fyb_switch_to_sp_js

2017年12月10日 (日)

12月10日放送分 ~世界のクリスマス~

12月10日放送のYOKOHAMA My Choice!は、山手西洋館で開催されている「世界のクリスマス」についてお届けしました。また、ランドマークプラザで開催されているクリスマスイベントもご紹介しました。


◆「世界のクリスマス」

 山手西洋館で開催されている
 「世界のクリスマス」のご紹介。
 
 外国人居留地の面影が残る
 山手の丘では、8つの西洋館で
 8カ国のクリスマスを紹介
 しています。
 クリスマスの飾り、コンサート、
 ワークショップなどで、世界の
 クリスマスを体感できます。
 今回は、「山手111番館」の館長
 古屋悠子さんにお話を伺いました。


 その模様は、コチラをチェック!


 ~各館のクリスマス~
 ●山手234番館:アメリカ合衆国 
 ●外交官の家:ウクライナ   
 ●エリスマン邸:デンマーク王国 
 ●イギリス館:イギリス   
 ●ブラフ18番館:ドイツ連邦共和国 
 ●山手68番館:ガーナ共和国
 ●ベーリック・ホール:オランダ王国
 ●山手111番館:フランス共和国

 詳しくは、横浜山手西洋館のHPまで。


◆「Landmark Bright Christmas 2017
 ~あなたとピーターラビットの
 クリスマスパーティー~」

 毎年華やかなクリスマスが演出される
 ランドマークプラザ。
 今年は、100年以上に渡り世界中で
 愛され続けている
 "ピーターラビット"をテーマにした
 クリスマスイベントが開催中。
 ピーターラビットとその仲間たちの
 オーナメントで装飾された、
 高さ約8m、約21,000球のLEDと
 ランタンを使用したクリスマスツリーや
 ドックヤードガーデンでは、
 ピーターラビット生誕の地である
 イギリス湖水地方をイメージした、
 約10万球のイルミネーションを実施。
 その他、館内にはピーターラビットや
 その仲間たちと一緒に写真が撮れる
 フォトスポットも設置されています。
 12月25日(月)までの開催!

 まずは、こちらをチェック!

2017年12月 4日 (月)

12月3日放送分 ~今年大活躍! 横浜DeNAベイスターズ~

12月3日放送のYOKOHAMA My Choice!は、今年、横浜を熱くさせてくれた「横浜DeNAベイスターズ」をピックアップ。桑原将志外野手にインタビューしてきましたよ!


◆「今年大活躍!
 横浜DeNAベイスターズ」

 横浜DeNAベイスターズの
 話題から。
 今季、レギュラーシーズン3位から
 クライマックスシリーズを勝ち抜き、
 19年ぶりの日本シリーズ進出。
 惜しくも優勝は逃したものの、
 横浜は、DeNAベイスターズの躍進に
 歓喜の渦で盛り上がりました。
 今回は、不動の1番バッターとして
 活躍した桑原将志外野手と、
 広報部の河村さんに、11/23行われた、
 横浜スタジアムの改修を記念した
 特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」
 の試合の前に、お話を伺いました。

 インタビューの模様は、
 コチラをチェック!

◆「開港場横浜の原風景」
 横浜開港資料館で開催中の
 企画展「開港場横浜の原風景」
 のご紹介。
 幕末、横浜に開港場が置かれた
 ことはみなさん、ご存知ですよね。
 この企画展では、横浜に開港場が
 おかれた要因を、紐解く展示に
 なっています。
 キーワードは、江戸時代に行われた
 「新田開発」

 さてさて、どういうことなのでしょうか?

 詳しくは、コチラをチェック!


 「開港場横浜の原風景」は、
 来年の1月28日(日)まで開催。
 入館料は、高校生以上が200円
 小中学生は100円。
 最寄り駅は、
 みなとみらい線「日本大通り駅」です。
 祝日を除く月曜日と、
 年末年始(12月28日~1月3日)、
 1月9日は休館となります。
 詳細は「横浜開港資料館ホームページ」
 をご覧ください。

2017年11月27日 (月)

11月26日放送分 ~横浜の深まる秋の魅力~

11月26日放送のYOKOHAMA My Choice!は、林文子横浜市長をお迎えして「横浜の深まる秋の魅力」についてお話頂きました。


◆「横浜の深まる秋の魅力」

 今週は、林文子横浜市長と一緒に
 横浜の秋の魅力をご紹介!

