« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

YES! For You 今回のテーマ「環境未来都市 横浜」

環境分野のエキスパートが登場。
毎週ラジオセミナーを開講する「YES! For You」!! 
今日は、横浜市 温暖化対策統括本部
環境未来都市 推進担当部長 秋元康幸さんが登場!!

Fullsizerender

 

環境未来都市 横浜について伺いました。

今年1年秋元さんから見た環境未来都市、横浜はどうでしたか?
私は今までも都市デザイン室とか郊外部の住宅地の街づくりなど環境未来都市と
関係のある仕事をやってきました。横浜は一言でいうとチャレンジし続けている街と
言っていいと思います。横浜は、開港以来、常に新しい時代の要請を率先して
取り組んできた先進的な都市だと思っています。地球温暖化対策でも、市民の方や
事業者の方たちと連携して取り組んでいます。また、3月まで私がやっていた
郊外住宅地の街づくりなどは子育てや超高齢化対策といった、日本の都市が
直面しているような課題解決に向けたチャレンジもしています。
これも環境未来都市の一環だと思っています。
環境未来都市について改めて教えてください。
環境未来都市は横浜として平成23年12月に国から選定されています。
「誰もが暮らしたいまち」「誰もが活力あるまち」の実現を目指して、環境だけでなく、
社会・経済の3つの側面から取組を推進してきました。環境未来都市は環境面での
都市づくりとよく誤解されてしまいます。環境だけでなく超高齢化といった社会問題も
合わせて解決していくそしてそれが経済的にも回っていく、これらを同時にやっていく
のが環境未来都市のコンセプトになっています。横浜では横浜スマートシティプロジェクトや
持続可能な住宅地モデルプロジェクト等、海外からも評価される先進的な取組を
進めてきました。横浜は開港以来、経済・文化の交流拠点として、多様性を
受け入れながら発展してきました。そのため都心部では歴史的建造物や
ウォーターフロントの美しい街並みや景観、多彩な文化芸術活動など、多様な魅力と
活力があります。また、郊外部では緑豊かな自然もあります。370万人の市民が生活し、
11万の事業者が活動を行っている大都市ですが  高い自治会加入率や、
数多くのNPOの活動が示すように、市民活動が非常に活発な都市です。




環境未来都市をこれからももっともっと進めていく上で市民の皆さんの支えが
大事な部分だと
思うのですが都市と人との関わりってどういった所でしょうか?
そもそも、都市とは人が集まって商売が生まれ、交流することで文化が生まれて
できてきました。人が集まると色んなトラブルもありますが人が集まっているからこそ
都市は発展してきています。そのため、まちづくりは、行政だけではできません。
そのエリアの住民の方、事業者の方の参加が不可欠です。自分たちのまちを知り、
その魅力と価値に一層磨きをかけて、役割分担をしながら課題を解決する、例えば
そんな持続可能な住宅地を実現する取組が、青葉区たまプラーザ駅などをはじめ、
市内各所で始まっています。
秋元さんは今年色々な都市や地域を訪問されたと伺ったんですけども
印象に残っている場所はありますか?
例えば、北海道の下川町は、東京23区とほぼ同等の面積のまちですが、
まちの90%を占める豊かな森林資源を生かし、収入を得て、森林で学び、遊び、
心身の健康を養い、木に包まれた心豊かな生活をおくるそれを新しい技術を入れて
実現していくそんな町の構築を掲げています。下川町も環境未来都市として国に
選定されています。
ということは横浜と相通ずる部分があったり、学びも多くありそうなお話ですよね。



今後の都市にとって秋元さんは何が必要だと思われますか?
まず、その都市の歴史性や地域性など、その都市が独自に持っているものを
大切にすることが最初に必要だと思ってます。2番目に、市民の方、事業者の方、
または大学の先生方など、多様な人達と連携して取組みを進めていくことが大切です。
その中で、グローバルな視点も入れて、新しいことにチャレンジしていくことでしょうか。
将来的に横浜はどんな風に変わっていくのが理想的でしょうか。
横浜は変えていくところと、変えてはいけないところがあると思っています。
横浜らしい港町としての景観、郊外部の素敵な住宅地、豊富な緑などは、
変えてはいけないと思います。でも、全地球的な課題である環境問題については
地球にやさしい都市に変えていかないといけません。新しい技術も採用して
都市の住まい方を考えて都市の在り方を変えていかなければいけないと思っています。





…と、お話してくださいました!




