2018年5月14日 (月)

YES! For You 今回のテーマ「海風①」

毎週月曜日は「YES! for you」。
環境未来都市・横浜から「素敵な生活」を実現するためのヒントを発信していきます。

今日は、
国立研究開発法人 海洋研究開発機構 通称 JAMSTEC 
地球情報基盤センター 杉山徹さん が登場!!

Img_6210
はじめにJAMSTECについて教えてください。
JAMSTECは、海から地球を知るということをテーマにして、研究・調査を
している国の研究機関です。海と地球を総合的に研究していこうと。
総合というのは、観測をする部署の方もいますし私の様に
スーパーコンピューターを使って研究する研究者もいます。そのような方が
集まって地球の事を研究していこうという機関です。その中で
スーパーコンピューターを私はメインで使っているんですけど、
「地球シュミレーター」と。まさに地球の事を研究するという名前のついた
地球シュミレーターを運用している部門が、私が所属しているセンターです。

それが地球情報基盤センター。ということは、今の地球の現状を聞くのは
杉山さんが適任ということ
でしょうか…?
そこまでは…力不足かもしれませんが、地球環境の変化を過去から未来まで
検証と予測の計算を行っております。その中で色んな部署の方がいまして、
地球全体の大きなスケールの事を計算して、将来どうなっていくのかという
計算をしている方もいます。一方でいえばスパコンを使って地球環境の計算を
している訳ですけど、もう少し人間の大きさ。人間スケールでの環境について
計算をしています。例えば、街の中の暑さだとか、それから風のながれが
どうなっているのかということについて、人間に近い所で計算を行っています。

その様々な分野がある中で、杉山さんが人間に近いところの研究をしようと
思われたのは、
なにか思いがあったのですか?
ちょっとキザな言い方になるかもしれませんが、研究が社会の役に立たないかな
ということで、テーマが段々人間に近くなってきたということです。
また人間の為になることが、また大きく言えば地球の為にもなっていけたら、
最高のつながりですよね。
はい、思います。



温暖化の現状は、どのようなものでしょうか?
よく言われているのは、昨年の地球全体の平均気温、その前の気温というのを
見ていきますと、産業革命以降、昨年は最高になりました。去年は第二位。
二番目の暑さになっています。そのように上がっていく中で、国際的には
パリ協定というのがありまして、今世紀後半になるべく温暖化をもたらす
温室効果ガスの排出を実質ゼロにということを考えています。
それからその結果として、産業革命以降の気温の上昇を2度未満に、
できれば1.5度までに抑えようと。緩和していこうというような世界的な流れに
なっていると思います。普段の感覚でいいますと、1度というのは、
そんなに差がないかなという気温だとは思います。それは平均的に上がる
ということですので、平均ということは例えば、ずっと0が続けば、
平均気温0ですね。∔1と-1でも平均は0.∔10と-10でも平均気温0なんです。
ということは、平均だけ見ているだけだとちょっと誤解をするところがありまして、
その振れ幅。変動幅とも言いますが、それが段々大きくなっていく。平均だけ
ではなくてその振れ幅も大きくなっていくという所にも、注目していただきたい
と、思います。実際、雨に降り方を見てみますと、多い年少ない年という変動の幅が、
徐々に広がっていく。激しい雨、逆に言うと渇水ですね。そういう状況が、
変動幅が広がっていくということが問題かと思います。




この温暖化への対策を練っていくとしまして、
どういう風にしていったらいいのでしょうか?

