« 子どもたちと未来をつくる SDGs for School! | メイン | 今日はイーネゲストに、Lenny code fiction をお迎えました!! »

2017年12月 6日 (水)

LOVEな本で、クリスマスをSwitch!

水曜日限定コーナー「Switch!」shine
あなたの“心”や“カラダ”をスイッチしてくれるヒントを、
一緒にゲットしていきましょう!


12月のSwitch!は…
歌舞伎町ブックセンターです!!

Img_5176
ホスト店員がLOVEな本でお出迎え!という
この10月に新しくオープンした、ちょっと珍しい本屋さん。

Img_5193
歌舞伎町で、
ホストクラブやBAR、飲食、美容などのお店を経営している
「Smappa! Group」会長の手塚マキさん にお話を伺います!

Photo_5
歌舞伎町2丁目という、歌舞伎町の奥の方にある、通称「ホスト通り」
といわれている路面に面したオープンカフェのようなスペースの本屋さんです。
本がおよそ400種類しかなく、普通の書店と比べるとものすごく少ない。
本のセレクトショップみたいなイメージです。
この本屋さんでは「本」はもちろん、
本をツールとして介す「コミュニケーション」を売る、というのがコンセプト。

「ホスト書店員」と呼ばれる書店員が、
どんな本をお探しですか?どんな愛をお探しですか?
さらにお客さん同士が、僕、私もその本読みましたよ!というように声をかけたり、
そこでいろんなコミュニケーションが生まれる場です。


お店には、すべて「愛」をテーマにした本を揃えています。
「愛」を扱った理由は、ホスト書店員の中には、現役ホストもいます。
歌舞伎町というのは毎日愛が渦巻いている、まさに愛の迷路、愛のラビリンス、
単純にそこにあるものをそのまま置いただけ。
地のもの「愛」を扱っているのが歌舞伎町ブックセンター

Img_5177
その中でも「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOVE」を帯で色分けしています。
愛といっても、○○愛!と線引きをしないで、色として分けることで
その本が読んだことでどの色のジャンルに分けられるのか、そんなお話もしながら
コミュニケーションが生まれるための仕掛けになっています。


では、その中から!オーナーの手塚さんに代わって、
今日、私たちにスイッチ本を教えてくれるホスト書店員は…
寺田ユースケさんshine

Photo_6
昨年まで現役で働いていたという、
お店では愛されキャラクターの元ホスト!

そんな寺田さんが選ぶのは、

クリスマスに一人で部屋にいる人におすすめしたい。
雨宮まみ著『自信のない部屋へようこそ』

Img_5196
著者の雨宮まみさんが、女性らしい視点で自分の部屋や暮らしについて語る
エッセイです。これは、自分と自分の暮らしが好きになる本。

「部屋に一人でいることが孤独なのではない。一人の人間は、星座のように、
どこかで 見えるか見えないかの線でつながっていて、孤独を慰め合い、
見守り合い、互いの孤独 な戦いの美しさを、讃えあっているのである。」

どうしても一瞬は孤独になってしまう。その時はなんとか自分の力で
乗り越えないといけない。でもその乗り越えるパワーをくれているというのが、
友人だったり家族であったり大切な人であったり、今までお世話になった方々。
だから孤独のその一瞬というのは自分で解決しなければならないのだけれど、
その力をくれているのは、今まで出会ったみなさんです。
つまり、あなたは孤独ではない。誰かと繋がっているから安心してくださいね。

あなたは決して一人じゃないよ。
誰かが必ずあなたと繋がっているので、安心していきましょう。
僕もあなたと星座のように繋がっています。何かあればいつでも連絡をください!




もっといろんな「愛」がテーマの本を知りたい! という方は、
新宿・歌舞伎町にオープンした本屋さん、
歌舞伎町ブックセンターに注目!
JR新宿駅東口から歩いておよそ10分です。



歌舞伎町ブックセンター
https://ja-jp.facebook.com/KabukichoBookCenter/