 ・紅葉スポット
 ・イベント情報 など


 市長とのお話は
 コチラをチェック!


◆「三溪園の紅葉と関連の催し」

 市長とのお話にも登場しました
 三渓園。
 紅葉のシーズンは、12月半ば
 くらいまでです。
 また現在、聴秋閣と春草廬が
 公開されています。
 共に国の重要文化財に指定されて
 いる建物。
 紅葉と一緒にお楽しみ下さい。
 三溪園の紅葉の古建築公開は、
 12月10日(日)まで。

 また、12月10日(日)には、
 三溪園ボランティアによる
 自然観察会が開催されます。

 詳しくは、コチラをチェック!

 

2017年11月19日 (日)

11月19日放送分 ~クラシック・ヨコハマ2017~

11月19日放送のYOKOHAMA My Choice!は、今年で11年目を迎えた「クラシック・ヨコハマ」をピックアップ。また、「第20回記念 横浜マイスターまつり」の情報もご紹介!



◆「クラシック・ヨコハマ2017」

 「クラシック・ヨコハマ」は、
 全日本学生音楽コンクール全国大会の
 出場者をはじめとするデビュタント
 ・・・つまり若手演奏家が、様々な
 コンサートを通じて音楽をお届けする
 クラシック音楽のイベントです。

 100以上の公演を、
 「デビュタントの誕生」
 「デビュタントの輝き」
 「デビュタントの躍動」
 の3つのカテゴリーに分け、
 それぞれのステージで若い才能の
 活躍を観ることができます。

 今年11年目の開催は、
 11月1日からスタート。
 来年1月14日までの開催です。
 全国大会の受賞者が出演する
 コンサートもあり、街中のサロンや
 ミュージアムなど、身近な場所で
 ハイレベルな演奏を聴くことができます。

 今回は、その中の一つ「ウェルケア新吉田」
 という介護老人保健施設での
 コンサートに出演する予定の
 東京音楽大学大学院の学生、
 高野百合絵さんにお越しいただき
 お話を伺いました。

 その模様は、コチラ!


 「クラシック・ヨコハマ2017」の
 公演情報や開催場所など詳しくは、
 HPをご覧ください。


◆「第20回記念 横浜マイスターまつり」

 11月26日に「横浜市技能文化会館」で
 開催される「第20回記念 横浜マイスター
 まつり」

 横浜には、開港により、様々な西洋文化が
 もたらされました。
 その影響を受け、多くの職業が、
 ここ横浜から発展しています。
 そのすべては横浜発祥の職業。

 横浜市では、こうした生活や文化を
 支える手仕事・手作業をしている
 方々の中から、優れた技能を持つ方を
 「横浜マイスター」として選定しています。

 詳しくは、コチラをチェック!


 横浜マイスターまつりは、
 11月26日(日)午前10時から午後3時。
 JR関内駅から徒歩5分
 「横浜市技能文化会館」で開催されます。
 入場は無料です。

2017年11月13日 (月)

11月12日放送分 ~よこはま朝食キャンペーン~

11月12日放送のYOKOHAMA My Choice!は、「よこはま朝食キャンペーン」の話題と、「横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ」のお知らせをお届けしました。


◆「よこはま朝食キャンペーン」

 昨年に引き続き、2回目の開催と
 なった「よこはま朝食キャンペーン」

 さてさて、一体、どんなキャンペーン
 なのでしょうか?
 横浜市健康福祉局保健事業課 
 栄養士の石山千珠さんに
 お話を伺いました。

 その模様はコチラを!