この気候変化が起きていることを認めて、それに適応していこうと、
そういう事も考えていくのが、必要かなと思います。 例えば行政の方というか
街を作っていく方にしたら、降水量が増えたり、ということが分かれば
、災害の対策。被害を回避していこうと。もしくは小さくしていこうという対策。
適応策になるかと思います。あと農業をされている方ですと、気温が上がること
によって今まで栽培していたものが育たなくなる。その高い気温に適応した品種に
変えていくという事も一つの適応策かと思います。一方で街の中ですと、
暑くなると熱中症の危険が出てきますので、適切にエアコンを使うというのが
必要な事だと思います。よく言われるのは、水分補給をしましょうとなります。
ですがもうちょっと社会からもそういう事を認められ、最近ですとクールビズの
期間を長くする。もう5月から始めましょうと。これも一つの適応かと思います。
それからもう一つお願いしたい事は、いま日傘をさす人は女性の方が多いと
思うんです。それは私もそうなのですが、ちょっと恥ずかしいなという気持ちが
男性にはあるかもしれない。でも日傘をさすと暑さをだいぶしのげるということで、
男の方でもうまく恥ずかしく感じないで日傘をさせるようなそういうことを
社会全体として受け入れられる。さしたくなるような日傘をどなたかに、
作っていただけないかなということを考えたりしています。それから
適応していくために、自分の適応のための情報というのは、いろんな世の中に
転がっているんです。ネットで調べるなり色んな情報はあると思いますので、
それを自分ごととして情報収集に皆さんで、取り組んでいければなと思います。
そういうことで個人的な適応策というものを、考えていきながら皆さんで
適応策を考えていきます、そういう風になればいいと思います。





…と、お話してくださいました!











Editor's Choice 雑誌『Pen』編集部に聞く!家電コンシェルジュが本気で選ぶ家電!!

「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今日は、「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、
さまざまな情報を発信している雑誌『Pen』に注目!
編集部の近藤智之さん にお話を伺いました!

451kaden_isyllxm今日は、発売中の最新号から、
「家電コンシェルジュが本気で選ぶ、この家電が欲しい。」
本誌の人気連載「黒モノ/白モノ家電コンシェルジュ」の執筆者、
麻倉怜士さんと神原サリーさんが、
いま本気で欲しいと思う家電をさまざまな観点から徹底解説。
ネットでの「検索」では知ることのできない、
プロが太鼓判を押す名機に出合える特集です。

2人がそれぞれ4つずつ、計8点の家電をご紹介!
その中でも編集部近藤さんが注目したのは…

黒モノ家電「FINAL D8000」
画期的なヘッドホン。そのお値段なんと¥388,000!
しかし、目をつぶればそこには演奏者が…!
独自の空間再現力で、生演奏のごとき臨場感を。

白モノ家電「SHARP HEALSIO AX-XW400-W」
人工知能を搭載したシャープが誇るウォーターオーブン。
「今晩なにつくろう?」と問いかけると、その日の天気や
家族の好み、季節の行事に合わせたお薦めメニューを提案してくれる。



さらに本誌では、最新家電は、我々の暮らしをどうアップデートするのか。
4つの予想図が描かれている。

・クラウド化で、家電は成長するモノになる。
 買った時が最新ではない!そこがスタート!!
・優秀なAIアシスタントが、お薦め献立やハウツーを提案してくれる。
・少しの異変も逃さず健康状態を常にチェック、人口知能おそるべし。
・映像・音響の本命は、没入感追求した8Kの美麗なる世界。

ここからわかることは、もっと生活にリアル体験を!
家電をパートナーとしてどのように暮らしの中に招き入れるか。
家電とのコミュニケーションが大切になってくる。ということ。


そして近藤さんが欲しい!と思う家電は、
表紙にもなっている「DBK J80T アイロン」
愛され続けるデザインのアイロン。魅力的だと感じるのは
テクノロジーだけではない!クラシックな魅力も忘れないでほしい。


今回の特集は、スペック競争の紹介ではない。
デザインやものの良さ、使う方の生活を考えた家電を紹介している。
家電の面白さは、決して最新さだけではない!

…とお話してくださいました。


『Pen』5月15日号は、現在発売中です!!
ぜひ、手に取ってみてくださいね。

https://www.pen-online.jp/magazine/pen/451-kaden/



2018年5月10日 (木)

「LIGHT UP KANAGAWA」第323回

毎週木曜日のこの時間、神奈川県知事 黒岩祐治さんをお迎えして、
神奈川県のこと、そして知事のプライベートなことまで、
様々なお話を伺っている「LIGHT UP KANAGAWA」

Image1
今日は、「 がんセンター“いのちの砦” 」 についてでした

神奈川県庁ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/


このコーナーでは、皆さんからのメッセージを募集しています!!
知事へのメッセージは、下記アドレスまで!
light@fmyokohama.jp

あなたのご意見、ご質問など、お持ちしています!

