2016年12月 7日 (水)

イライラの、解決Switch!

水曜日限定コーナー「Switch!」shine
あなたの“心”や“カラダ”をスイッチしてくれるヒントを、一緒にゲットしていきましょう!


年末、楽しく過ごしながらも、慌ただしく、ちょっとイライラしちゃっている…
そんな方もいるかもしれない2016年最後の月、12月のアドバイザーは!

医学博士の 加藤俊徳さんflairannoyshinesign02

Fullsizerender

「加藤プラチナクリニック」院長で、株式会社「脳の学校」代表をされている加藤さん。
脳の研究に従事され、胎児から超高齢者まで、1万人以上のMRI脳画像とともに、
その人それぞれの生き方を分析され、ビジネス能力診断、発達障害や
認知症の診断と予防医療なども実践されています。

「脳」とは…
いろんな細胞がいっぱい詰まったところ。私たちの人生を記憶するのが、
脳そのものの働き。実は、脳の細胞というのは経験によってつくられていく。だから
経験を積めば積むほど、いくつになっても私たちの脳は成長し伸びていく。
78歳を超えると認知症の発症率が増えてくるが、どんな人にも認知症になる可能性はある。
一方で、どんな人も脳を伸ばせる。脳を伸ばしている人は、認知症になりにくい。
なので最近は、認知症になりにくい脳をつくるために、どんどん脳を成長させよう、
というのが、僕たちがやっている活動です。


そんな脳についての書籍をこれまでに何冊も書かれている加藤さんが、
10月に発売されたのが、『脳が知っている 怒らないコツ』

Photo_2

そもそもなぜ人は「怒る」のかというと…
簡単に言うと「怒る」というのは、“何もわからくなっていることのサイン”。
「あなたのことがわかりません!」「私の脳はうまく理解できない!わからない!」
というサインが怒ること。なので、怒ったら、あるいは怒りたくなったら自分の脳の働きが
悪くなっている、自分の脳は困っている、というのを自覚すると、対処法がすごくうまくいく。


では、その対処法とは!

とにかく慌ただしく活動したり、忙しくなるといちいtひとつひとつの事を理解している
時間が少ない。そうした時に怒りやすくなるのですが…
究極の対処法は、「鼻の頭を見て、ゆっくり呼吸すること」!!

これによって外側の情報が遮断されて、自分の内側に脳が意識されるので、
その瞬間ゆっくり呼吸することによって、ますます怒りが収まってくる。
呼吸の仕方もゆっくり長く吐くことによって、絶対に怒ることができない。
あるいは「床に大の字に仰向けになって寝る」!そうすれば絶対に怒らない。
できるだけリラックスする方向に行くことが大切。


怒りがこみ上げることは、ひとつの脳のサイン。でもそれを外側に出すことによって、
得をすることはほとんどない。ただ、そういう怒りを自分で発見することによって、
人生をいい方向に転換するチャンスだと思えばいい。怒りたくなる瞬間というのは、
自分が本気になる場面。この本気になる場面というのはいつ何時でもやじろべえ
みたいな状態で、失敗すればみんなに迷惑をかけ自分も損失を受ける。
でもそれをうまく対処すれば、自分と相手との関係がすごくうまくする、という岐路に立った
時に怒りは出てくる。なので、怒りの原因にすぐ気付く、というのが大切だと思いますね。



もっと脳と怒りの関係について知りたい!来週まで待てない!というみなさん!
現在、かんき出版から発売中の加藤俊徳さんの本
『脳が知っている 怒らないコツ』をぜひ読んでみてください!
1万人の脳画像を見続けてわかった、イライラを脳から消す方法、
だれでもカンタンにできる、感情をコントロールするコツが、紹介されています。



さて、来週の「怒らない」スイッチは…

「怒らない人の秘密」に迫ります!!




「脳の学校」オフィシャルサイト
https://www.nonogakko.com/index.html



未来の子どもたちを守る家!

今日のエシコンでピックアップしたのは…


未来の子どもたちを守る家!househeart04shine

先進国と発展途上国を合わせた190カ国以上が参加し、国際協力で
温室効果ガス削減を進める地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」が
先月、発効された今、快適に過ごせる家が、ググッと、増えてきそうです!


