちゃぷ水遊びもおすすめ!
SUP(スタンドアップパドル)ボードに挑戦!!
 ⇒スクールや講習がどんどん増えてきている。
  鎌倉などは体験のお値段もチャレンジしやすいので、ぜひ。



5月9日に発売される次号!6月号には、
水際の遊びに強い!ホグロフス(Haglöfs)のアウトドア向けのお財布が付録に!!
また、最新のアウトドア道具をメッタ切り大比較!!こちらもお楽しみに。

https://www.bepal.net/


2018年3月26日 (月)

「Editor's Choice」宝島社「リンネル」西山編集長に聞く、体型コンプレックスを味方にする着こなし方♪

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今週お話をお聞きしたのは、ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン!
宝島社「リンネル」編集長の西山千香子さんですshine

0326

リンネル最新号では、「春からもっと自分を好きになる!」をテーマに、
自分に自信を付ける着こなしや、メイクの方法、心の持ち方を御紹介。

その中でも今日は、もう一度、自分を見直して“コンプレックスを可愛らしく活かす”
「コンプレックスを味方にする着こなし」を教えて頂きましたshine

  • 背の小さい方

  「小ささ」を強力なアピールポイントに。
  今年は、ウエストに切り替え位置が高いパンツが沢山出ている。
  ウエストを胸下辺りに切り替えがあり、リボンがついていたり、
  目立たせるボトムをあえて選ぶこと!ロングワンピも、胸下に切り替えのあるものを選ぶ事!
  

  • いかり肩・なで肩

 いかり肩⇒ 今流行りの「ドルマンスリーブ」肘と肩の中間に切り替え線があるもの。
         肩の位置が目晦ましできるトップスがおススメ!

 なで肩⇒ こちらも流行の「袖がパフっと大きく膨らんでいる、袖に飾りのあるブラウス」
         なで肩さんの勝負服なので、挑戦してみてください!!



聞いておきたい体型のお悩み上位は、「ぽっちゃり体型」

オーソドックスですが、縦に長く魅せるのが一番の着やせポイント。
今年は、ストライブの柄も流行っているので、柄で目晦ましさせることもできますし、
外側に、引き締めカラーを持ってくるのもおススメ!
白ワンピに羽織りのリネンのローブは、ネイビーや赤にしたり…

首回りをつめてしまうと苦しく見えてしまって「ぽっちゃり感」が強調されてしまうので、
「Vネック」にするとか、シャツの1~2ボタンを開けて着てみたり、スッキリさせる。


「お尻が大きい」とお悩みの方は、あえてその特徴を活かしてほしい。
一番に合うのは、「Aラインのフレアスカート」ふわっとふくらむスカートは、春らしさも感じられる。
あえて、ふわっとしたスカートを、今年は履いてみてください!!


などなど・・・

他にも、持っていれば一瞬で今年らしくなる「靴」などもご紹介頂きましたよ!!



「リンネル」5月号
税込み900円で発売中です!

Photo
表紙は、麻生久美子さんです。


他にも、片づけ上手さんに伺った「バッグの中身の整理術」や、
集まりが多いシーズンでもありますので、
6人の料理家さんに自慢の持ち寄りレシピを公開している特集もあります!!

さらに、「nest Robe」のお出かけトート(なんと防水!!)3点セットも、
かなりの豪華付録ですよ~~!!

是非チェックしてみて下さいねshine


宝島社「リンネル」HP

2018年3月19日 (月)

「Editor's Choice」ランドネの佐藤副編集長に聞く、山登りの基本!!

月曜日不定期コーナー「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします!


今週お話をお聞きしたのは、
「ランドネ」副編集長の佐藤やすなさんですshine

9784777950584_3

「ランドネ」では、この時期にピッタリの、
山登りのはじめる前に読んで頂きたい“基本”が詰まった本『山登りの教科書』が、
今日から発売されています!

まず揃えておきたい「アウトドアギア」をご紹介していたり、実際に山を歩く時の「計画の立て方」、
「山登りの注意点」などが載っていますnote

今日は、登山前に揃えるべき「三種の神器」、
1、バックパック
2、トレッキングシューズ
3、レインウェア        の選び方のポイントや、


そして、いざ登山!となった場合の計画の立て方や、
気を付けたい点も教えて頂きました!!

先ずは先ほどの三種の神器を揃える前に、どんな山を登るのか、
目的を決めると良いでしょう。山が決まれば、山の情報収集を開始!