⇒ 放送を聴き逃し方!このリンクをクリックで聴けます♪

今日のFreeStylerでは、Droogをスピン!!

E-ne! FRIDAY EDITION


今日はゲストに Droog から
カタヤマヒロキさん 荒金祐太朗さん をお迎えしました!

Img_2463

Droogは幼稚園から幼なじみ!大分県出身の4人組バンド。
(Ba.多田拓斗さん、Dr.右田智弘さん)

カタヤマヒロキさんは、以前ZiNEZもDJを担当していた、
毎週金曜夜10時からのプログラム「W・A・N・T」の卒業生!

懐かしのW・A・N・T…カタヤマさんは
初めての生放送DJを担当して、ライブMCで
たくさんしゃべることができるようになったんだとか。


そんなDroogですが、先週12月21日に
NEWミニアルバム『Monochrome』をリリース!

51gpmdfyvdl

イメージカラーは青。モノクロの上に、青。
全体的に冬っぽくまとまった、という印象なんだそう。
新曲4曲と、前作「命題」から2曲をアレンジ、再録音で全6曲収録!
サウンドプロデューサーは、元JUDY AND MARYの恩田快人さん!
荒金さんはジュディマリの大ファン!ということで…
レコーディングではメンバーの楽器を使わせていただいたり…
嬉しくて緊張して大変だったそうですよ。



2017年はバッキバキにライブばっかしますよ!!というDroog
さっそく明日、ライブがあるんです。

"Zher the ZOO YOYOGI COUNT DOWN LIVE??
Good-Bye 2016/ Hello 2017?"
日程 : 12月31日(日) 夜7時30分スタート
会場 : 代々木Zher the ZOO

Good bye 2016 〜A Happy New Year 2017〜
『道玄坂異種格闘技戦 vol.90』
日程 : 12月31日(日) Droogの出番は、午後5時10分スタート
会場 : 渋谷La.mama

九代目梅雨将軍2man series FINAL!
「最後の将軍」 ※ツーマン
日程 : 1月15日(日) 夜7時スタート
会場 : 池袋Adm

QOOLAND&Droogダブルリリースツアー
「レッツゴークレイジー!」 ※ツーマン
日程 : 2月21日(日) 夜6時30分スタート
会場 : 渋谷club asia



最新情報や、その他詳細はDroogのオフィシャルサイトをチェック!

Droog オフィシャルサイト




2016年12月29日 (木)

LIGHT UP KANAGAWA 第252回

Fullsizerender

毎週木曜日のこの時間、神奈川県知事 黒岩祐治さんをお迎えして、
神奈川県のこと、そして知事のプライベートなことまで、
様々なお話を伺っている「LIGHT UP KANAGAWA」

今日は、「知事にとっての2016年」を振り返っていただきました。



神奈川県庁ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/


このコーナーでは、皆さんからのメッセージを募集しています!!
知事へのメッセージは、下記アドレスまで!
light@fmyokohama.co.jp

あなたのご意見、ご質問など、お持ちしています!