一般社団法人 JBN ZEH委員会 委員長で、
エコワークス株式会社 代表取締役社長 小山貴史さん にお伺いしました。

Photo_3

小山さんは、先月、創樹社から
『未来の子どもたちを守る家 ゼロ炭素社会の住まいづくり』
という本を出されました。

Photo_4

これまで「E-ne!」では、将来の住まいづくりについて、様々な取り組みを
ご紹介してきたのですが、小山さんは、先月発効された「パリ協定」を受けての
住まいづくりについて、そして、近年の日本における様々な現象などを例として
あげながら、とてもわかりやすく 解説されています。



まずは、今回の「パリ協定」と住まいづくりを考えた時の3つのポイント。

①産業革命前と比べて世界の平均気温の上昇を2度未満に抑える。
②今世紀後半に人為的な温暖化ガスの実質排出ゼロを目指す。
③各国は温室効果ガスの削減目標を設定し、5年毎に検証して見直す。

要は、化石燃料はもう燃やせない、
そして、まもなくゼロ炭素社会がやってくるということなのです。
日本は、今回の「パリ協定」に「2030年までに2013年と比べて26パーセント、
2050年では、80パーセント削減」としていますが、かなり難しいのではないかと
言われていますが、これを住宅で考えたとき、一度建てた住宅は、およそ70年は
持つと言われていますから、今建てる住宅は、未来基準にしていく必要があるということです。


では、2050年の未来基準とは、どんな家なのか。

ゼロ炭素社会を目指しての住宅なので、アルファベットで、Z E Hの
「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」、通称「ゼッチ」です。
これは、設計上の試算において年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロになる住宅です。
正味ゼロというのは、全くエネルギーを消費しないのではなく、年間に使う分を太陽光発電
など自宅で創る再生可能エネルギーで補って差し引きした時に、使うエネルギーより創る
エネルギーが多くなると試算される住宅を意味します。


ZHEの住宅とは、どんな住宅なのでしょうか?

高断熱、省エネ設備、太陽光発電で収支ゼロエネルギーの家ですが、
中でも大切なのは、高断熱です。



もう一つ、住宅に関してぜひ選んで欲しいポイント。「長期優良住宅」

住宅は年数が経つことで、資産価値が下がっていきますが、これまでの日本の
住宅において20年で価値が0となってしまう家が多かったのですが、それでは、
スクラップ・アンド・ビルドで、CO2排出量が多く、「パリ協定」が目指す数値に
近づくことはできません。そこで、国が2009年に制度として取り組み始めたのが、
長期優良制度です。この制度で注目されているのは、耐震性、耐久性、省エネ対策、
維持管理と更新の容易性です。こちらも、色々と打ち出している会社があるので、
どんなところがポイントなのかは、ぜひ本を読んで欲しいのですが、
地震大国の日本だけに、耐震性を考えても覚えておいて欲しいキーワードですね。


小山さんの著書 
『未来の子どもたちを守る家 ゼロ炭素社会の住まいづくり』
は、創樹社から出版されています。
ぜひ、手に取って読んでみてください。



創樹社『未来の子どもたちを守る家 ゼロ炭素社会の住まいづくり』
http://www.sohjusha.co.jp/shop/books/book/post_27.html

エコワークス株式会社
http://www.eco-works.jp/

小山さんが代表を務めるエコワークスでは、九州で年間50軒程手がけられていますが、
ZEH・ゼロエネルギーハウスについては、おととしは、1~2割、
去年は、半分、そしてZEH元年と言われる今年は、8割くらいはZEHの住宅と
なっているそうです、さらに、長期優良住宅に関しては、今では、
100%長期優良住宅の認定を取得して、お客様に提供されています。



2016年12月 6日 (火)

今日のイーネゲスト!二胡奏者の渡里文恵さんが生演奏!!

今日はイーネゲストに、
中国民族楽器「二胡」奏者 渡里文恵さん をお迎えしました!!

