« 【今日限定プレゼントあります!】こんなにいるの?都会に住むいきもの散歩!! | メイン | 「横浜FC HAMA BLUE TIME!!」第41回 »

2018年6月20日 (水)

あの街も…観光地へSwitch!

水曜日限定コーナー「Switch!」shine
あなたの“心”や“カラダ”をスイッチしてくれるヒントを、
一緒にゲットしていきましょう!


6月のSwitch!アドバイザーは…

B級観光地プロデューサー大野正人さんairplaneflair

Img_0220
全国約40か所にのぼる地方自治体の観光戦略立案や
観光WEBサイトの運営を行う企業、「トラベルジップ」の代表取締役、
まさに観光集客のプロフェッショナル。


そんな大泉さんが先週!発売されたのが、

『私、B級観光地プロデューサーです!』

B

B級観光地というのは、逆に言うと、ある目的がないと行きたくない、
でもその目的を持っている人からすると、とっても魅力的な場所。
B級グルメと同じように、きっかけさえつかめば
半端なく魅力的な場所となる可能性を秘めています!!


もしかしたら、あなたの街も、大人気の観光地になるかも!?
そんな宝物をみつけるためには…

やっぱりその街にあるものが「誰がこれを喜ぶのだろうか」、
という観点で見ることだと思う。
例えば横浜であれば、サザンオールスターズの歌の舞台になっているところが
すごくたくさんあると思いますが、サザンのファンは何十万人といる。
おそらくその人たちに、ここはあの歌のこのモデルになった場所なんだよ!と
言ってあげると、行ってみたいな!と思う人はすごくたくさんいると思う。
それから、今年は明治維新150年ですが幕末や明治維新にとても興味のある人は、
おそらく横浜はここもそうなのか!と、宝箱みたいな感じ。鹿児島や萩なども
そうだと思うのですが、横浜にもそういったところがたくさんあると思います。
他にも例えば、オートバイを乗る人などは、バイクがとってもスムーズに
走らせられる道路や景色の良い所、バードウォッチングをされる方などは、
鳥がたくさん集まるような公園など、本当に些細なことでもいいんです、
「この景色を誰が見たら喜ぶのだろう?」と思い浮かべることが、
宝物を発見することにつながると思います。




大泉さんがこれまでにプロデュースしてきたいろんな場所から、
今日、紹介してくれるのは…
沖縄県の石垣島から船で50分ほど離れたところにある、小浜島!!


小浜島をもっと楽しむ場所にするために、
今日注目するスイッチターゲットは…
ウインドサーファー!!


沖縄県は、本島、石垣島、宮古島、いろんな有人島が47個もあります。
沖縄は一大観光地ですから、とってもお客さんは多いのですが、
島が50個近くあるのですごい競争があります。
しかし、この「小浜島」は、中級者・上級者が乗るための
ウインドサーフィンの道具がビシッと揃っている。

夏場はどの沖縄の島もお客さんがたくさんいますが、冬場はほとんど
行かないことが一般的ですよね。行くとしても…ゴルフを楽しむ人くらい
でしょうか。でも、風がとっても良くて、ウインドサーファーにとって
最高の環境が、冬の沖縄にはあります。ですが、ウインドサーフィンは、
ポールだけでも5メートルは超え、セイル(帆)も何枚も持って行かなければ
ならないので、飛行機では運べません。なので、当然レンタルということに
なってしまうのですが、そのレンタルグッズがビシッと揃っているのが小浜島。

ウインドサーファーたちは、冬になるとこぞって小浜島に行きます。
そして、年齢の高い方たちが多いので、高いお酒を飲んで、高いホテルに
泊まってくださる。そのため、冬の沖縄は、他の島はほとんどお客さんが
いないことが多いのですが、小浜島だけはずっとキャンセル待ちは続いていて
全国のウインドサーファーが殺到している、このような切り口で集客をしている島。

例えば…寒い海です、風が強いです、この環境を喜ぶ人って誰なんだろう?
ということを逆の発想で考える、ということ。そこでウインドサーファーに
目をつけた小浜島は一大観光地になっているわけです。
例えば、一般的にはマイナスなことがそれくらい喜ばれるのか、というのは
ターゲットを日本人ではなくて台湾の人を考えてみましょう。そうすると、
日本の豪雪地帯と呼ばれる場所があります、でも雪を全く見たことがない人から
すると、こんなに雪って降るの!?とセンセーショナルな状況だと思う。
なので、私たちのとっては珍しいことではないけれども、南国の人にとっては
とっても素晴らしいことなんだ!こういった発想の転換をすることで、
これを観光地化することができる、ということ。
自分たちは嫌だな、と思っていることでも、他の人たちから見れば、
それはすごい特異な体験だったり珍しいことだったりするので、
それを逆に売ってみる、というのもひとつの観光地の作り方だと思います。




大泉敏郎さんの本

『私、B級観光地プロデューサーです!』

現在「ワニ・プラス」から発売中です。

どんな街も観光地になる!!
そのための見つけ方・伝え方、集客の仕方など
とっておきの方法が詰まった1冊です。



https://www.wani.co.jp/event.php?id=5856


https://www.travelzip.jp/