☆黒岩知事がセレクトした、今日の一曲☆
「アメリカ/『ウエスト・サイドストーリー』より

WOX UP!! E-ne! Challenge


WOX UP!! E-ne! Challenge



日々、チャレンジを続けるアスリートや、そのアスリートを支える方々を始め、
様々な分野で健康に活躍している方々のお話をお届けします。


今日お迎えするのは、先週に引き続き、
リオパラリンピック、 陸上 日本代表の中西麻耶さん

Img_2951

義足のスプリンターとして、2008年に北京パラリンピック、
2012年にロンドンパラリンピックに出場。そして今年、
2016年には、リオデジャネイロパラリンピックで4位入賞も果たした中西さん。

今日は、一時は引退を決意するほど落ち込んでいたという中西さんを
奮い立たせたアメリカのライバルたちの言葉、
そして中西選手にとって挑戦することについて、伺いました。




高濃度酸素リキッドWOX-ウォックス-
http://woxo2.jp/

2016年12月28日 (水)

ミワンダフルのベストコスメ2016!!

水曜日限定コーナー「Switch!」shine

あなたの心やカラダをスイッチしてくれるヒントを、様々な専門家の方に伺っていきます!


今日、私たちにヒントをくれたSwitch アドバイザーは、
メイクで世界中を笑顔に!メイク×LIVEエンターテイメント
ミワンダフルさんshine

20160616_21258

ミワンダフルさんは、メイクで旅する「メイクアップツアー」という活動をしています!
アジアからヨーロッパなど全世界を、オリジナルのピンクのフレームと、
メイクボックスを担いでメイクをしていますrougeshine


2016年を振り返ると…
夏フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で100人メイク!
ロサンゼルスでのリベンジ!北京でのイベント!
11月東京初ワンマンショー『ミワンダフルのメイクアップレストラン』
などの他、メイクの技術・知識はもちろん、発声・ダンス・ジムに通っての筋トレに料理!
内面からチャレンジして努力をした結果、ミワンダフルの基礎を作ることができた
1年だった、とのこと。


そんなミワンダフルさんにお聞きしました!


ミワンダフルのベストコスメ2016!!kissmarkshine

2016年使って本当によかった!年末、新しい年を迎える前にチェックして欲しい!


メイベリンニューヨーク「ピュアミネラル BB フレッシュクッション」

Img_8741

⇒ベージュが強いので、日本人の肌になじみやすい。
 つける時は、スポンジにとったら、全体にポンポン。
 まずはスライド→上下に叩き込む。ムラが気になったら指を使ってなじませる。
 パウダーファンで要らずこれだけでマシュマロ肌!
 「ナチュラルベージュ01」がおすすめ色。
https://www.maybelline.co.jp/face/bb-and-cc-creams/puremineral-bb-fresh-cushion/4936968666537



スウィーツスウィーツ「プレミアムショコラチークス」

Img_8740

⇒ハイライトも入っているので、簡単に奥行のある立体感チークができる。
 3色ブレンドすればほんわり、1色でしっかり。チーク初心者でも簡単に
 ほんわりチークが再現できる。付属のブラシも本格的で使いやすい!
http://www.sweets-sweets.com/menu/premium-cheeks.html


ラブチュール「ピュアリキッドルージュ」

Img_8739

⇒ぽてっとした石原さとみさんのようなリップが1本で再現できる!
 お値段1000円お手頃価格!お正月・成人式にも「色っぽリップ」がぴったり!
http://www.bcl-brand.jp/product/product-3120/



「ローヤルプチアイム」
⇒人工的に皮膚を作って二重にできる液体。二重がぜんぜん変わる!!
 じわじわと人気が出てきている商品。下を向いても瞬きをしても自然。
 重くない、突っ張らない、長持ちする!シールやアイプチで悩んでいる方、ぜひ!
http://www.royalkaken.jp/fs/eyem/double/gd5








次はあなたの番ですよ~!

新たなスマイルに出会うため、只今ミワンダフルのメイクアトリエに
スペシャルご招待企画進行中!shine

とっておきのメイクアップアドバイスに、コスメのお土産ももらえちゃう!
あなたも一緒にキラキラ女子に変身してみませんか?

Img_2453

神奈川県に在住・在勤・在学の女性であれば、誰でもエントリーOK!
未成年の方は、保護者同伴でお願い致します。
神保町にある、ミワンダフルのメイクアップアトリエにご招待します。

参加ご希望のイーネリスナーズは、
info_msp@bascule.co.jp まで!

