fyb_switch_to_sp_js

RSS Feed

楽曲オンエア表 Feed

2017年12月 9日 (土)

2017年12月9日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

06101831_5396d054a8d99 Bodyheat/James Brown 

※Mr.IKURA、大人の秘密基地、お疲れ様でした!
※12/30は毎年恒例のSOUL忘年会が銀座ケントス!
https://ameblo.jp/ikura61/entry-12320773229.html
2018年1月14日には銀座ケントスでは一緒にライブするね!

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。
●ボブ・マーリ&ジ・ウェイラーズの女声コーラス・トリオ、アイ・スリーの一員であったマーシア・グリフィスが1989年にアイランドの米国レーベル・マンゴから発表したLP『カルーセル(Carousel 回転木馬)』はアルバム巻頭にネヴィル・リヴィングストン(バニー・ウェイラー)が作った超キャッチーな「エレクトリック・ブ~ギ」が入って居て、カリブ海の音楽に関心の有るリスナーが驚いたが、アルバム全体が非ラスタファリズムなレゲエLPとして出色の出来なのだった。彼女のキャリア上&レゲエ・アルバム史上に於いて。
プロデュース及び編曲・演奏・コーラスはローレンス・デルメル、ジョー・ガルド、ラファエル・ビトル(Lawrence Dermer, Joe Galdo, Rafael Vigil)3名から成るザ・ジャークス(The Jerks)が担当して、マイアミのインターナショナル・サウンドで録音された。
それではマーシア・グリフィスのアルバム『カルーセル』の中からヤング・ラスカルズの「グルーヴィン」のカヴァーに対置されたと思しい、スモーキー・ロビンスン作品でモータウンのメアリー・ウエルズのヒット曲のレゲエ・カヴァーである「ザ・ワン・フー・リアリー・ラヴズ・ユー」をお聞き下さい。

The One Who Really Loves You/Marcia Griffiths 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>

Rsadbsxevpmb7l GT/CRAZY KEN BAND 

<JB’S D.N.A./選曲:横山剣>

Rsadb9mduin0rwhcbrrpvrlaofpuxie0 Get Yourself Together/Young Disciples 

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
Kick Back/Buena Vistas

<AIN’T IT FUNKY NOW/選曲:横山剣>
BGM:スージー・ウォンの世界 * CKB仕様/クレイジーケンバンド 
AIN’T IT FUNKY NOW/JAMES BROWN & JB’S 
AIN’T IT FUNKY NOW/オーサカ=モノレール 

<本牧ルーディズ/選曲:新宮虎児>
Just Cant Please You/The Detroit Cobras
昼下がり/クレイジーケンバンド 

<NEW YORK/選曲:横山剣>
ハロー・ニューヨーク/ダンボール・バット
突撃!となりの女風呂/ザ・たこさん 
ミスハトヤ/VIDEOTAPEMUSIC  

<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
Magic Lights Special/菅原愛子 

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
Pigmy Part 1/Billy Larkin & The Delegates 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
BGM:妻になりたい/ユナイテッドモンモンサン 
になりたい/愛たかしとナイトプラザ6  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
★今月はクリスマスディナーショウもLIVEも決定してます!
・「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り

・「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

※なお、12/30&12/31のモーションブルーは完売しております。

<CKB 2018年ライブのお知らせ>
★2018年は追加公演「CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] 」
決まっているから寂しくないね!
2018年1月31日(水)町田市民ホール(東京)
2月3日(土)三木市文化会館大ホール(兵庫)
2月12日(月/祝)厚木市文化会館(神奈川)
2月17日(土)アイプラザ豊橋(愛知)

さらには大磯プリンスホテルでのディナーショウも2月に決定しています!
★CRAZY KEN BAND SUITE 2018
2018年2月24日(土)大磯プリンスホテルメインバンケットホール

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年12月 2日 (土)

2017年12月2日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

71tiuxlbgil_sl1017_ Hey Que Pasa?/CRAZY KEN BAND 

※Mr.IKURA、大人の秘密基地、お疲れ様でした!
※12/30は毎年恒例のSOUL忘年会が銀座ケントス!
https://ameblo.jp/ikura61/entry-12320773229.html
2018年1月14日には銀座ケントスでは一緒にライブするね!

