fyb_switch_to_sp_js

RSS Feed

« 2017年9月 | メイン

2017年10月

2017年10月14日 (土)

2017年10月14日のオンエア楽曲です!

<R.I.P. Hugh Hefner(1926 - 2017)/選曲:横山剣>

61v7pd773gl プレイボーイ・ツイスト/CRAZY KEN BAND 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●新宿のディスクユニオン昭和歌謡館が地階に入っているビルの3階に映画関連商品専門店ディスクユニオン・シネマ館がオープンしていて、横文字表記のCINEMA-KANレーベルからは「完全盤サウンド・トラックCD」が次次にリリースされている。『獣人雪男』『恐怖奇形人間』『怪談せむし男』と国内盤DVDは出せな相なタイトルのCDが出まくって居て、OSTマニアの人達の感受性は尊敬に値いすると思う。
そんなCINEMA-KAN レーベルからこの8月23日に伊福部昭・音楽(監督・本多猪四郎、特撮監督・円谷英二)の『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』及び『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』の完全盤サントラCDが発売された(各税込¥3.241-)。後者はかつて一度丈CD化されたが中古市場でも5ケタで取引きされる希少盤なので歓迎すべきリリースと申せましょう。云う迄もなく、1966年7月30日公開の東宝製怪獣映画『サンダ対ガイラ』(併映・アニメ『ジャングル大帝』)OSTには泣く子もだまる究極のフリー・ソウル、白人女性キップ・ハミルトン唄う「フィール・イン・マイ・ハート」が収められているからです。
羽田国際空港に上陸した凶暴な海棲巨人獣ガイラは浜松町~新橋辺りのビルの屋上ビア・ガーデン(万国旗と紅白の提燈が昭和ラヴリーだ)にて生バンドで同曲を唄っているキップ・ハミルトンを片手でつかみ上げ彼女は絶叫&失神してしまう(米国版『ウォー・オブ・ガルガンチェアンズ』ではキップは喰はれてしまった事が暗示される)。今回、国際的に通用しているタイトルという事で題名が改まった「ザ・ワード・ゲッツ・スタック・イン・マイ・スロート」をお聞き下さい。
更、今回「アメリカから送られて来た参考用音楽」として同曲の元歌らしい牧歌的なトラックも入って居りスリリング。キップの歌にマエストロ伊福部はどの位かかわっているのでしょうか?CD表4には羽田の管制塔ビルの前で、ソフト・クリームのコーンの様に握りしめたキップを喰ってるガイラのイメージがコラーヂュされて今回のCDを送り出したCINEMA-KANスタッフ達の情熱に打たれます。

The Word Gets Stuck In My Throat/Kipp Hamilton 

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
そんなこと言わないで/堺正章とクレイジーケンバンド 

<HAWAIIAN DELIGHT/選曲:横山剣>
BGM:Hawaiian Paradise/Elvis Presley 
ジス・バッド・ガール/ザ・ゴールデン・カップス 

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
How Many Broken Wings/Les McCann & Roberta Flack

<思い出のリクエスト/選曲:横山剣>
My Girl/てっちゃんけんちゃん(生演奏)
My Girl/The Temptations 

<MOTOWN SUITE/選曲:横山剣>
BGM:モータータウン・スイート/CRAZY KEN BAND 
Love Machine/Miracles 

<本牧ルーディズ/選曲:新宮虎児>
I Can’t Explain/The Who 
レース!レース!レース!/CRAZY KEN BAND 

<Aico Chang! Hoikita!/選曲:菅原愛子>
U/H.E.R. 

<DUET/選曲:横山剣>
BGM:duet/CRAZY KEN BAND 
BGM:スキヤキソング/ピチカート・ファイヴ 
おもて寒いよね duet with 横山剣 from CKB/野宮真貴 

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
We've Only Just Begun/The Frank Cunimondo Trio&Lynn Marino

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Yo Yo's Pad DONNA/YO YO HASHI 

                 
<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアー始まってます!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月15日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)←明日!(明けて今日!!!)
10月27日(金)NHK大阪ホール(大阪)
10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

2017年10月 7日 (土)