お名前(フルネーム)・年齢・ご住所・電話番号など連絡先を忘れずに、
キラキラ女子になりたい!shineと書いてエントリーしてください!!

お時間やアトリエの住所などの詳細は、
当選者のイーネリスナーズにスタッフからご連絡致します。
たくさんのエントリー、お待ちしています!!


その他、詳しい今後の情報は、「ミワンダフル」で、検索!
FaceBookやtwitterに飛ぶことができます!
メイクのお悩みや相談も送ってくださいね!


ミワンダフル オフィシャルサイト




体験!原価0円の暮らし!!

今日のエシコンでピックアップしたのは…

体験!原価0円の暮らし!!riceballshine


エコストーブde羽釜ごはんプロジェクト
代表 佐藤健さん、
梅原昭子さん、藤井優子さん にお話を伺いました。

Fullsizerender

代表の佐藤さんには、去年の終わりに、
「エコストープde羽釜ごはんプロジェクト」について
インタビューでご登場いただきました。
以前「エシコン」でご紹介したときは、川崎市多摩区を中心に活動されているという
お話でしたが、この一年で、活動の場が広がったそうです。



美味しい炊きたてのご飯で広がる、みなさんの活動ですが、
来年1月には、素敵なゲストをお迎えしてのイベントが予定されています。

15219486_723663977797339_2610881344

講師の和田芳治さんのプロフィールに書かれている「過疎を逆手にとる会」や、
「金よりも大切なものがある」と里山の暮らしの楽しさと豊かさを提案されている…
当日は、和田さんの講演の他に、体験として「0円の暮らし」が予定されているそう。



みんなで美味しいご飯を囲んで、繋がるフォーラム
「里山を食いものにしよう」を考える!体験型交流フォーラム」は、
来年1月28日土曜日 午前10時30分から、
川崎市多摩区 小田急線「読売ランド前」駅そばの「カフェ・ド・シュロ」で開催されます。






エコストープde羽釜ごはんプロジェクト
https://ecostove-project.jimdo.com/




2016年12月27日 (火)

今日のイーネゲスト!全世界の妹!!辻詩音さんが生登場!

今日はイーネゲストに、
辻詩音さん をお迎えしました!!

Photo_4

イーネに登場はおよそ2年振り!
今日はモテる女の証ともいえる“30デニール”のタイツを
眩しいくらいに着こなして来てくれたしおんぬ!!

「全世界の妹」に代わるキャッチフレーズを考えて欲しい!
いつまでみんなの妹でいられるかな??ということですが……

苦さのあとにやってくる甘味がいい!生ビール大好き!
おつまみは「たこわさ」が好き!
…すっかり大人の味わい方ですが、イーネではいつまでも「全世界の妹です」笑



そんなしおんぬは、
先週!12月21日に、6年振りとなる
NEWアルバム『oh! MY MISTAKES』をリリース!

61ijpvk8psl

新しい曲を聞かせたい。
今までは、うまくいかないことは自分の周りの環境の所為にしていた。
でもそのうまくいかないことの始まりは自分。
だったらそれをいい方向に変えることもできるのも、自分!
自分のMISTAKESを笑うこと、私の愛すべき間違いたち!

ライナーノーツの歌詞は、しおんぬの手書き。
アーティスト写真、ジャケット写真では
21歳現役大学生カメラマン「Sayuri Murooka」
カリフォルニア出身18歳アーティスト「Abby Phillips」
2人の若手女性アーティストと初コラボ!

新しさがたくさん詰まった1枚になっています。
今日はその中から「おばけは怖くない」を弾き語りで聴かせてくれました!



NEWアルバム『oh! MY MISTAKES』をチェックしたら!
次は、しおんぬの歌声・サウンドを生で聴きたい!

辻詩音Birthday&Album発売記念LIVE
 「OH!MY GREAT MISTAKES!」
日程 : 来年!1月10日(火) 夜7時30分スタート
会場 : Shibuya duo MUSIC EXCHANGE


1月28日(土)には、マリンタワーで開催の
TOWER OF MUSICへの出演も決定しています!