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。
●練馬区江古田に在ったテックス・メックス音楽専門のLP/CD店クラン・レコードの店主、故・平野実さんは、商品の仕入れと現地視察を目的に年に1度はテキサス州サン・アントニオに行かれて居て、俺(クラ)やTKOは土産話を聞くのが楽しみだった。スティーヴ・ジョーダンの来日公演に尽力なさったし90年代半頃の(=最も美味しい時代の)南部産G-RAPを初輸入したのも平野さんだった。そんな平野さんが「もう何年も渋谷には行ってない」と云った事が在った。「どうしてですか?」とたずねると、答は「遠いから」との事でした。
クラン・レコードでカセット・テープを売っていたテキサス出身のチカーノ・ソウル歌手サニー・オズーナ率いるサニー・アンド・ザ・サンライナーズの、今年コンパイルされた自己レーベル キー・ロック(key-Lock)上の1st.アルバム『スマイル・ナウ、クライ・レイター』収録曲から始まる1966年から1972年迄のベストCD『ミスター・ブラウン・アイド・ソウル』(BIG CROWN社)から「プット・ミー・イン・ジェイル」を聞いて下さい。ファミリー・ネームのOZUNAは西語的にはオスーナだろうが録音された音は全てオズーナと汚っている。
高校生時代のチカーノ・ドゥ・ワップ・グループを皮切りに、1963年には音楽プロデューサー ヒューイ・P・モウ所有のティアドロップ・レーベルから「トーク・トゥ・ミー(TALK TO ME)」の全米ヒットを放ったサニー・オズーナは「サン・アントニオからチカゴ、フロリダからカリフォルニア迄チカーノが暮らしている所では全米中どこでも大スターでありました」とライナーでヒスパニック・エンタテインメント・アーカイヴのラモーン・エルナンデスが書いている。
乾燥しきった日常を想起させる素朴なリズムの上で“君との恋が成就しないのなら、俺をブタ箱に入れろ”と、呪文の様に繰り返す「プット・ミー・イン・ジェイル」には、プリズナー・オブ・ラヴが生前娑婆で最後に録音した歌の様なメロウな迫力が有ります。

Put Me In Jail/Sunny & The Sunliners 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣> 銀幕で活躍した役車!!!

Photo01 BGM:仮病/クレイジーケンバンド  
君恋し/サム・テイラー 

写真は実父のプリンス・スカイラインと母と2〜3歳のCRAZY KEN。 横浜市中区本郷町W_mam_car

510hiqtgubl 妄想遊戯/クレイジーケンバンド 

<アボガド・ジョコヤマ>
のどが痛いです。=Me duele la garganta.(メ・ドゥエレ・ラ・ガルガンタ)
me duele=痛い
la garganta=のど

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
Lágrimas No Más (Sinfónico)/GUACO 

Guaco_bidimensional

ベネズエラを代表するグループ、グアコ。最新アルバム『Bidimensional(ビディメンシオナル)』は、14曲中なんと7曲が、ベネズエラ出身の人気指揮者グスタボ・ドゥダメルが指揮するオーケストラとの共演! 彼らのヒット「Lágrimas No Más(ラグリマス・ノ・マス)」も新ヴァージョンに生まれ変わっています。(エルカミナンテ岡本)


YouTube: GUACO: Lágrimas no más (sinfónico)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>
恨五百年/チョー・ヨンピル

<歓迎光臨!!! Joe Bataan/選曲:横山剣>

Rsadbpm0kbbdjnzti0ibyes__y6tp4bk Cycles Of You/Joe Bataan(Call My Name /2005) 

かわいい訪問者/CRAZY KEN BAND  
Under The Street Lamp/Joe Bataan  
BGM:Ordinary Guy/Joe Bataan  

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>

20160502_1625848 カモンレッツゴー/小野瀬雅生ショウ

<TOMODACHI/選曲:横山剣>

718npz14al_sl1127_ アホな友達/思い出野郎Aチーム 

<剣さん、イイネ!/ゲスト:濱田高志>
Between Yesterday and Tomorrow/Natalie Dessay/Michel Legrand

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>

Rsadbps5bbrzluvgzf5hdhzrayiwfkoc Chanson Des Jumelles(双子姉妹の歌)/Michel Legrand 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
★今月はクリスマスディナーショウもLIVEも決定してます!
『X’mas Dinner Show』
・「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
・「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
・「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

※なお、12/30&12/31のモーションブルーは完売しております。


<CKB 2018年ライブのお知らせ>
★2018年のCKBは秋の全国ツアーも先週の11/25の中野サンプラザで終わっちゃったけど、
2018年に追加公演も決まっているから寂しくないね!

追加公演「CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] 」
2018年1月31日(水)町田市民ホール(東京)
2月3日(土)三木市文化会館大ホール(兵庫)
2月12日(月/祝)厚木市文化会館(神奈川)
2月17日(土)アイプラザ豊橋(愛知)

さらには大磯プリンスホテルでのディナーショウも2月に決定しています!
★CRAZY KEN BAND SUITE 2018
2018年2月24日(土)大磯プリンスホテルメインバンケットホール

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年11月25日 (土)

2017年11月25日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

06101831_5396d054a8d99 I'm Satisfied/James Brown  

※Mr.IKURA、大人の秘密基地、お疲れ様でした!
※12/30は毎年恒例のSOUL忘年会が銀座ケントスで行われるんだね!
https://ameblo.jp/ikura61/entry-12320773229.html
2018年1月14日には銀座ケントスで一緒にライブ、楽しみだね!