ルートや歩行時間、危険個所などもチェックして、
必ず登山届を忘れずに提出してください!!
最近ではWEBで提出できるところもあるようなので、
インターネットでチェックしてみてくださいね♪

そして、「日がまだ高いうちに下山すること」。
春とはいえ、油断は禁物。お昼12時頃には下山しているよう
スケジュールを組みましょう。

そして、コースタイムに、休憩時間を加味するのも忘れずに!!
基本的にコースタイム通りにはいかないんです…


安全に、春の登山を楽しんでくださいねnote



そして、なんと今週末!!ランドネが企画する春の楽しいイベントが開催されます!!

その名も伊勢原日向 春の文化祭cherryblossomshine

3月24日・25日(土・日)2日間!!

豊かな自然と、多くの歴史文化遺産もある魅力的な伊勢原市日向地区で、
おもいっきり春を楽しめます!

当日は、

・日向薬師境内、宝物殿を説明員とめぐるツアー

・伊勢原地産地消BBQ@ふれあいの森 日向キャンプ場

・⿃ガール理絵ちゃんと歩くバードウォッチング@日向ふれあい学習センター

・荻原次晴さんとめぐる日向トレッキングツアー 


など…
楽しいイベント盛り沢山です!!


↓↓応募の方法や、詳しくは下記サイトをチェック!!

登山の総合情報サイト「Share the Mountain」
http://sharethemt.com/


そして、今週23日(金)発売の「ランドネ」 5月号
テーマは「週末キャンプ」です!!こちらも、是非チェックしてみて下さいね!

★ランドネ HP

2018年3月12日 (月)

「Editor's Choice」ソトコト編集部の橋本さんに聞く『地域×IT』について!

月曜日不定期コーナー「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします!


今週お話をお聞きしたのは、
ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」編集部の
橋本安奈さんです!!
()あゆみあゆm橋本安奈さん橋本安奈さん橋本

4_2

発売中の「ソトコト」の月号、特集は地域×IT shine

ITというと、堅苦しく思うかもしれませんが、実は、人と人との繋がりを深め、
距離を縮めてくれる、ぬくもりいっぱいの技術。
地域の皆さんにとって、強力な味方となっています。


橋本さんが担当されたのは、

「高知県・土佐町」に移住してきた、昆虫学研究者の瀬戸まさのりさんの活動。


ここでは、およそ4000人が住む町全体に、インターネットが引かれていて、
「あこ」という共有スペースで、遠隔操作の授業…例えば、オーストラリアの小学校と中継を繋ぎ、
英語の授業をしたり、大人たちのお茶の授業など、
大人も子供も、表現できる場・アウトプットできる場を「IT」の力で作っています。


そしてもう一つ。「宮城県・山元町のイチゴ農家の挑戦。」

昨日は3月11日。7年前、元々東京でITコンサルタントの仕事をしていた岩佐さんが、
東日本大震災で甚大な被害を受けた、地元・山元町のために立ち上がりました。
沿岸部にあった山元町。ボランティアで、津波によって流されてしまった
125軒ものイチゴハウスの復旧に向けて、
まずは「山元町のイチゴブランドをつくること」を目標とし、
ベテラン農家の橋元さんの経験と勘を頼り、
温度・湿度・CO2濃度・日射量・水やりのタイミングなど、「IT設備」で形式知化。
人間にしかできない部分と、IT化する部分を上手く利用し、おいしいイチゴを栽培されています!


現在は、地元のお酒とコラボした「イチゴ酒」「イチゴのスパークリングワイン」、
さらにはコスメ商品まで、ITの力を使って生み出されています。


その他にも…

香川県「瀬戸内かもめプロジェクト」
これは、2020年実用を目指した「無人物流機」プロジェクト!
人口減少が進む中で、離島を結ぶ定期船も減少。この問題を解決しようと、立ちあがり、
目指しているのは「離島でも、24時間・365日、誰でも荷物を受け取る事が出来る未来」
陸・海・空を無人で繋ぐネットワークを構想中!



今回、このような地域を取材をされて、橋本さんは・・・

「IT」と聞くと、AIなど…未来が不安に思うこともありますが、

地域には「IT」の力で、一緒に進化していけることが沢山ある とおっしゃっていました。



その他にも、様々な「地域×IT」が掲載されています。
発売中の「ソトコト」4月号、是非チェックしてみて下さい!

「ソトコト」HP