最新情報やその他詳細は、オフィシャルサイトをチェック!!

辻詩音 オフィシャルサイト


ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜


「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットや、
緑化活動などを紹介していきます。


今日お話を伺うのは、横浜市環境創造局
みどりアップ推進担当理事 上原啓史さんです。

20161220_16_44_32

主な取り組みとして、よこはまフェアの2つの会場、
「みなとガーデン」と「里山ガーデン」の公園の整備を行っている、横浜市環境創造局。

気が付けば開催まであと3か月程ということで、
今日は、これまで発表されてきた、2つの会場の主な見所について伺いました。



bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2016年12月26日 (月)

「Editor's Choice」は、「プレジデントウーマン」編集部の戌亥さんに聞く"運とツキが手に入る、捨て連!!"

毎週月曜日、この時間は「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今週お話をお聞きしたのは、
「プレジデントウーマン」編集部の戌亥()()()さんshine

Photo_3

2015年6月に創刊した、女性向けビジネス情報誌。
ワーキングマザーからシングルの方、ディンクス(共働きで子供を持たない)の方、
しっかりと自分の先を見据えて、仕事を続けたい、人生を謳歌したい、役職も目指したい…
そんな働くすべての女性を応援する雑誌です。

現在発売中の1月号で、戌亥さんがご担当された特集が
運とツキが手に入る"捨て連"開運ブック2017fujishine

不用品を不要と認識して、捨てる練習を始めよう!略して…捨て練shine
物は、自分が意識しないと増え続けます。
仕事場のデスクが汚くて、資料が見つけられない!そんな人は、
パッと答えたくても、資料を探しているうちに人を待たせてしまったり…
運が逃げていく恐れも。。

また「問題を先送りにしてしまう」、「タダの物はとりあえず貰ってしまう」、
「気付けば探し物をしている」…こういう人も運を逃しているので、要注意thunder


戌亥さんのアドバイスは…

flair小さいところから始めるのがポイント!

いきなりクローゼットから片づけ始めると、完璧主義の人は何日もかかって挫折する!
はじめやすいのは、「お財布」から!
不要なレシート・使っていない割引券などは、一回捨ててもまた溜まる。
“いる量だけ持つ”という決断が大切。
判断をして、決断をして、それをキープする力…それが捨てる達人への道になります。



flair
一日一個、何かを捨てる!これが練習になる。

溜めこむ人は、捨てられない人なので、2つあったらどっちを捨てようかと考えてしまう!
一個いらない物を見つけて捨てる方が、単純・簡単!
一分以内で判断も付きやすいので、一個からスタートしましょう。
いらないと思ったら、すぐに処分。
ゴミをゴミと認識する事、何も置かないスペースを徐々に広げていくこと、
これを繰り返していくと、捨てることが楽しくなってきます!



そして、戌亥さんから最後のメッセージです!!

「やはり運を呼び込むというのは、自分の身の回りを整えていくことに繋がりますので、
是非、「一日一個」からスタートして、皆さんも“捨てられる体質”を掴み、
どんどん運を掴んで行ってください!」



「プレジデントウーマン」 1月号は、税込み650円で発売中!


プレジデントウーマン公式HP

2016年12月23日 (金)

YES! For You 今回のテーマ「持続可能な水産業②」

環境分野のエキスパートが登場。
毎週ラジオセミナーを開講する「YES! For You」!! 
今日は、Impact HUB Tokyoの岩井美咲さん
WWFジャパンの山内愛子さんが登場!!