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。
●1973年製米映画『アメリカン・グラフィティ』OST.(LP2枚組)が日本盤で発表されたとき、「ようやく手に入った是」とゆう曲は多かったけれども、黒人青年が唄ってるらしい「ドゥ・ユ・ウォナ・ダンス?」を現地人は一体どのジャンルの収穫物として聞いているだろうかとゆうのが、いつ迄たっても不思議だった。
1940年7月13日サン・フランシスコ生まれの黒人SSW & ピアニスト、ボビー・フリーマンが58年に録音し、地元レーベル・ジョシーが「DO YOU WANT TO DANCE?」と誤記して発表、そのまま58年夏には全米大ヒットに登りつめたのは「ドゥ・ユ・ウォナ・ダンス?」の新しさが人種・ジャンル横断的に大支持されたからだろう。
 アナログ・エコーを効かしたオールタナティヴな8ビートに裏打ちされた17才のボビー・フリーマンの美意識が、ロックンロールやR&Bの理想と垣根を軽く飛び越え、ソウル・ミュージック全盛期の到来を強力にうながす様なキラー・トラックに結実したのだと申せましょう。エディ・コクランからビーチ・ボーイズ、ベッド・ミドラー、ザ・ラモーンズと云った大物達がこぞってカヴァして参りました。 美しい!

Do You Wannna Dance?/Bobby Freeman 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣> 銀幕で活躍した役車!!!

BGM:仮病/クレイジーケンバンド  
君恋し/サム・テイラー

<ミシェル・ルグランBIG UP!!!/選曲:横山剣>

Rsadbps5bbrzluvgzf5hdhzrayiwfkoc 双子姉妹の歌/Michel Legrand  

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
Gina/The Robin Jones Seven

<カクバリヅム物件/選曲:横山剣>

News_xlarge_skirt_jkt20171018 視界良好/スカート 

<COVER & ORIGINAL/選曲:横山剣>
BGM:愛する人はひとり/寺内タケシ&ブルージーンズ 
愛する人はひとり/尾崎紀世彦  

<本牧ルーディズ/選曲:新宮虎児>

Rsadbegyji5zmk4kyciennrcqqsfcaxy Evil’s My Friend/Rancid  
暴動/クレイジーケンバンド  

<明日の歌・明後日の歌/選曲:横山剣>
BGM:空っぽの街角/CRAZY KEN BAND  
月曜日/思い出野郎Aチーム 

<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
This Christmas/Chris Brown  

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
The Wailer/The Robin Jones Seven

<丸屋九兵衛の「台北106!」/選曲:bmr編集長 丸屋九兵衛>
新・bmr編集長の丸屋九兵衛が毎月1回、愛してやまない台湾ヒップホップを紹介するイーディンなコーナーです(106は台北の郵便番号です)

當我來到這里/Soft Lipa

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Summer Time Feeling/Jermaine Jackson 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアーも今日で終わっちゃったけど
2018年に追加公演も決まっているから寂しくないね!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2018
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻]
1月31日(水)町田市民ホール(東京)
2月3日(土)三木市文化会館大ホール(兵庫)
2月12日(月/祝)厚木市文化会館(神奈川)
2月17日(土)アイプラザ豊橋(愛知)

さらには大磯プリンスホテルでのディナーショウも2月に決定しました!
★CRAZY KEN BAND SUITE 2018
2018年2月24日(土)大磯プリンスホテルメインバンケットホール

★12月のライブも目白押しです!
『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年11月18日 (土)

2017年11月18日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

71upahz98dl_sl1072__3

Thai Boxing/Jiraphand Ong-Ard 

※Mr.IKURA、大人の秘密基地、お疲れ様でした!
※12/30は毎年恒例のSOUL忘年会が銀座ケントス!
https://ameblo.jp/ikura61/entry-12320773229.html
2018年1月14日には銀座ケントスでは一緒にライブするね!

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
次の曲は新しいよ、1982年録音。35年前、どうだ新しいだろ? 80‘S大英帝国オールタナティヴ~ニウ・ウェイヴ・シーンに登場したクラブ・オリエンティッドなダンス・バンド達は御当地メディアに依ってファンカラティーナ~ニウ・ロマンティック・ムーヴメントと命名された。ヘア・カット・ワン・ハンドレッドやモダーン・ロマンス等と共にファンカラティーナに分類されたブルー・ロンド・ア・ラ・タークの1982年発表の1st.アルバムから「ココ」をお聞き下さい。 2014年に英チュリー・レッドから発表された2枚組CD『チウイング・ファット』に付いている、「トルコ風のブルーなロンド」のリード・ヴォーカリスト、クリス・サリヴァン(Chris Sullivan)に依るライナーは詳細を極め、35年後にはじめて知る事ばかし。同じバンドのもう1人のコンセプト・メイカーであるサイド・ヴォーカル、クリストス・トレラ(Christos Tolera)は、ローライダーのズート・スーツ・カルチャーの信奉者だった相だが、画学生だったクリス・サリヴァンにバンド結成を決断させたのは、NY & パリのZEレーベルから1980年に出たジェイムズ・チャンスの1.2枚目(『オールモスト・ブラック』と『バイ』)及び『ライヴ・イン・パリ(バン・ドゥーシェ)』の3枚のLPだった相。ブルー・ロンド・ア・ラ・タークのレパートリーはメロで云うと3枚看板位しか無く、「ココ」は最も歌物っぽいタイプ。ヘナヘナな歌唱だが、本職は絵描きなんだから、こんなもんでしょう。楽理的な実務はベーシストやギタリスト、サキソフォニストが担当したと思しい。そういう風に鳴ってます。 CDケース背面に散りばめられたアダム・アントやボーイ・ジョージの讃辞が美しい,“アイ・ラヴド・ゼム(シャーデー)”の様に。

