« Share847 E-ne!コミュニケーション!! 月曜日は…呼び方に注目!! | メイン | Share847 E-ne!コミュニケーション!! 火曜日は…雑談力に注目!! »

2018年6月11日 (月)

YES! For You 今回のテーマ「サスティナビリティ」

毎週月曜日は「YES! for you」。
環境未来都市・横浜から「素敵な生活」を実現するためのヒントを発信していきます。

今日は、
IKEA港北
ローカルマーケティング スペシャリスト 尾崎愛さん
が登場!!

Img_6307

IKEAといえば北欧家具ですが、人にだけじゃなく地球にも優しい!

現在、世界にどれくらいの店舗があるのでしょうか?
IKEAは世界約30ヵ国に300店舗以上を展開しています。世界的な規模でビジネスを
しているので、環境や社会、人々。すべてに大きなインパクトを与える可能性が
あります。なので、環境問題など多岐に渡って責任を負っているとIKEAは考えています。
IKEAのサステナビリティ戦略は、ピープル&プラネットポジティブというものです。
こちらは文字通り、人と地球そして、ポジティブな影響を両方に対して与えよう
という意味を持っています。

家具のブランドが、なぜそういう思いを持って今活動をしているのでしょうか?
皆さん、ユニセフやUNHCRなど国際的な機関、聴いたことがあると思うのですが、
我々商品の売り上げの一部をそういった機関に寄付することもしています。
それによってお子さんたちの教育をサポートしたり、また難民として生活する人を
支援することが出来ます。

実際に行ってみると、家具だけじゃなく、色んな事に触れられるのがIKEAですよね。
そうですね。皆さんご存知だと思うのですが、2階にはレストラン、1階には
例のホットドックとソフトクリームを売っているショップがあります。
IKEAといえば、レストランの有名なメニューがサーモンだと思いますが、
レストランやショップで使用しているものは、ASC認証というものを受けています。
水産養殖管理協議会のことです。責任をもって開発された水産物にのみ認証を
行っているという団体です。IKEAではビジネスを通じて、人と環境の両方に良い
影響を与えるように、こういったものを使っています。



一時的に使うのではなくて、使い続ける。

つまり持続可能に、というのが、またIKEAの大事なポイントだと思うのですが、
横浜市とIKEAはどう関わっていらっしゃるのでしょうか?
ありがたいことに2006年に横浜市の都筑区で、私共オープンさせていただいたのですが、
それ以来、地元折本町の皆さまとは、清掃活動やチューリップの球根植えなど、
地域活動をご一緒させていただきました。で、先ほどご紹介させていただいた、
ピープル&プラネットポジティブ。こちらの戦略は、2013年に作成させていただき
ましたけれども、こちら横浜市が描いている環境未来都市構想。こちらと非常に
親和性が高いんですね。高齢化社会の対策などを強化したこちらの横浜市の構想なのですが、
これで、じゃあ一緒に何かできないかということで、考えていきました。で、親和性が
高かったので、より多角的で、かつ地域社会へインパクトがある取り組みを実施したい
ということで、3年前2015年の9月に、IKEAジャパンとしては初めて、
サステナビリティの分野における連携協定を横浜市と結びました。こちらの連携協定
によって、横浜市全体での環境活動や、地域貢献の取り組みが可能になったのです。





連携協定ですが、大きく4つの分野から構成されています。
一つ目が省エネルギー対策の推進。二つ目が再生可能エネルギーの導入と利用拡大。
そして三つ目が地産地消及び、食育の推進。
最後4項目は、その他持続可能な社会を目指した取り組み全般に関することです。

一つ目の省エネルギー対策の推進に関してなのですが、
実際具体的な活動としては、2015年より市内の主に団地にお住まいの
高齢者の皆さまに、LED電球の寄贈を行ってきております。
これまでにいくつ寄贈されたのですか?
開始したこの2年くらいですかね。約5800個のLED電球を7つの区で寄贈させて
いただいています。直近なんですけども、実は、明後日港南区にあります野庭住宅
という所で、新たに1080個のLED電球を寄贈する予定です。港南区というのは、
ちょっとみなとみらいとは雰囲気違うのですが、高齢化率が高いエリアです。
特に一人暮らしの高齢者の皆さまにとって電球の交換作業というのは、転倒の原因。
御怪我や病気の原因にもなってしまいます。なので、自治体や地域の皆さまと
協力して、省エネルギー対策の推進でもあるんですが、地域の皆さんが安心して
暮らせるようなご協力をしていきたいと思っております。

明後日6月13日ですね。およそ1080個ですからね。これの取り付けに
お孫さんに来てもらうなどあると、おじいちゃまおばあちゃまも、
より元気になれそうですね!

はい、いまのところはお子様に来ていただけると助かるのですが、
我々のスタッフだとか、あとは民生委員の方とか地域の暮らしをサポート
している皆さんと一緒に取り換え作業を行います。



…と、お話してくださいました。