fyb_switch_to_sp_js

« 【プレゼント受付終了】6/29オンエアーでご紹介した作品 | メイン | 【プレゼント受付終了】7/13オンエアーでご紹介した作品 »

2018年7月 7日 (土)

【プレゼント受付終了】7/6オンエアーでご紹介した作品

フランスを代表する女優、イザベル・ユペール主演のサスペンス・ムービー『エヴァ』

Eva_first_look


盗作した作品をもとにパリでのし上がった新進作家の美しい男性ベルトランは、次回作執筆の為に出かけたアルプスの別荘で娼婦エヴァに出会い、一瞬で彼女に心を奪われます。ベルトランは、次の作品の題材という理由で、その後もエヴァに近づきますが、冷たくあしらわれ苛立ちを募らせていく・・・。さあ、彼らの関係は、どうなっていくのか・・・?

1


謎の娼婦「エヴァ」役にイザベル・ユペール。そして「エヴァ」によって堕ちていく新進作家役に、『たかが世界の終わり』のギャスパー・ウリエル。原作は、ハドリー・チェイスの傑作小説「悪女イヴ」。

2


エヴァ
7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
©2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP – ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE PICTURES
配給:ファインフィルムズ




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

「最強のふたり」の監督コンビが贈るフレンチコメディ最新作『セラヴィ!』

_


ウェディングプランナーとして30年間、数え切れないほどの結婚式をプロデュースしてきたマックスは、ある日、17世紀のお城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼を受けます。いつも通りに式を成功させようと、完璧な準備を整えたのですが、なんと集まったスタッフたちは、全員ポンコツばかり!!マックスの努力も虚しく、次第に式は大惨事と化していきます…。さあ、果たして、チーム一丸となって結婚式を成功させることはできるのでしょうか!?

Photo


監督・脚本は、「最強のふたり」を大ヒットさせたコンビ、エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ。この映画も昨年10月にフランスで公開され、1ヵ月で興行収入25億円を突破。そして、同じ年に公開されたハリウッドの超話題作を抜き、フランス国内で記録的大ヒットとなりました。

2_2


セラヴィ!
7月6日(金)渋谷・シネクイントほか全国ロードショー
©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
配給:パルコ




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

奇跡のライブを実施するに至るまでの悪戦苦闘な1週間を追った、ロックなドキュメンタリー『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』

Photo_2


海外の音楽や映画を厳しく取り締まってきた北朝鮮政府は、「祖国解放記念日(リベレーション・デイ)」に初めて海外からロックバンドを招くことになります。そのバンドは、スロベニア(旧ユーゴスラビア)出身でカルトな人気を誇るロックバンド、ライバッハ。彼らは、ヨーロッパではファシズムを崇拝していると批判されてきた “取り扱い注意”なバンドでしたが、ライバッハ一行を待ち受けていたのは、予想を越える北朝鮮側の厳しい監視体制。果たしてライバッハは無事ステージに立つことができるのか…。

1_2


2_3


監督は、ノルウェー出身のモルテン・トローヴィクと、ラトビア出身のウギス・オルテ。

3


北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ
7月14日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
©VFS FILMS / TRAAVIK.INFO 2016
配給:エスパース・サロウ




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

時代に翻弄されながらも、自由を追い求め、世界に風穴をあけたいと願った若者たちの史実に基づいた青春群像劇『菊とギロチン』

Photo_3


舞台は、大正末期・関東大震災直後の日本。登場するのは、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たち。女だという理由だけで困難な人生を生きるしかなかった当時の女性たちにとって、「強くなりたい」という願いを叶えられる唯一の場所だった女相撲の一座が、少し頼りないけれども「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会います。次第に心を通わせていく彼らは、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑むのですが・・・。

Photo_4


Photo_5


監督・脚本は、「64 -ロクヨン-」「友罪」などの瀬々敬久。ヒロインである新人力士・花菊役には、およそ300名の応募者の中から選ばれた新人女優、木竜麻生。「ギロチン社」のリーダーで、実在した詩人の中浜哲を演じるのは、東出昌大。ギロチン社のもう一人の中心メンバーである古田大次郎役には、俳優・佐藤浩市を父に持つ寛 一 郎。その他、井浦新、韓英恵などが出演。さらに、ナレーションは、永瀬正敏が担当しています。

Photo_6


菊とギロチン
7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開
© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎
配給:トランスフォーマー




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

本日のプレゼント

①『セラヴィ!』の劇場鑑賞券を3組6名様

②『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』の劇場鑑賞券を3組6名様

③『菊とギロチン』の劇場鑑賞券を3組6名様

<応募方法>

住所・氏名・年齢、そして「ご希望の賞品」を忘れずに書いて
eメールでご応募ください。

アドレス:cinema@fmyokohama.jp

締め切り:2018年7月9日(月)正午

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。