☆黒岩知事がセレクトした、今日の一曲☆
「  幼いコゼット / ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」から  」

「横浜FC HAMA BLUE TIME!!」第35回

木曜日の午後2時は、
地元・横浜のプロサッカークラブ「横浜FC」を応援!
横浜FCホームゲームのスタジアムを、スカイブルー…
通称、HAMA BLUEに染め上げよう!
という想いを胸にお届けする…

「横浜FC HAMA BLUE TIME!!」soccer

0510
毎週一緒にお届けするのは…
「HAMABLUEプロジェクト」
コミュニケーションマネージャー
内田智也さんshine



先週行われたアウェイ2連戦の振り返りから。
J2リーグ第12節 カマタマーレ讃岐戦は・・・2-1 勝利!!!
勝点20、順位5位に浮上up

J2リーグ第13節 FC町田ゼルビア戦は・・・0-1 敗戦bearing
勝点20、順位6位。

先週スタジオに来てくれたフリ丸は、FC町田ゼルビア戦に参戦。
首都圏5つのクラブで行っている“首都圏バトル5”
マスコット対決 ゼルビーvsフリ丸では、
フリ丸がみごと勝利!!shine


気になる次の試合は…
今週末、5月12日土曜日、
ニッパツ三ツ沢球技場にて、
J2リーグ第14節、
ロアッソ熊本とのホームゲーム!!
キックオフは午後2時!!

BE BRAVE~!

今日の勝負曲は、次節熊本戦のキープレイヤー
北爪選手(背番号14、DF)からの1曲note

ThunderImagine Dragons 


その他詳しくは、
「横浜FC」・「ニッパツ横浜FCシーガルズ」の情報は公式HPまで!

「横浜FC」公式HP

Img_20180510_141212

今日もTwitter中のウッチ―

今日のイーネゲスト!和田裕美さん!

今日は、イーネゲストに
和田裕美さん をお迎えしました!!

Dscf2193
営業とコミュニケーションの専門家で作家さん。

もともとは、外資系教育会社の営業で、
世界142カ国中第2位の成績を収め20代で初の支社長に。
その後独立、ご自身の会社を設立。
営業とコミュニケーションの専門家として行っている
セミナーの受講者は10万人を突破。
これまで出版した著書は50冊を超え、
累計200万部超えのベストセラー作家として、
ビジネス書、絵本や小説と幅広く執筆されています。

そんな和田さんの絵本『ぼくは ちいさくて しろい』
今年度の道徳教科書「いきるちから」に掲載され話題になっています。

Photo_3
クラーケンから出版。
(絵は ミウラ ナオコさん)

ちいさくて真っ白なペンギンがコンプレックス受け入れ
良いことを探せるようになるというお話。

和田さん曰く、
自己肯定を高くすることが大切。
自信を持つには、他を見ないで
人と合わせることをやてみめる
外れる・ズレる・浮いてみる

すると、自分の個性を見つめられて
磨く事が出来ていくんだそうです。
小さな勇気のカケラが集まって自信につながっていくそう!

和田裕美さんの最新情報や、
その他詳細はオフィシャルサイトをチェック!!

http://wadahiromi.com/

2018年5月 9日 (水)

小さな失敗もSwitch!

水曜日限定コーナー「Switch!」shine
あなたの“心”や“カラダ”をスイッチしてくれるヒントを、
一緒にゲットしていきましょう!