Coco/Blue Rondo A La Turk  

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
シフトチェンジ/CRAZY KEN BAND  

<アボガド・ジョコヤマ>
「何か熱いものください!」=「Algo caliente, por favor.(アルゴ・カリエンテ、ポル・ファボール)」
algo=something
caliente=hot

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
Ven Rumbero/Bobby Valentin

Bvalentin


ファニア・オールスターズのベーシストとして活躍したボビー・バレンティンの1970年のアルバム『Algo Nuevo(アルゴ・ヌエボ)/Something New』からの1曲です!(エルカミナンテ岡本)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>

<民謡を訪ねて/選曲:横山剣>
ノーエ節/てっちゃんけんちゃん (生演奏)
ノーエ節/寺内タケシ  

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>
永遠の向こう側で/小野瀬雅生ショウ 

<びゅーてぃふるよこはまたそがれ/選曲:横山剣>
YOKOHAMA DISCO BOOGIE/やけのはら  
BGM:よこはま たそがれ/寺内タケシ&ブルージーンズ  
ビューティフル・ヨコハマ/平山三紀 

<剣さん、イイネ!/ゲスト: なかの綾 >
ギリギリの関係/なかの綾 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Honey Drops/FUKI  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアーも、いよいよ残り2公演!!!
★クレイジーケンバンド全国ツアー2017 CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI
11月19日(日)太田市民会館(群馬)←明日!!
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

でも、2018年に追加公演も決まっているから寂しくないね!

2018年1月31日(水)町田市民ホール(東京)
2月3日(土)三木市文化会館大ホール(兵庫)
2月12日(月/祝)厚木市文化会館(神奈川)
2月17日(土)アイプラザ豊橋(愛知)

さらには大磯プリンスホテルでのディナーショウも2月に決定しました!

★CRAZY KEN BAND SUITE 2018
2018年2月24日(土)大磯プリンスホテルメインバンケットホール

★でもその前に12月のLIVEも決定してます!
『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間 『

COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年11月11日 (土)

2017年11月11日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

Rsadbvkkwrmityhxl76xfjvcos7r てんやわんやですよ/CRAZY KEN BAND 

※Mr.IKURA、大人の秘密基地、お疲れ様でした!
※12/30は毎年恒例のSOUL忘年会が銀座ケントスで行われるとの事
https://ameblo.jp/ikura61/entry-12320773229.html

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●未だに、歌詞を100%聴き取れる訳ではありませんが、唄声とメロ・リズムの相乗効果で、今迄に無かった新しさが目の前に拡がる系統の、1966年録音ソウル畑での収穫として「ジ・ウーガム・ブーガム・ソング」を選んでみました。
90’Sのチカーノ・ラップ・ドゥオであるプロパー・ドスはこの曲を使って「フィルメ・ハイナ」のヒットを飛ばした。
1941年7月26日ルイジアナ州シュリヴポート生まれのブレントン・ウッド(本名Alfred Jess Smith)はカリフォルニア州サン・ペドロ育ちのコンプトン・カレッジ卒業生です。ピアノも弾けるグループ・ヴォーカル指向の黒人SSWで1人多重唱スタイルの美しい曲がタップリ在る。
オリジナル・サウンド社の2巻物を始めベスト盤は多いけれど、ライノ社の廉価ライン・レーベル・フラッシュバックから98年に出たスリーヴにメタリック・グリーンが美しいシボレーのインパラが写っている銀皿から聞いてください。

The Oogum Boogum Song/Brenton Wood 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・

<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
ホットロッドでキノコ狩り/小野瀬雅生ショウ  

<クレイジー鍵盤/選曲:横山剣>
傷だらけのローラ〜遠くへ行きたい〜傷だらけのローラ (生演奏)