Photo_2

小学校時代を北京で過ごし、学生時代は、
フェリス女学院中学校・高等学校、横浜国立大学をご卒業。
「二胡」の更に深い習得を目指し、2001年北京中央音楽学院に留学。
その後中国の上海音楽学院で2年間学び、更に南京師範大学音楽学院で
修士課程に進み、二胡演奏法と指導法を研究、2006年修士号を取得し、帰国。
在学中にコンクールで受賞もされ、帰国後は演奏活動を続けながら、
二胡指導にも力を注がれています。



二胡との出会いは、北京の小学校の学芸会で、
「なんだろう?」と興味を持ったのがきっかけ。
弾いてみたいなぁ、と思ってはいたものの、子どもながらに言い出せず…
日本に帰ってきて、石川町で「二胡」のポスターが!
幼い頃からずっと心に秘めていた弾きたい!という思いを中華街でぶつけて
改めて、習い始めたんだそうですよ。


「二胡」は中国語で“アルフー”。
中国ではとてもポピュラーで庶民的、親しみやすい楽器です。
歴史は100年程ですが、人々の生活にとても侵透しているそう。
弦は2本でつながっている。軽くて小さいので、気軽に持ち運べるのも特徴的。
その音色は“人の声に近い音”と呼ばれているんだとか。


今日はスタジオでも、
「草原情歌」を含む楽曲「草原の歌」を生演奏してくださいました!

Photo_3

もっと渡里さんの奏でる二胡の音色が聴きたい!!というみなさん、
来週末、鶴見区でのコンサートが迫ってきています!


渡里文恵 二胡(アルフー) White Note Concert
日程 : 来週末!12月16日(金) 夜7時スタート
会場 : 横浜市鶴見区民文化センター(サルビアホール) 音楽ホール
チケット: 前売:一般¥4,000、当日:一般¥4,500

お問い合わせは、株式会社和ノ華 090-1809-0169まで。



ガーデンネックレス横浜

毎週火曜日のこの時間は、ガーデンネックレス横浜


「美しい花と緑豊かなまち」横浜の魅力あふれるスポットや、
緑化活動などを紹介していきます。


今日お話を伺うのは、第33回全国都市緑化よこはまフェア実行委員会の
構成団体である、公益社団法人 日本家庭園芸普及協会
広報委員 清水俊英さんです。

20161201_16_44_38

今日は、日本家庭園芸 普及協会の主な活動について、お伺いしました。



日本家庭園芸 普及協会
http://www.kateiengei.or.jp/



bud第33回全国都市緑化よこはまフェアtuliphttp://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/ryokkafair/

2016年12月 5日 (月)

今日はイーネゲストに、 女優、歌手としてご活躍中の純名里沙さんをお迎えしました!!

今日はイーネゲストに、
女優、歌手としてご活躍中の純名里沙さんをお迎えしましたshine

20161205

1990年、宝塚歌劇団に入団。
在団中にNHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」に主演、
主題歌も担当され、宝塚を退団後も、歌手として、オーケストラ・アンサンブル金沢や、
日本フィルハーモニー交響楽団など、多数のオーケストラと共演を重ね、
女優、そして歌手として、幅広い活躍を続けておられます。

先月11月28日で、芸能活動20周年を迎えた純名さんshine
20周年を迎える日の前日から、お友達のお誘いで、
和歌山県の“那智()の滝”や熊野(古道)を、5時間かけて歩き“熊野大社”にも行かれたそう!
足がガクガクするくらいの道のりでしたが、とっても楽しかった!と、とてもアクティブな純名さん。

山歩き&登りや、温泉が大好き!ということで、ミツミンと意気投合goodheart02
美しくて清楚で、しかも憧れてしまうようなかっこよさのオーラもあって、
とっても素敵な方でした…shine

そして歌声もさらに聴いて、皆でうっとりしましょう!!

純名里沙 Christmas Night 2016 
 with 笹子(ささご)重治(しげはる) & Special Guest 村上ゆき

日時:12月8日(木)
会場:Motion Blue YOKOHAMA
開場:夜6時 / 開演:夜7時30分 ※1ステージ公演(途中休憩あり)
ミュージックチャージ:自由席¥6,000、
BOX席¥24,000+シートチャージ¥6,000  *4名様までご利用可能

その他、最新情報について、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてください!

 

そして、今回!
お聴きのイーネリスナーの皆様だけ、特別に!!
2組4名様 を「純名里沙 Christmas Night 2016」にご招待します!

ご当選されたのは…

RN:鶴見区 だまだん
RN:東京都 幸之助さん

おめでとうございます!!