5月のSwitch!アドバイザーは…

作家 大野正人さんbookpencil

論理的かつ深い視点から、誰にでもわかりやすい表現で執筆する大野さんが
これまでに携わった書籍の累計売上は300万部を超えます。

そんな大野さんが先週!発売されたのが、

『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

Cim9784866510590cmykw

簡単にいってしまえば、偉人の失敗を紹介する本なのですが、
今回は偉人たちの失敗と、その失敗をどう克服したのか、
そしてその失敗から今の私たちが学べることまでを書いてみました。


「プチ失敗図鑑」では、子どもがやりがちな小さな失敗について。
例えば…子どもはよくこぼしますよね、コップを倒したり。そういった
「こぼす失敗」や、コケたり遅れたり、そういった小さな失敗を紹介。
このような失敗は、ちょっとしたコツで治すことができます。
例えば「こぼす失敗」であれば、
“コップや食器をしっかり見て持てばいい”!そうすれば絶対にこぼさない。
「コケる失敗」であれば、子どもは筋力が足りないので、
運動したり外で遊んだりすれば、そうするだけでコケなくなります。



今日は!ピカソの失敗についてご紹介!!
ピカソはご存知の通り、おかしな絵で有名な人ですよね、
子どもの落書きみたいな。しかし、一生を人気画家として過ごして
今でもピカソの絵は高値で取引されています。
画家の歴史の中でも、最大の成功者と言ってもいいような人ではないでしょうか。

しかし…
そんなピカソにも、失敗がありました!? 今日の偉人スイッチは…

アチャ~~~【新しすぎる】失敗

まずピカソは、若い頃は結構きれいな絵を描いていた。
時代によって名前が付けられているのですが…若い頃は「青の時代」
恋をしていた時に華やかな絵を描いていた時は「ばら色の時代」なんて
呼ばれていたりした。そういった美しい絵を描いていたピカソがある日
『アビニョンの娘たち』という絵を描いた。それは、ゴツゴツした5人の女性が
並んでいる絵で、お世辞にも美しいというような絵ではなかった。
それを、仲間に見せた時に大不評で、「なんだこれ?」「意味わからん」、
なかには「ふざけるな!」と怒りだす人もいたというような話もある。

ピカソは新しい絵を作ったことで大失敗をした!という経緯がある。
このピカソの失敗からは【新しさ】ということが学べると思います。

誰もが一度は「新しいことをやってみたい!」と思う気持ちはあると思うの
ですが、“本当の新しさ”というのは、“誰もがやったことのないことをやろう”
というものではなくて、自分の作りたいものや自分のやりたいことを
つきつめてつきつめて考えて考えてそれでようやく形になったものを出してみる。
そういう時に出てくるのが、“新しさ”なのです。だから、
「新しさをつくる」のではなく「結果的に、新しくなっちゃった」
というのが“本当の新しさ”だと思う。
そうして練り上げて作ったものというのは、必ず誰かの琴線にふれる。

例えば、ピカソの絵でいえば、カーンワイラーという画商がまず認めてくれた。
そして同じく画家のジョルジュ・ブラックに認めてもらい、その後ブラックと
ともにピカソは「キュビズム」という、それこそみなさんが知っているような
おかしな絵を作り上げます。一方画商のカーンワイラーは、ピカソの絵の良さを
みんなに宣伝する…「こんなに新しいのにこんなに素晴らしいんだぞこの絵は!」
と高値で売って…それでピカソは人気画家になりました。

だから、何か新しいことをやりたい!と思った時は、
誰もやっていないことを考えるのではなくて、自分の中にあるもの、
そういうものをつきつめていってつくってもらいたいと思います。




もっといろんな偉人の失敗について楽しく知りたい!と思ったみなさん、
大野正人さんの本、

『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

現在「文響社」から発売中です。
お子さんと一緒に読めるように、すべての漢字にふりがな付き!
失敗エピソードだけにとどまらず、子どもによくある失敗の直し方、
子どもを勇気づけるための「心の教え」も掲載された、
読めば勇気がわいてくる、新しい心の教科書です。


http://bunkyosha.com/book/all/1642/





1年間に10億枚も捨てられている!? Save Clothes Love Clothes プロジェクト!

今日のエシコンでピックアップしたのは…

1年間に10億枚も捨てられている!?
Save Clothes Love Clothes プロジェクト!