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
No One Can Love/Bill Cosby 

<香港的士/選曲:横山剣>
BGM:香港的士/CRAZY KEN BAND 
GET BACK IN LOVE/山下達郎  

<本牧ルーディズ/選曲:新宮虎児>
54321/Manfred Mann 
夜明け/クレイジーケンバンド 

<THE LEGEND OF SOUL/選曲:横山剣>
笑って許して/てっちゃんけんちゃん (生演奏)
BGM:星空の孤独/和田アキ子 
バイバイアダム/和田アキ子 
ビートニクス/グリムスパンキー  

<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
Natural/Sabrina Claudio 

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
Modestamente Parlando/Gigi Cichellero Big Band 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
きっと言える/荒井由実  

・・・・・・・・・・・・・・
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアーも、もう残り6公演!!!
★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)←明日!
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

でも、2018年に追加公演も決まっているよ!
2018年1月31日(水)町田市民ホール(東京)
2月3日(土)三木市文化会館大ホール(兵庫)
2月12日(月/祝)厚木市文化会館(神奈川)
2月17日(土)アイプラザ豊橋(愛知)

★でもその前に12月のLIVEも決定してるよ!
『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年11月 4日 (土)

2017年11月4日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

810qeewllzl_sl1500_ Sunshine Day/Osibisa 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●RCA(ラヂオ・コーポレーション・ノブ・アメリカ)レコードのR&Bレーベル、グルーヴに録音された古録音をコンパイルした独・熊家族のCD『ロッキン・ザ・グルーヴ』(2016)から黒人女性歌手ジラ・メイズが唄うジャンプ・ナンバー「ライト・ナウ」(1955年NY録音)をお聞き下さい。ギターはミッキー・ベイカー、テナー・サックスは日本民謡ウェイラーに変身する前のサム・“ザ・マン”・テイラーとの事です。
イギリス製のイカしたコンピ『ジューク・ボックス・マンボ Vol.2』にジラ・メイズが1961年カヴァーした「カリプソ・ブルーズ」が入って居て、歌詞の唄い出しとか間合いにアハンとかの活字化されにくい声を出し録音作業をふくらます芸風の彼女のトリコに成った。サーヴィス精神に富むいい女だと判断した訳よ。小田原市文化功労者・川崎長太郎さんにも聞かしたかった。
1931年9月1日ジョージア州アトランタ生まれのジラ・メイズはザ・ミステリー・レディの覆面芸名でWAOKラヂオのパーソナルリティを1954年に始めた黒人女性のラヂオDJとしては草分けだった相で、60年代にはゴスペル歌手に移動しつつもDJとしてのキャリアは40年に及んだ由、1995年9月19日に生まれ故郷のアトランタにて逝去との事です。2018年以降ジラ・メイズをもっと聴けるとイイナと、俺は首とアレを長くして待っている。

Right Now/Zilla Mayes

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>

714nx1frrl_sx522_ モータープール/VIDEOTAPEMUSIC(アルバム『On The Air』より) 

<アボガド・ジョコヤマ>
駐車場=estacionamiento(エスタシオナミエント)

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
What’s Going On/Curtis Brothers Quartet

Curtis_bros_syzygy エディ・パルミエリ楽団のベーシストとしておなじみのルケス・カーティスとその兄のザッカイ・カーティス(ピアノ)、リッチー・バーシェイ(ドラムス)、レイナルド・デヘスス(パーカッション)という、ニューヨークのジャズ~ラテン界で活躍する若手ミュージシャンたちによる注目のグループ。最新アルバム『SYZYGY(シザジー:「惑星直列」という意味だそうです)』から、マーヴィン・ゲイのカバーです。(エルカミナンテ岡本)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>
モーニング・アイランド/渡辺貞夫 
                
<イントロ当てクイズ/選曲:横山剣>
BGM:退屈な日曜日/CRAZY KEN BAND 
シンプルラブ/大橋純子&美乃屋セントラルステーション              

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>

21687717_1338985449532936_2559736_2 Ningen Ninguén/小野瀬雅生ショウ 

<機内音楽 /選曲:横山剣>
BGM:Up Up & Away/The 5th Dimension 
BGM:旅客機/CRAZY KEN BAND 

Bookoffonline_0000892182 Holiday in Acapulco/松任谷由実  

<剣さん、イイネ!/ゲスト:クミコ>

Imagedata_39 フローズン・ダイキリ/クミコ 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>21687717_1338985449532936_255973699ミートソース/小野瀬雅生ショウ 
        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアーも残り9公演!
★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス←明日!!!
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!
『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年10月28日 (土)