★純名里沙 Christmas Night 2016 サイト

★純名里沙 公式HP

「ソトコト」の指出編集長をスタジオにお招きして、ご自身初の書籍「ぼくらは地方で幸せを見つける」についてお話をお聞きしました!

毎週月曜日、この時間は「Editor's Choice」!
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドア…などなど
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。

今日は、ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」
指出一正編集長をスタジオにお招きして、お話をお伺いしました!

1205
なんと今週 8日木曜日に、
ご自身始めての書籍「ぼくらは地方で幸せを見つける」が出版されますshine

全国各地の“ローカルヒーロー”たちが、地域の為に取り組む姿が、たくさん紹介されています!
今、本当に20代から30代の若い人たちが「面白い暮らし」を求めて、
それを実現するために、地域へ移住し、仲間や家族・コミュニティを作っているという、
すてきなローカルヒーローたちが沢山いらっしゃいました!!

移住…とまではいかないにしても、
何か地域とかかわりを持ちたいと思っているかた、それだけでもいいんです。
先ずは、関東で仕事をしながらSNSなどを使って故郷に触れてみたり、
週末に地域へ行き、イベントに参加したりするのも"関わる事"になると、
指出さんは言います。


エキストラや俳優ではない、地域に住むおばあちゃん・おじいちゃんたち達と一緒に、
ご飯を食べたり、農業に取り組んだり…都会では感じる事の出来ない思いに気付くはずです。

Photo_3
ぜひ、ポプラ社から8日に発売されます、
ぼくらは地方で幸せを見つける ソトコト流ローカル再生論
を手に取ってみて下さい!!


そして、なんと本日5日は「ソトコト」1月号が発売されました!!

1

本日、12月5日(月)に発売された、ソトコトの1月号!
特集は「日本の地方に住んでみる 2017」です。

是非、チェックしてみてくださいね!


ソトコトHP

2016年12月 2日 (金)

YES! For You 今回のテーマ「VPP(仮想発電所)」

環境分野のエキスパートが登場。
毎週ラジオセミナーを開講する「YES! For You」!! 
今日は、株式会社東芝 エネルギーシステムソリューション社
ソリューション&サービス事業部 エネルギーIOT事業開発部
参事の島岡厚一さんと、販売主任の金子沙織さんが登場!!



バーチャルパワープラント、仮想発電所について、
お伺いしました。



仮想の発電所「VPP(バーチャルパワープラント)」とは、
どんなシステムなのか教えて下さい。
これまでの電気は、実際の発電所で発電して、送電線や電線を通じて、企業や家庭に
供給されていました。電気の利用者は何の心配もなく、スイッチをつけて電気を使って
いたわけです。また、電力の特性として、発電分と使用量が同量でないと停電を
起こしたりするので、電力会社が使用量に合うように発電を調整してくれていたわけです。
つまり、供給量も、バランスをとる作業も、全面的に実際の電力会社に頼っていたことに
なります。しかし、電力が足りなくなったとき、電力が余ったとき、使用者側で調整しても
よいのではないか?もっと利用者側の電源を使ったほうが良いのではないか。
利用者側の節電や太陽光などの発電、蓄電池、燃料電池、ガス発電、将来的には
電気自動車に貯めた電気など、もっともっと様々な電気を使ったほうが、効率が
良いのではないか?エコなのではないか?という考え方が出てきました。これらの
小さな電気を束ねることで、大きな電気として全体の効率に使おうという発想から、
実際の発電所ではないですが、小さな電気をまとめた
「仮想発電所」(VPPと言うのですが)が考えられました。




どのような経緯でここまでに至ったのでしょうか?
2010年 横浜スマートシティプロジェクトが開始されました。YSCPと呼んでいますが。
横浜市温暖化対策本部のリーダシップの基、東芝等35社、16のプロジェクトで
5年にわたり様々な実験を行ってきました。家庭のエネルギーを効率的に使う為のHEMS、
ビル・工場のエネルギーを効率的に使う為のBEMSなどに加えて、日本全体で電気が
足りなくなったとき、電力会社の中央から「節電依頼」を出して、様算な手法を使って
「節電」を一斉に行う「デマンドレスポンス」という実験も行いました。
横浜市様でも4200件の皆様に節電の協力を頂き、デマンドレスポンスで15%~20%の
節電実績を得られました。来年の春よりこのデマンドレスポンスをビル・工場向けに
発行されるようになり、YSCPの成果も加えて発電の一部代用として節電の仕組みが
加わることになります。家庭向けはもう少し先ですが、まずは企業側から需要家側に
存在する電力を活用しようということが開始されるわけです。