Photo_2

6月5日まで、クラウドファンディング「ready for」で、
廃棄される衣類を救う会員制サイト
「Save Clothes Love Clothes」プロジェクトを立ち上げられている、
ファッションデザインーで、
DressWisdom合同会社代表 井上聖子さん にお話を伺いました。

Img_6201

なんと、工場で生産されている衣類の30~50%が廃棄されている、
日本で作られているものだけでも、年間でおよそ10億枚も捨てられている…

井上さんも、服飾関係の学校を卒業される際に先生からこの事実を聞き、
いつか何とかしたい!という思いをきっかけに構想を練っていたそう。

廃棄の理由は様々ですが、大きく分けると3つ。

①売れ残り
②納期が遅れてしまってブランドが引き取れなくなる
③不良品ではないが、ブランドが指定したものと一致しない。
 (例えば、スカートのたけが1センチ短い、などのわずかな違い)


このような行き場を失ってしまった衣類を救うプロジェクトが、
「Save Clothes Love Clothes」です。

実際にショップで取り扱う洋服を持ってきていただきましたが…
例えば、
ジャケットは、元の値段12990円が⇒1470円に!
ワンピースは、元の値段9710円が⇒1080円に!

Photo_3
デザイナーである井上さんがこだわりを持って選んでいる洋服たちは、
最先端の流行のものもあれば、クラシカル、フォーマル…
いつ、どんな時に着てもイーネ!といえるデザインばかりです。

現在、会員募集がクラウドファンディング「readyfor」でスタート!
お試しの1ヶ月会員3000円から、正会員となる年間8000円のコースまで。
先ほどの価格で買えるとなると、元が取れます!かなりお得ですね!!

ぜひ、もっとファッションを楽しんで欲しい!


…とお話してくださいました。




クラウドファンディング
「readyfor」内「Save Clothes Love Clothesプロジェクト」
https://readyfor.jp/projects/saveclovec

スタート時は、レディス・ファッションのみとなりますが、男性の登録もできます。

このプロジェクトはAll or nothing形式です。
6月5日(火)午後11:00までに、1,000,000円以上集まった場合に成立となります。







音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。

今日のイーネゲスト!フランスから、アコーディオン奏者のマニュ・モーガンさんが生演奏!!

今日はイーネゲストに、
アコーディオン奏者 マニュ・モーガンさん をお迎えしました!!

Img_6203

マニュ・モーガンさんは…
フランス・ポンタルリエ生まれのアコーディオン奏者。
フランス国内のアコーディオンコンテストだけでなく、世界大会でも活躍!
現在でもフランスに広く流通するアコーディオン教則本を執筆されていたり、
フランスのトップアコーディオニストのお一人です。

今の時期のフランスは、ようやく長かった冬が終わって温かくなり、
桜やリンゴの花が咲いて、春らしくなってきたそうです。

昨年に引き続き、今回で二度目の来日!!
月曜日に日本に到着。なんと!立ち食いそばを食べたそうですよ!
立ち呑みはフランスであっても立ち食いは初体験!!
お箸を使うのが難しかったけれど、完食!天ぷらも食べたし、
今日は寿司を食べたいと思っているんだとか。イーネ!!


そんなマニュ・モーガンさんのNEWアルバム
『フレンチ・カフェ・ミュージック~パリ!パリ!パリ!』

510a5eb70dl
アコーディオンは、オーケストラのようなもの。
高い・低いの音だけでなく、様々な幅広い音が組み合わさっている…
今回のアルバムでは、“パリ”の音色に合わせて、アコーディオンの音も
パリらしく!調音しているとのこと…!
素敵なアコーディオン本体は、クルミの木でできています。

Img_6204

もっとマニュさんの音色を聞きたい!と思ったみなさんはぜひ、明日目黒へ!!


マニュ・モーガン パリ!パリ!パリ! コンセール・ア・トーキョー
日程: 明日!5月10日(木) 夜7時開演
会場: めぐろパーシモン 小ホール (東横線「都立大学」より徒歩7分)


最新情報や、その他詳細はオフィシャルサイトをチェック!!

http://manu-maugain-japon.com/



ミツミンが持っているのは、マニュさんからのプレゼント♪

Img_6206
そして、イーネなフランス語も教えていただきました!