2017年10月28日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

R17863914696164989890jpeg Funky Nassau/The Beginning Of The End

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。
●70年代からメルリ堂が運営していたLPレーベル、ヴィヴィッド・サウンドはソウル歌手サム・ベイカーやメロウなブルーズ・マン、フェントン・ロビンスンの単独アルバムと共に、サムやフェントンも在籍していたテネシー州ナッシュヴィルのソウル~R&Bレーベル、サウンド・ステイジ・セヴンのVA.を『ソウル・バッグ』と題して数種発行していた。レディ・ソウルのエラ・ワシントンに依る白人カントリー・ヒットのソウル式カヴァー等、今でも好きだが、モータウン(デトロイト)のジュニア・ウォーカー&オール・スターズのヒット曲「ウォット・ダジッテーク」をダイナミックにカヴァーする、リード・シンガー・ドン・マックレイン率いる4人組ヂ・エレクトリファイイング・キャッシミアーズは忘れない。鈴木啓志先生はライナーで「グループ仕立てを根拠にノーザン・ソウルの範疇の容易にカテゴライズしてはならない。エモーショナルでディープなリード・ヴォーカルの唄いっぷりは正にサザン・ソウルそのものだ」と熱く説いて居られたのを思い出します。1996年に英チャーリーから発表されたCD2枚組『ザ・サウンド・ステイジ・セヴン・ストーリー』から「ウォット・ダジッテーク(※題の全尺:WHAT DOES IT TAKE TO WIN YOUR LOVE FOR ME)」をお聞き下さい。1965年から1977年迄同じレーベルを運営した白人ラジオDJ ア・ホワイト・キャット・ウィズ・ブラック・ソウル・ジョン・リッチバーグのGR8なお仕事の一端です。

What Does It Take/The Electrifying Cashmeres 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・

<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
ROCK AROUND THE CLOCK/ザ・スパイダーズ

<歌まで1分31秒!!!/選曲:横山剣>
Hogtied/Chain Reaction

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
Lessons in Cha Cha Cha/Marty Franklin and his Orchestra

<てっちゃん、こういうの歌ってよ!/選曲:横山剣>
Funky Street/Arthur Conley
廃車復活/CRAZY KEN BAND
Security/Otis Redding  

<Honmoku Rudies/選曲:新宮虎児>

The Ballad Of Bonnie & Clyde/Georgie Fame
12月17日/CRAZY KEN BAND

<リメンバー沖縄/選曲:横山剣>
リメンバー/てっちゃんけんちゃん (生演奏)
Remember (feat. YOUNG JUJU)/Awich  
            
<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
Revolution Pop/CRAZY KEN BAND

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
The Silence That You Keep/Milton Wright

<丸屋九兵衛の「台北106!」/選曲:bmr編集長 丸屋九兵衛>
新・bmr編集長の丸屋九兵衛が毎月1回、愛してやまない台湾ヒップホップを紹介するイーディンなコーナーです(106は台北の郵便番号です)

遇見/Soft Lipa(蛋堡) 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Turn Your Love Around/George Benson

////////////////////////////////////////////////////////////
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
全国ツアーでも各会場、熱きご声援ありがとうございます。!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年10月21日 (土)

2017年10月21日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

81nrww4fa7l_sl1500_ SWEET SOUL MUSIC/COOLS RC

アルバム「COOLS OLDIES SPECIAL」のジャケット。左から村山一海さん、トニー萩野(現Doblejoy Records)、車内にジェームス藤木さん、犬と僕、佐藤秀光さん、フランクさん。1982年、厚木マッカーサー・ガレーヂにて撮影。 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●細野TKO博士がフレンチ・カリビアン・ポップスのアナログを採集しているパリのディストリュビューターの1人が「この秋にフレンチ・カリビアンが60年代後半に録音したブーガルーのVA.CDが出るよ」と送って来たサンプル盤から1曲「メ・トゥ・セ(しかし、あなたが知っている)」を選んでみました。発行元はパリのR&R等のオールディーズ・ポップスを扱うBORN BADレーベル、アルバム題は『ディスク・ラ・レイエ(DISQUE LA RAYÉ 擦り傷がついたレコード)60’Sフレンチ・ウェスト・インディーズ・ブー・ブー・ガルー(※BOO-BOO-galoo)』と云う。
マンボやパチャンガの流行の次にはフレンチ・カリビアン畑でもブーガルー式トロピカル8ビートのハヤリが在った事が良くワカルVA.です。
SSWのダニー・プレイは、84.5年頃にブラック・ミュージック・レビューに当時新星堂NSビル店に入荷したNY製のLP拝を書いた事が有るが、仏領ガイアナ生まれ(アンリ・サルバドールと同じ)とは知らなかった。LPの方はエクトル・ラボーの様な妖しい色気に富むと持ち上げておきました。「メ・トゥ・セ(しかし、あなたが知っている)」も、メロと唄の載せ方が所謂(いわゆる)フレンチ・ポップス臭い所が背のびしていてカッコ良いと思った次第です。リヅムはエレキ・ギター主体のボンバで「西語で演るとボンバ、英語で演るとカリプソだよな」等とTKO博士とヘラヘラ話していたのは、もう30年も昔です。

Mais Tu Sais/Dany Play 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣> ルイス・ハミルトンのお気に入り
BGM:Wavy (feat. Future)/Ty Dolla $ign 
L.A. (feat. Kendrick Lamar, Brandy & James Fauntleroy)/Ty Dolla $ign

