fyb_switch_to_sp_js

« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月25日 (日)

3月25日放送分 ~ガーデンネックレス横浜~

3月25日放送のYOKOHAMA My Choice!は、林文子横浜市長をお迎えして「ガーデンネックレス横浜」についてお伺いしました。また、横浜の"桜"情報もご紹介。


◆「ガーデンネックレス横浜」

 今週は、林文子横浜市長をお迎えして
 「ガーデンネックレス横浜2018」に
 ついてお話を伺いました。

 ・現在見頃を迎えた「サクラ」
 ・横浜公園の「チューリップ」
 ・5月になると見頃を迎える「バラ」
 ・「里山ガーデン」について
 などなど。

 詳しくは、コチラでご確認を。


 「ガーデンネックレス横浜2018」
 "みなとエリア"の会期が
 6月3日(日)まで。
 "里山ガーデン"の会期が、
 5月6日(日)までとなります。


◆「桜の名所をご紹介」

 見頃を迎える"桜"ですが、ここ横浜の
 代表する桜の名所をご紹介。

 みなとみらいのランドマークタワー
 にあって、ちょうどすぐ下に
 「さくら通り」と名付けられた道路が
 あります。
 その名のとおり、桜木町駅から
 ランドマークタワー、パシフィコ横浜へ
 と続く500メートルほどの桜並木には、
 約100本のソメイヨシノが咲き誇る、
 市内屈指のさくらの名所です。

 大岡川プロムナード
 3kmに渡るの桜並木には、約500本の
 桜が、川の両側からせり出すように
 咲きます。また、夜には、約2500個の
 ぼんぼりが灯り、川面に映る桜が、
 幻想的な雰囲気をかもし出します。

 ほかにも、山手エリアの元町公園、
 山手公園、港の見える丘公園や
 関内桜通り、本牧三溪園、三ツ沢公園、
 掃部山公園、根岸森林公園、
 三ツ池公園、柏尾川プロムナード等々。

 こちらもチェック!

2018年3月18日 (日)

3月18日放送分 ~魅惑のランプ~

3月18日放送のYOKOHAMA My Choice!は、横浜ユーラシア文化館で開催中の企画展「魅惑のランプー古代地中海からヨーロッパ、アジア・日本までー」についてインタビューを交えながらお伝えしました。


◆「魅惑のランプ」

 横浜ユーラシア文化館で開催中の
 企画展「魅惑のランプー古代地中海
 からヨーロッパ、アジア・日本までー」
 のご紹介。
 油と灯芯で火を灯すランプは、
 ユーラシア各地で古くから使われ、
 地域や時代によって多種多様な
 形に作られました。
 この展覧会では、古代地中海から
 イスラーム世界、近現代の南アジア、
 ヨーロッパ、そして日本に至る
 ユーラシア各地のランプの魅力が
 展示されています。
 番組では、横浜ユーラシア文化館
 学芸員・竹田多麻子さんにお話を
 伺いました。

 インタビューの模様はコチラ!


 会期は、4月1日(日)まで。
 観覧料は、
 一般300円
 小・中学生150円。

◆「ラグビーワールドカップ2019
 に関するお知らせ」

 来年秋、日本で開催される
 ラグビーワールドカップ2019の
 お知らせ。
 番組でもお知らせしてますように
 横浜が開催都市のひとつ。
 ということで・・・
 開催都市住民向けのチケット先行
 抽選販売と、大会ボランティアの
 募集についてご紹介です。

 まずは、開催都市の住民である
 横浜市民、神奈川県民向け、
 チケット先行抽選販売が、
 3月19日(月)からスタート。
 この先行販売では、一般販売より
 6か月早く、横浜国際総合競技場で
 開催される7試合に申し込むことが
 できます。
 その中には、日本戦や準決勝・決勝も
 含まれています。

 そして、大会を支えるボランティアの
 募集がこの春からはじまります。
 活動内容は、試合会場内での観客案内や、
 会場運営、また、試合会場周辺や最寄り駅、
 大会関連イベント会場での観客案内など。

 お知らせはコチラからチェック!

2018年3月11日 (日)

3月11日放送分 ~横浜市の復興支援~

3月11日放送のYOKOHAMA My Choice!は、東日本大震災から7年、「横浜市の復興支援」についてお話を伺いました。


◆「横浜市の復興支援」

 7年前の3月11日に東日本大震災が
 ありました。
 あらためて震災を思い出し、
 日頃どんなことができるのか、
 どんな備えをしておくべきなのかを
 しっかり確認しましょう。
 また、横浜市は、これまで、様々な
 形で東北地方への震災復興支援を
 行ってきました。

 横浜市総務局危機管理室
 危機管理課 担当係長の鈴木裕也さん
 にお話を伺いました。

 ・横浜市が行っている支援について
 ・日頃から取り組むことは?
 ・備蓄について
 ・家具の固定について
 ・避難の方法について 等々

 詳しくは、コチラをチェック!


◆『かき小屋』

 金沢区の海の公園にある
 『かき小屋』について、
 ご紹介しましょう。

 "東北を応援し続けていくこと"
 をコンセプトに、3年前から
 冬季期間限定で営業を開始した、
 「カキ小屋」。
 こちらを運営しているのは、
 かつては横浜で、漁業で生計を
 立てていた方々が立ち上げた
 「海の公園活性化協力会」。
 東北の"漁業"の支援に役立ちたい
 という、熱い思いで運営を
 続けています。
 三陸産の新鮮な牡蠣は勿論、
 ホタテや仙台名産の牛タンなど
 東北の美味しい食材が多数
 味わえます。

 「海の公園 かき小屋」は、
 3月31日までの期間限定営業。

 まずは、コチラから。


 ホームページもチェックして
 みてください。

2018年3月 4日 (日)

3月4日放送分 ~銭湯と横浜ーちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!ー~

3月4日放送のYOKOHAMA My Choice!は、銭湯にまつわる情報をピックアップ。


◆「銭湯と横浜
 ~ちょっと昔のお風呂屋さんへ
 ようこそ!~」

 横浜市歴史博物館で開催中、
 「銭湯と横浜~ちょっと昔の
 お風呂屋さんへようこそ!~」
 のご紹介。

 横浜市内にも、高度成長期の時代は、
 たくさんの「銭湯」が在りました。
 ということで、今回の企画展に
 ついて、横浜市歴史博物館の学芸員
 羽毛田 智幸さんにお話を伺いました。

 ・どういった内容なのか?
 ・展示の構成は?
 ・見どころは? 等々。

 銭湯の番台からの眺めをVR体験!
 なんてのもございますよ。
 是非、行ってみてください。

 インタビューの内容は、
 コチラをチェック!


 横浜市歴史博物館 企画展
 「ちょっと昔のお風呂屋さん
 へようこそ!」
 会期は、3月21日まで 
 開館時間は、9時~夕方5時
 休館日は月曜日
 観覧料は無料


◆「銭湯と横浜-"ゆ"を
 めぐる人びと-」

 横浜市歴史博物館と連携し、
 「横浜開港資料館」では、企画展
 「銭湯と横浜-"ゆ"をめぐる
 人びと-」が開催中です。

 こちらは、幕末維新期から
 昭和20年代までの歴史を
 紹介する企画展示。
 
 内容について、まずは、
 コチラをチェック!


 企画展「銭湯と横浜-"ゆ"を
 めぐる人びと-」は、
 4月22日(日)まで開催。
 入館料は、
 高校生以上200円
 小中学生は100円
 「横浜開港資料館」へは、
 みなとみらい線「日本大通り駅」
 をご利用ください。