Img_1068


先週に引き続き、持続可能な水産業について、お伺いしました。




今回この「OCEANチャレンジプログラム」を企画されたのには
どんなキッカケがあったのでしょうか?
海の保全ですとか持続可能な水産業の言葉の裏には様々な課題が見え隠れしている
と思っていて、その中には漁業・水産業従事者の方の収益の減少だったりとか
後継者不足、漁獲量の減少っていう問題が挙げられるんですけどもその一つ一つの
課題に別々に取り組むのではなくって少し距離を置いて離れてみた時に、
実はその問題って一つ一つ繋がっているんじゃないかなと思ってます。
そこから現在それらの課題に取り組むような人々が様々な見地から解決をしようと
していて、そのような中小規模の事業者さんの支援を行いたいということで
今回の企画まで漕ぎつけてます。


お互いのこうありたいというものが一致した結果ってことですよね。
実際最初にWWFのヨーロッパの担当者からImpact HUBさんを紹介してもらって
実はこういう取り組みをスイスであったりブラジルでやっているんだよ、ということを聞いて
それはすごく面白いと思って日本でも何かできないかなと思ったのが最初のキッカケ
だったんですね。で、岩井さんをはじめImpact HUBさんにお会いして話してみた所
本当に真面目にこれはどうでしょうか、ああでしょうかという話の中ではなくてお互いに
盛り上がる感じでこうやったら面白いんじゃないか、こうやったらできるんじゃないか
みたいにポンポンポンとプログラムの形が出来ていったというのがテンポが早かったですね。


最初に会ってから「OCEANチャレンジプログラム」を立ち上げるまでど
れくらの期間だったのですか?

夏ぐらいにお会いしてそのままやりましょうという形でお返事を頂いて
企画もかなりスムーズにいきました。
お互いにお互いの分野で活動してきた経験であったりとかが化学変化ではないですが
うまくそこに形が見えたことがお互いにあったんじゃないかなと思います。



「OCEANチャレンジプログラム」でWWFジャパンは
どういった関わり方をされるんのでしょうか?

色々と取り組まれてる方の中にも本当にその取り組みが将来の世代に渡って
環境保全に繋がってるのかとか、持続可能な水産業の推進に繋がっているのか
ということを確認されたりしたいってことはあると思うんですね。そういった意味で
WWFからは海洋保全であったり持続可能な水産業に関する最新の情報提供と
どういった風に彼らの成果をはかっていけば良いかという所のアドバイスを
僭越ながらさせて頂ければと思っています。

Impact HUB Tokyoはいかがですか?
Impact HUB Tokyoとしては主にプログラム全体の構成を考える部分ですとか
あとはファシリテーターということでプログラムの進行を主にやっていくことになります。
今回のプログラム自体はそれぞれが講習を受ける形で学ぶのではなくて、
参加された方々のチームラーニングによってやっていくので、そのチームラーニングや
お互いの対話を促進したり私達がすでに持っているImpact HUB Tokyoの
コミュニティと外部の専門家の方に繋ぐことによって、起業に関するノウハウを
提供していくってことをしていきます。



7日間のプログラムということですけどプログラム自体はどういう流れで
7日間過ぎていくんでしょうか。

全体7日間ですけどそれが3つのワークショップに分かれている形になっていまして、
最初のワークショップが3日間、次に2日間、最後に2日間という形になっているのですが
その中では色々な事業を立ち上げることへのノウハウを皆さんに学んで頂いたりとか、
外部の専門家を混ぜてアドバイスをチームごとに頂いたりということもありますし、
最終日には外部のメディアの方々だったりとか将来的にサポーターになってくれるような
人との出会いの機会としてピッチイベントということで事業計画案の発表会というのを
設けようと思ってます。


ということはそこでマッチングが上手く行けば今回のこのWWFジャパンと
Impact HUB Tokyoがあっと
言う間に夏からここまで来たように
パパッと事が実現していく可能性もあるってことですよね。

そうなるといいなと思ってます。



…と、お話してくださいました!



Ocean チャレンジプログラムは現在参加者を募集しています。
応募の締め切りは来年1月8日ですが、オンラインでの事前説明会が1月6日にあります。
詳しくはOceanチャレンジプログラムのHPまで。

http://www.team360.impacthub.tokyo/




⇒ 放送を聴き逃し方!このリンクをクリックで聴けます♪