<アボガド・ジョコヤマ>
「car race」=「carrera de coches」(カレラ・デ・コーチェス)
race=carrera(カレラ)
car=coche(コーチェ)またはcarro(カーロ)

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
Lo Mejor De Tu Vida/Tito Nieves

Tito_nieves_canciones_que_no_se_oli ニューヨーク・サルサのベテラン歌手ティト・ニエベス。最新アルバム『Canciones Que No Se Olvidan(カンシオネス・ケ・ノ・セ・オルビダン=忘れられない歌たち)』から「Lo Mejor De Tu Vida(ロ・メホール・デ・トゥ・ビダ)」。オリジナルはフリオ・イグレシアス!(エルカミナンテ岡本)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>
センチメンタル・ニューヨーク/COOLS RC 

<雙十節/選曲:横山剣>

171010_202512 BGM:欧陽菲菲/CRAZY KEN BAND 
BGM:欧陽菲菲/グループ魂 
BGM:ランタン/CRAZY KEN BAND 
Suzy Wong/Jacob Miller 

<行こう!!! ジミー・カーティス/選曲:横山剣>
香港グランプリ/ジミー・カーティス 

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>
オコジョの歌/小野瀬雅生ショウ 

<圧!/選曲:横山剣>
BGM:It's Not Unusual/Tom Jones 
More/Tom Jones & Les Reed 

<剣さん、イイネ!/ゲスト:Keiko Lee>
あまく危険な香り/Keiko Lee  

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
ふられた男/CAROL 
   


<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアー始まってます!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月27日(金)NHK大阪ホール(大阪)
10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

********************

JCCA TSUKUBA MEETING ENDURANCE

at TSUKUBA CIRCUIT

171021_094313'71 BMW2002(S Sprint Race)

Driver:CK

171021_165557

171021_104321

171021_105701 

171021_142916

171021_094301'63 Porsche 356(60min Endurance Race)

Driver:Mr Ohara, Mr Kuwashima and CK

171021_105811

171021_105635

2017年10月14日 (土)

2017年10月14日のオンエア楽曲です!

<R.I.P. Hugh Hefner(1926 - 2017)/選曲:横山剣>

61v7pd773gl プレイボーイ・ツイスト/CRAZY KEN BAND 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●新宿のディスクユニオン昭和歌謡館が地階に入っているビルの3階に映画関連商品専門店ディスクユニオン・シネマ館がオープンしていて、横文字表記のCINEMA-KANレーベルからは「完全盤サウンド・トラックCD」が次次にリリースされている。『獣人雪男』『恐怖奇形人間』『怪談せむし男』と国内盤DVDは出せな相なタイトルのCDが出まくって居て、OSTマニアの人達の感受性は尊敬に値いすると思う。
そんなCINEMA-KAN レーベルからこの8月23日に伊福部昭・音楽(監督・本多猪四郎、特撮監督・円谷英二)の『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』及び『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』の完全盤サントラCDが発売された(各税込¥3.241-)。後者はかつて一度丈CD化されたが中古市場でも5ケタで取引きされる希少盤なので歓迎すべきリリースと申せましょう。云う迄もなく、1966年7月30日公開の東宝製怪獣映画『サンダ対ガイラ』(併映・アニメ『ジャングル大帝』)OSTには泣く子もだまる究極のフリー・ソウル、白人女性キップ・ハミルトン唄う「フィール・イン・マイ・ハート」が収められているからです。
羽田国際空港に上陸した凶暴な海棲巨人獣ガイラは浜松町~新橋辺りのビルの屋上ビア・ガーデン(万国旗と紅白の提燈が昭和ラヴリーだ)にて生バンドで同曲を唄っているキップ・ハミルトンを片手でつかみ上げ彼女は絶叫&失神してしまう(米国版『ウォー・オブ・ガルガンチェアンズ』ではキップは喰はれてしまった事が暗示される)。今回、国際的に通用しているタイトルという事で題名が改まった「ザ・ワード・ゲッツ・スタック・イン・マイ・スロート」をお聞き下さい。
更、今回「アメリカから送られて来た参考用音楽」として同曲の元歌らしい牧歌的なトラックも入って居りスリリング。キップの歌にマエストロ伊福部はどの位かかわっているのでしょうか?CD表4には羽田の管制塔ビルの前で、ソフト・クリームのコーンの様に握りしめたキップを喰ってるガイラのイメージがコラーヂュされて今回のCDを送り出したCINEMA-KANスタッフ達の情熱に打たれます。

The Word Gets Stuck In My Throat/Kipp Hamilton 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
そんなこと言わないで/堺正章とクレイジーケンバンド 

<HAWAIIAN DELIGHT/選曲:横山剣>
BGM:Hawaiian Paradise/Elvis Presley 
ジス・バッド・ガール/ザ・ゴールデン・カップス 

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
How Many Broken Wings/Les McCann & Roberta Flack

<思い出のリクエスト/選曲:横山剣>
My Girl/てっちゃんけんちゃん(生演奏)
My Girl/The Temptations 

<MOTOWN SUITE/選曲:横山剣>
BGM:モータータウン・スイート/CRAZY KEN BAND 
Love Machine/Miracles 

<本牧ルーディズ/選曲:新宮虎児>
I Can’t Explain/The Who 
レース!レース!レース!/CRAZY KEN BAND 

<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
U/H.E.R. 

