fyb_switch_to_sp_js

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月27日 (月)

3月26日放送分 ~第33回全国都市緑化よこはまフェア~

3月26日放送のYOKOHAMA My Choice!は、林文子横浜市長と一緒に「第33回全国都市緑化よこはまフェア」についてご紹介しました。


◆「第33回全国都市緑化よこはまフェア」

 今週は、林文子横浜市長と一緒に
 3月25日に開幕した、「第33回全国都市緑化
 よこはまフェア」について、ご紹介しました。

 ・メイン会場の2つ
  「みなとガーデン」「里山ガーデン」について
 ・公式テーマソングについて
 ・アートイベントについて
 ・お子様も楽しめるイベントについて
 ・体験イベントについて などなど

 林市長が色々と教えてくれます。


 その内容は、コチラをチェック!



◆「全国都市緑化よこはまフェア~pt.2」

 みなとガーデンの「山下公園」には、
 歴史的にも有名な、アメリカ・ワシントンDCに
 渡った桜、「シドモア桜」が、サクラコンテナ
 となって登場します。12品種、100本の桜は、
 4月中旬までの期間限定。
 5月は、190品種、2600株の
 「未来のバラ園」が見ごろを迎えます。

 「港の見える丘公園」では、
 広報親善大使の三上真史さんが、
 「家族が遊べる庭」をコンセプトに、
 テレビ番組の中で1年かけて作り上げた、
 「『趣味の園芸』50周年記念ガーデン」
 があります。

 「公式グッズショップ」もあります。
 「みなとガーデン」は
 横浜赤レンガ倉庫1号館の1階。
 「里山ガーデン」は、正面入口広場。

 詳しくは、コチラをチェック!

2017年3月20日 (月)

3月19日放送分 ~時を超えて・ハマの史跡の物語~

3月19日放送のYOKOHAMA My Choice!は、企画展「時を超えて・ハマの史跡の物語」を開催中の横浜開港資料館をピックアップ。



◆「時を超えて・ハマの史跡の物語」

 横浜開港資料館をピックアップ。
 横浜開港資料館は、昨年6月の
 開港記念日に35周年を迎えました。
 横浜の歴史に関する資料を収集し、
 閲覧・展示・出版などにより一般に
 公開する施設で、横浜の歩んできた
 道を、資料を通じて次の世代に
 伝えていく、「近代横浜の
 記憶装置」としての役割を果たして
 います。
 ただ今、「時を超えて・ハマの
 史跡の物語」という企画展を開催中です。

 ということで、色々とお話しを
 伺ってきました。

 その模様は、コチラ



◆「第10回アフリカンフェス
 ティバルよこはま2017」

 3月24日(金)から26日(日)まで、
 横浜赤レンガ倉庫で、「第10回アフリカン
 フェスティバルよこはま2017」
 が開催されます。

 「アフリカンフェスティバル
 よこはま」は、日本とアフリカとの
 文化の架け橋を基本理念に
 企画されたイベント。
 今年は記念すべき10回目の開催
 になります。

 詳しくは、アフリカンフェス
 ティバルよこはま実行委員会事務局 
 電話 045-317-7890 まで
 お問い合わせいただくか、
 ホームページをご確認下さい。


 詳しくは、コチラもチェック!

2017年3月12日 (日)

3月12日放送分 ~東日本大震災から6年~

3月12日放送のYOKOHAMA My Choice!は、東日本大震災から6年、横浜市が行っている活動の一つ、被災地への職員派遣について、現地の職員の方と電話をつないでお届けしました。


◆「東日本大震災から6年」

 3/11、東日本大震災から6年が
 経ちました。
 横浜市では、継続して職員派遣活動を
 しています。時間が経過すると情報が
 少なくなり、なかなか被災地の状況を
 知ることができません。
 そこで、今回は、被災地の一つである
 宮城県山元町に電話をつなぎ、
 その様子を伺いました。
 ところで何故、宮城県の山元町に
 職員が派遣されているのでしょうか?

 その辺りも含め、知っておきたい
 貴重なインタビューになっています。

 是非コチラからお聴き下さい。



◆「うんめぇもん市」

 うんめぇもん市は、2011年11月に
 始まった東日本大震災復興支援イベント。
 市内の区役所や様々なイベントなどで、
 これまで600回を超えて開催されました。
 この店頭に並ぶ商品の売上は、石巻の
 復興につながっています。

 例えば、どんな商品が販売されているかと
 言いますと…
 ・石巻で獲れたサンマ
 ・名物の金華サバ
 ・三陸の海の幸をふんだんに使った
  お弁当やお惣菜 などなど

 お近くで開催される際には
 是非、美味しい逸品を見つけて下さい。

 コチラもチェック!

2017年3月 6日 (月)

3月5日放送分 ~ゲルに集まれ!~スーホの白い馬の世界へ~

3月5日放送のYOKOHAMA My Choice!は、横浜ユーラシア文化館で開催中のイベント「ゲルに集まれ!~スーホの白い馬の世界へ~」を中心にお送りしました。


◆「ゲルに集まれ!~スーホの白い馬の世界へ~」

 現在、横浜ユーラシア文化館で開催中の
 モンゴル文化を体験できるイベントの
 ご紹介から。

 ★横浜ユーラシア文化館…
 晩年を横浜市で過ごした
 考古学者の江上波夫が横浜市に
 寄贈した考古学・歴史学・民族学・
 美術関係の資料をもとに、
 2003年3月に開館した博物館。
 2,500点あまりの考古・歴史・
 美術・民族資料と、約25,000冊の
 文献資料が収蔵、展示されていて、
 これらを「砂漠と草原」「色と形」
 「技」「装う」「伝える」という
 5つのキーワードを軸として、
 ユーラシア諸地域の多彩な文化と
 人々の交流の歴史が分かるように
 展示しているのが特色。

 番組では、現在開催中のイベント
 「ゲルに集まれ!~スーホの
 白い馬の世界へ~」を取材しました。

 その模様はコチラ!



◆「made in Koganecho」

 横浜を代表するアートな街の一つ、
 「黄金町」で開催中の新企画
 「made in Koganecho」をご紹介。

 京急線日ノ出町駅から
 黄金町駅間にある、この黄金町地区は、
 2009年からアーティストを
 街に呼び込む、「アーティスト・イン・
 レジデンス」という取組みを行っていて、
 今ではなんと、約50組のアーティストが
 ここを拠点に活動しています。

 今回の「made in Koganecho」では、
 そこで生まれた作品が展示・販売されます。
 約30組が参加し、展示は、絵画・彫刻・映像・
 写真など様々なジャンルです。

 是非お気に入りの作品を見つけてください。
 3月20日までの開催です。
 詳しくは、
 黄金町エリアマネジメントセンター
 電話045-261-5467まで。

 コチラもチェック!