「ラヴィ・エ・ベール」

意味は…「人生は美しい」!!
美味しいご飯を食べた時!カーテンを開けて日差しを浴びた時!
楽しい時!嬉しい時!どんな時でも使えます!毎日が幸せ♪

ぜひ!みんなで使っていきましょう!!


2018年5月 8日 (火)

今日のイーネゲスト!岩崎愛さんが生演奏!!

今日は、イーネゲストに
岩崎愛さん をお迎えしました!!

Img_6196
心があたたかくなる弾き語りも披露してくださいました!


大阪出身のシンガーソングライター。
2016年には楽曲「すっぽんぽんぽん」がNHKみんなのうたで放送!
これを機に、楽曲提供の活動でも活躍されています。


中学生のころからギターを持ち始め、
高校生のころからライブ活動をしている岩崎さん。

神奈川県へのおでかけもよくある!ということで…
特に箱根は大好き!温泉でゆったりまったり。
最近では三浦半島にでかけてSUP(スタンドアップパドルボード)に挑戦!!
マリンスポーツが楽しいのだとか。
家の中でずっと曲作りをしているよりも、太陽の光をもっと浴びた方がいいかな、
とでかけはじめた岩崎さんは、お外の気持ち良さと明るさを実感しているそう。


そんな岩崎愛さんのNEWアルバム『TSUBOMI』
来週、5月16日(水)にリリースされます。

Cd10
ロンドンでレコーディングを行った今作!
タイトルも、和製英語のようなイメージで、この表記がしっくり。
英語はたくさん話せないけれど、レコーディングは面白かった~!!
日本では何から何まできっちりしすぎていたんだという気付き、
そして思いついたことはどんどんやってみよう!という姿勢に、
言葉はいらないんだな、と改めて“面白い”時間を過ごせたのだとか。

訪れた際にはちょうどエリザベス女王が避暑地へのおでかけで不在中。
期間限定のバッキンガム宮殿が一般開放され、見学もできたそうですよ!!


曲作りは、お風呂中やはみがき中、お買いもの中などに思いつき、
忘れないように小さな声で携帯電話の音声メモに録音!!
お家に帰ってからそれを仕上げていく!

Img_6197
そんな普段の生活から生まれる、あたたかな楽曲が詰まった
NEWアルバム『TSUBOMI』
ぜひ聞きこんで…次は生音を聞きに行きましょう!


『TSUBOMI』リリースワンマンライブ~Happy Friday Night~
日程: 7月13日(金) 夜7時スタート
会場: 代官山 晴れたら空に豆まいて


最新情報や、その他詳細はオフィシャルサイトをチェック!!

http://www.iwasakiai.com/


2018年5月 7日 (月)

YES! For You 今回のテーマ「地産地消②」

毎週月曜日は「YES! for you」。
環境未来都市・横浜から「素敵な生活」を実現するためのヒントを発信していきます。

今日も、先週に引き続き
一般社団法人 スマート・ウィメンズ・コミュニティ
代表理事 東みちよさん が登場!!

Img_6099

スマートウィメンズコミュニティでは、さまざまな立場、視点から環境について

考えていらっしゃいますが、昔から環境に興味があったのですか?
そうですね。私が環境に最初興味をもったのは、20代の頃、バックパッカーで
アジアの国々を旅したのがきっかけでした。当時、ネパールの山や、
インドネシアの小さな島など、あちこち旅した時に、すでに森が干ばつによって
砂漠化していたり、水が枯渇したり、そのせいで子供達が貧しい暮らしを
しているのを目の当たりにして、ちょっとショックを受けました。日本にいると、
気候変動についてそれほど関心を持つこともない、豊かな生活があると思うの
ですが、地球の向こう側では、こんなことが起きているのかと考えるように
なりました。といっても、その後、しばらく仕事で忘れてはいたのですが、
8年前、離れていた横浜に戻ってきたことで、再び初心に返ったというか、
もう一度、心に留めていたことをちゃんと振り返ろう、という気持ちになって
活動を始めるようになりました。