<DUET/選曲:横山剣>
BGM:duet/CRAZY KEN BAND 
BGM:スキヤキソング/ピチカート・ファイヴ 
おもて寒いよね duet with 横山剣 from CKB/野宮真貴 

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
We've Only Just Begun/The Frank Cunimondo Trio&Lynn Marino

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Yo Yo's Pad DONNA/YO YO HASHI 

                 
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアー始まってます!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月15日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)←明日!(明けて今日!!!)
10月27日(金)NHK大阪ホール(大阪)
10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年10月 7日 (土)

2017年10月7日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

71tiuxlbgil_sl1017_ 箱根スカイライン/CRAZY KEN BAND 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●ドゥ・ワップ発掘レーベル、レリック(RELIC)の数有る型録の中でも、「ラヴァーズ・アイランド」の一発ヒットを持つロス・アンジェルスのザ・ブルー・ジェイズのアルバム(LP&CD)『ザ・ブルー・ジェイズ、フィーチャリング・リオン・ピールズ』はリード歌手リオン・ピールズの天真爛漫な歌声と共に、絵葉書的なビーチのカラー写真にモノクロのアー写を強引に貼り付けた必殺コラーヂュがグッド・ディザインとして語り草に成っている。
ライナー・ノーツのジム・ドウスン(JIM DAWSON)に依れば、「ラヴァーズ・アイランド」は1961年9月4日にビルボード・トップ40にチャート・イン(4週間、最高31位)したものの、家族や生業を大切にするザ・ブルー・ジェイズの面面はカリフォルニアの外をツアーする事も無く、アッケ無く解散してしまい、RELICのLPが出た80年代の時点でリオン・ピールズはサンタ・モニカのピコ・ブルーヴァード(※大通り)のホリデイ・インでコックを続けていた相だ。
少ない録音の中でも「ラヴァーズ・アイランド」の柳の下をねらった同工異曲が目立つが、プロデューサーのワーリー・フェアバーンがリオン・ピールズのソロ・アルバムを意図してのステレオ録音だったろうと推測されている未発表曲「ソー・ロング・ラヴァーズ・アイランド」(さらばラヴァーズアイランド)をお聞き下さい。唄う事とバスケット・ボールが得意だった相だが、こんなソウル・シンガーも居たんですね。

So Long Lovers Island/Leon Peels

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
君が代/ピチカート・ファイヴ 

<剣さん、イイネ!/ゲスト:Scoobie Do>

71k7awrdsvl_sx522_Cold Dancer/Scoobie Do 

<アボガド・ジョコヤマ>
(観光)ツアー=el recorrido(エル・レコリード)
(ミュージシャンの)ツアー=la gira(ラ・ヒラ)

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
De Repente/Doug Beavers

Doug_beavers_art_of_the_arrangementニューヨークを拠点に活動するトロンボーン奏者ダグ・ビーヴァーズの最新アルバム『Art Of The Arrangement(El Arte Del Arreglo)』からの1曲。60年代後半にベネズエラ流ボサノバ“オンダ・ヌエバ”を生み出して人気となったアルデマロ・ロメロによる楽曲「デ・レペンテ」。オスカル・エルナンデスがアレンジを担当、女性歌手シタ・ロドリゲス&男性歌手ジェレミー・ボッシュが歌っています。(エルカミナンテ岡本)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>
ブルー・ナイト・ヨコハマ/YOSHIRO YOMO yomoyomoclub_band With SLICK MONK SISTERS

<COVER & ORIGINAL/選曲:横山剣>
BGM:Closer to the Source/Leroy Hutson
Closer to the Source/Camelle Hinds
BGM:Walking Into Sunshine/Central Line 
How Are You My Dear Today/Camelle Hinds

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>
いっぱい いっぱい/CRAZY KEN BAND 

<作曲屋ケンちゃん/選曲:横山剣>

Rsadb SWEET VIBRATION/神崎まき 

<剣さん、イイネ!/ゲスト: シシド・カフカ>

Rsadbh1yn53k4uu6atmphtvjfiam5rle 羽田ブルース/シシド・カフカ feat 横山剣 with CRAZY KEN BAND 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
旅客機/CRAZY KEN BAND 


<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアー始まってます!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月9日(月祝)京都劇場(京都)
10月13日(金)松山市総合コミュニティセンター(愛媛)
10月15日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)
10月27日(金)NHK大阪ホール(大阪)
10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168