2017年10月7日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

71tiuxlbgil_sl1017_ 箱根スカイライン/CRAZY KEN BAND 

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。

●ドゥ・ワップ発掘レーベル、レリック(RELIC)の数有る型録の中でも、「ラヴァーズ・アイランド」の一発ヒットを持つロス・アンジェルスのザ・ブルー・ジェイズのアルバム(LP&CD)『ザ・ブルー・ジェイズ、フィーチャリング・リオン・ピールズ』はリード歌手リオン・ピールズの天真爛漫な歌声と共に、絵葉書的なビーチのカラー写真にモノクロのアー写を強引に貼り付けた必殺コラーヂュがグッド・ディザインとして語り草に成っている。
ライナー・ノーツのジム・ドウスン(JIM DAWSON)に依れば、「ラヴァーズ・アイランド」は1961年9月4日にビルボード・トップ40にチャート・イン(4週間、最高31位)したものの、家族や生業を大切にするザ・ブルー・ジェイズの面面はカリフォルニアの外をツアーする事も無く、アッケ無く解散してしまい、RELICのLPが出た80年代の時点でリオン・ピールズはサンタ・モニカのピコ・ブルーヴァード(※大通り)のホリデイ・インでコックを続けていた相だ。
少ない録音の中でも「ラヴァーズ・アイランド」の柳の下をねらった同工異曲が目立つが、プロデューサーのワーリー・フェアバーンがリオン・ピールズのソロ・アルバムを意図してのステレオ録音だったろうと推測されている未発表曲「ソー・ロング・ラヴァーズ・アイランド」(さらばラヴァーズアイランド)をお聞き下さい。唄う事とバスケット・ボールが得意だった相だが、こんなソウル・シンガーも居たんですね。

So Long Lovers Island/Leon Peels

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
君が代/ピチカート・ファイヴ 

<剣さん、イイネ!/ゲスト:Scoobie Do>

71k7awrdsvl_sx522_Cold Dancer/Scoobie Do 

<アボガド・ジョコヤマ>
(観光)ツアー=el recorrido(エル・レコリード)
(ミュージシャンの)ツアー=la gira(ラ・ヒラ)

<エル・カミナンテ岡本のラテン横丁/選曲:エル・カミナンテ岡本>
De Repente/Doug Beavers

Doug_beavers_art_of_the_arrangementニューヨークを拠点に活動するトロンボーン奏者ダグ・ビーヴァーズの最新アルバム『Art Of The Arrangement(El Arte Del Arreglo)』からの1曲。60年代後半にベネズエラ流ボサノバ“オンダ・ヌエバ”を生み出して人気となったアルデマロ・ロメロによる楽曲「デ・レペンテ」。オスカル・エルナンデスがアレンジを担当、女性歌手シタ・ロドリゲス&男性歌手ジェレミー・ボッシュが歌っています。(エルカミナンテ岡本)

<チャーリー宮毛のローカルフライト通信/選曲:チャーリー宮毛>
ブルー・ナイト・ヨコハマ/YOSHIRO YOMO yomoyomoclub_band With SLICK MONK SISTERS

<COVER & ORIGINAL/選曲:横山剣>
BGM:Closer to the Source/Leroy Hutson
Closer to the Source/Camelle Hinds
BGM:Walking Into Sunshine/Central Line 
How Are You My Dear Today/Camelle Hinds

<小野瀬雅生でございます/選曲:小野瀬雅生>
いっぱい いっぱい/CRAZY KEN BAND 

<作曲屋ケンちゃん/選曲:横山剣>

Rsadb SWEET VIBRATION/神崎まき 

<剣さん、イイネ!/ゲスト: シシド・カフカ>

Rsadbh1yn53k4uu6atmphtvjfiam5rle 羽田ブルース/シシド・カフカ feat 横山剣 with CRAZY KEN BAND 

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
旅客機/CRAZY KEN BAND 


<CKB 全国ツアーのお知らせ>
CKBは秋の全国ツアー始まってます!

★クレイジーケンバンド全国ツアー2017
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻] Presented by NISHIHARA SHOKAI

10月9日(月祝)京都劇場(京都)
10月13日(金)松山市総合コミュニティセンター(愛媛)
10月15日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)
10月27日(金)NHK大阪ホール(大阪)
10月29日(日)取手市民会館大ホール(茨城)
11月2日(木)延岡総合文化センター大ホール(宮崎)
11月3日(金祝)福岡国際会議場メインホール(福岡)
11月5日(日)ナムラホール(沖縄)※ライブハウス
11月9日(木)リンクモア平安閣市民ホール[青森市民ホール](青森)
11月10日(金)トークネットホール仙台[仙台市民会館](宮城)
11月12日(日)鹿児島市民文化ホール第2(鹿児島)
11月15日(水)新潟テルサ(新潟)
11月16日(木)富山県教育文化会館(富山)
11月18日(土)北國新聞赤羽ホール(石川)
11月19日(日)太田市民会館(群馬)
11月25日(土)中野サンプラザ(東京)

★12月のLIVEも決定してるよ!

『X’mas Dinner Show』
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月5日(火)セルリアンタワー東京ホテル セルリアンタワーボールルーム
「ビルボードライブ大阪のクレイジーケンバンド」
・12月18日(月)ビルボードライブ大阪 ※1st & 2nd有り
「CRAZY KEN BAND SUITE 2017」
・12月20日(水)ウェスティン都ホテル京都西館4階 瑞穂の間

『COUNT DOWN LIVE』
「SAYONARA 2017 CRAZY KEN BAND SHOW」
・12月30日(土)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
・12月31日(日)モーション・ブルー・ヨコハマ ※1st & 2nd有り
※12/31の2ndでカウントダウンになります
https://reserve.motionblue.co.jp/reserve/schedule/move/201712/

※各会場詳細はLIVEページをご参照ください。
https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168