そのころから今、活動の現状はいかがですか。
今はローフットフードの活動や、日本のお魚の水産資源管理を管理するSHUNの
お魚プロジェクトに関わったりしているのですが、共通して言えるのは、
食から地球が見えてくる、ということです。最近はとくに、強く感じるように
なりました。例えば、昨年はサンマが値上がりしましたね。あれは、温暖化の
影響で潮の変化が原因の一つと言われています。それによって旬の魚が少なく
なったり。また、コメは温暖化で小粒になって、寒暖差が小さくなることで
品質が変わったりしている、そんな現状があります。今までは、なんとなく
みんな“温暖化”っていっても自分にはあまり影響ない、と思われがちでしたが、
食卓の変化からも実感できるようになって来たと思います。



そうした活動をしていくうえで課題というものがありますよね。
こうしたことをいかにわかりやすく伝えたらいいのか?ということだと思っている。
いまだにCO2削減といっても「でもCO2って目に見えないよね」という
お子さんやママもいたりして。目に見えないものを、どうやって伝えたら
理解されるかというのは、大きな課題だと思っています。しかしCO2、そのものは
目に見えないかもしれないけど、CO2の影響は、気候変動という形で確実に
見えてきていますからね。これまでは「キッチンから考える」ことや
「商品を通じて知ってもらう」ことで、地球環境のことをより身近に感じてもらう
ようにして来ましたが、今年は、子どもや学生たちも一緒に
「どう伝えたらいいのか」を考えたいと計画しています。

その計画内容は、どんなものなのですか?
それはローフットフード、なのですが、ローフットフードは
「キッチンからCO2削減」をテーマに、食材選びや調理の工夫をすることで、
地球温暖化対策を身近に考えてもらおう、という試みなのですが、それを今度は
高校生と一緒に企画していこう、と考えております。
どちらの高校で、ですか?
それが、私の母校で「市ケ尾高校」をご存知ですか?青葉区にあるのですが、
そこの高校は、市ケ尾ユースプロジェクトなどやっていて、地域課題を
学生主体でいろいろと取り組んできています。その実力を今年も活かして
いただいて、一緒に職から地球のこと、地球環境のことまで考えていきたいと
思っています。その校長先生がとても理解ある方で、ローフットフードを
グローバル教育を兼ねた特別教育活動として応援してくださっています。
高校生などの視点を加えることで、もっとわかりやすく地域の方やお子さんや
家庭にも広まっていけたらと思っています。高校もそうですが、やっぱり
横浜の街自体も緑豊かでいろんな資源があるので、人と自然とそうした
繋がりがどんどんうまく広げていけたらいいなと思います。


最後に、東さんご自身は、どのような展望をお持ちですか?
団体を立ち上げてからずっと、持続可能なこれからについて、女性の視点が
欠かせないと考えて続けてきましたが、それは今後も変わらず続けていく
予定です。ただ、課題解決のためには、私一人が頑張るのではなく、
同じ目的を持った仲間や、いろんな人たちが、また目標を持って動き出す
ことでもっと効果的に地域課題というものがまとまっていくのかな、と
思っています。玄米ご飯PAN&Goの活動でいうと、応援してくれた女性たちも、
その後それぞれが、新しい事業を立ち上げたり「私も、何か開発に挑戦したい」
と言ってくれたり。変化が起きています。これは、女性が開発した商品として
「神奈川県のなでしこブランド2018」にも認定されたのですが、やっぱり
女性の力ってすごいな、と思っていて。共感力や広げる力など、そういった
女性の力を私自身も応援していけたら、と思っています。こういうの、
ビジネスではエコシステム、っていうのでしょうか。みんなの想いの“生態系”が
横浜で育っていったらいいな、と思っています。





…と、お話してくださいました!




スマート・ウィメンズ・コミュニティ
https://smart-womens.org


たねまるしぇ PAN&Go
http://pan-go.smart-womens.org