日本初のモデルとなりますと、様々な大変な事があったのでは?
島岡 来年から開始されるのはまだ企業に設置済みの発電機や節電の取組ですが、
更にもう少し中小規模の蓄電池をたくさん束ねれば、もっと効率的に社会全体の
エネルギーマネジメントができるのではないかというのが、今回の「公民連携の
バーチャルパワープラント」の取組です。単なる電力共有モデルから、万一の時には
防災にも使える蓄電池を多数設置して、電力が余っているときには貯める、電力が
足りないときには放出するということをパイロット実証で試しましょうということの意義を、
賛同いただき、横浜市様、東京電力エナジーパートナー様と今回の事業に
取り組むことになりました。

日本で初めての取り組みということで横浜市様、東京電力エナジーパートナー様とは
毎日のようにやり取りを行いながら進めています。日々、様々な課題が発生しますので
その解決に向けて3社がそれぞれ努力をしています。





…と、お話してくださいました!




⇒ 放送を聴き逃し方!このリンクをクリックで聴けます♪

2016年12月 1日 (木)

LIGHT UP KANAGAWA 第248回

Fullsizerender

毎週木曜日のこの時間、神奈川県知事 黒岩祐治さんをお迎えして、
神奈川県のこと、そして知事のプライベートなことまで、
様々なお話を伺っている「LIGHT UP KANAGAWA」

今日は、世界保健機関・WHO本部とのさらなる連携についてお伺いしました。



神奈川県庁ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/


このコーナーでは、皆さんからのメッセージを募集しています!!
知事へのメッセージは、下記アドレスまで!
light@fmyokohama.co.jp

あなたのご意見、ご質問など、お持ちしています!

☆黒岩知事がセレクトした、今日の一曲☆
42nd Street / 『42nd Street』より 

WOX UP!! E-ne! Challenge


WOX UP!! E-ne! Challenge



日々、チャレンジを続けるアスリートや、そのアスリートを支える方々を始め、
様々な分野で健康に活躍している方々のお話をお届けします。


今日お迎えするのは、
DA PUMPのパフォーマー、DAICHIさん

Img_2270

今日はダンスを始めたきっかけ、全米のダンスコンペティション出場メンバー
に抜擢され、金賞を受賞したときのお話等、お伺いしました。




高濃度酸素リキッドWOX-ウォックス-
http://woxo2.jp/

神奈川日産 NOTE e-POWER presents E-ne!~good for you~

師走の初日!
今日のイーネは…

神奈川日産 NOTE e-POWER presents
E-ne!~good for you~rvcardashshineshine

Photo_02_2

新型 NOTE e-POWER の魅力にグッと迫ります!!




神奈川日産 販売支援部 伊藤部長にお話を伺いました!

Img_2943

充電を気にすることなく、どこまでも走れる、電気自動車の まったく新しいカタチ。
~エンジンで発電して、モーターだけで走る。力強い加速!静かさ!燃費!


これまでのライフスタイルを変えずに、
電気自動車へのハードルを下げるクルマ!

さらに、ワンペダルでアクセルブレーキが効く!
~アクセルペダルを戻すだけでNORMALモードに対して強く減速。



一目で恋に落ちる「一目惚れ」のように…、
「ひと踏み」すればトリコになってしまう、走り出し、コーナリング、加速。

まさに「ひと踏み惚れ」!

そんな新型NOTE e-POWERが気になったあなたは、
是非神奈川日産のお店で試乗ください!!試乗予約ができます。


新型NOTE e-POWER
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/?rstid=20140314rst000001001


Photo_01

そして、今日のイーネメッセージテーマは「春夏秋冬ドライブ」!!

あなたが四季で感じるドライブエピソード、ドライブソングお待ちしています!

メール⇒ene@fmyokohama.co.jp
FAX⇒045-224-1019




フィールド担当のホズミン(@hozming)は
新型NOTE e-POWERに乗ってドライブリポート!