◆「横浜女性ネットワーク会議&
 ウーマンビジネスフェスタ」

 来年1月27日(土)に開催される
 働く女性の応援イベント
 「横浜女性ネットワーク会議&
 ウーマンビジネスフェスタ」の
 お知らせ。

 このイベントは、働く女性の
 学びと交流の場「横浜女性
 ネットワーク会議」と、女性
 起業家の情報発信の場
 「ウーマンビジネスフェスタ」
 を合同で開催するものです。

 今回の基調講演の講師は、
 脚本家の大森美香さん。
 テーマは、「テレビドラマから
 学ぶ女性像」
 どんなお話が聞けるのか、
 楽しみです。

 詳しくは、コチラから。

2017年11月 5日 (日)

11月5日放送分 ~地産地消月間~

11月5日放送のYOKOHAMA My Choice!は、「地産地消月間」にちなんだ話題と、「読書週間」にちなんだ話題をお届けしました。


◆「地産地消月間」

 今月11月、横浜市は「地産地消月間」。
 横浜市というと、港町という
 イメージがあるかもしれませんが、
 実は、全国でも「珍しい」農地と
 住宅地が混在した都市です。
 農地面積と農家戸数は
 なんと神奈川県内で第1位。
 様々な野菜や果物が生産
 されています。

 ということで、今回は、市内で農業
 を営む生産者さんにお話を
 伺ってきました。

 その模様はコチラ!


★地産地消のイベント★

「よこはま地産地消フェア」は、
「ヨコハマグランドインター
コンチネンタルホテル」
「横浜ロイヤルパークホテル」
「横浜ベイホテル東急」の 
みなとみらいにある3つのホテルや、
横浜市産の農畜産物を
取り扱っている「よこはま地産
地消サポート店」を中心に、
37店舗もの飲食店等が、
メニューを提供します。
詳細はHPで!

「よこはま食と農の祭典2017」
は、11月18日・19日の2日間、
みなとみらい地区で開催される
地産地消月間の一大イベント。
横浜の農業や農畜産物の魅力を
体験できるイベントです。
こちらも詳細はHPで!


◆「市民の読書活動推進月間」

 読書週間にちなんだ話題を。
 横浜市では、毎年11月を
 「市民の読書活動推進月間」
 と定め、市内で様々な
 読書イベントを開催しています。

 例えば、11月11日。
 横浜市中央図書館で開催される
 「横浜市読書活動推進ネット
 ワークフォーラム」は、
 読書活動に関わる方・はじめたい方に
 向けての講座やトークセッション、
 ワークショップ・紙芝居・展示など
 盛りだくさんの内容になっています。

 その他の地域でも、様々な
 イベントが開催されます。

 まずは、こちらをチェック!

 ★横浜市立図書館HP

2017年10月29日 (日)

10月29日放送分 ~スマート・イルミネーション横浜~

10月29日放送のYOKOHAMA My Choice!は、「スマート・イルミネーション横浜2017」の情報を林文子横浜市長とお届けしました。


◆「スマート・イルミネーション横浜」

 今回は、林文子横浜市長を迎え
 「スマート・イルミネーション
 横浜2017」について、お話を
 伺いました。

 このイベント、最初に開催された
 のは、2011年。
 横浜らしい「都市観光」に
 結びつくような
 「アートの発信」を目指して、
 横浜の大きな魅力である「夜景」
 に注目した内容になっています。

 詳しくは、市長のお話を
 コチラからチェック!

§「スマート・イルミネー
 ション横浜」

 「コアフェスティバル」は、
 11月1日(水)~5日(日)まで、
 象の鼻パークをメイン会場に開催。
 「ヨコハマ・イルミネーション
 ・マンス」は、12月までの2か月間
 行われます。
 象の鼻パーク他、市内各所で開催。
 詳しくは、HPでご確認を!


◆「Creative Waterway
 -川と海でつなぐ創造の拠点」

 横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫、
 開港記念会館で開催されている
 現代アートの国際展「ヨコハマ
 トリエンナーレ2017」とあわせて
 開催中の「Creative
 Waterway-川と海でつなぐ
 創造の拠点」をご紹介。

 「Creative Waterway」は、
 横浜赤レンガ倉庫の近くに
 ある象の鼻パークから
 大岡川にかけて、水辺を舞台に
 様々なアート作品を展示する
 「屋外展示型プログラム」で、
 街全体で横浜のアートシーンを
 盛り上げています。

 11月3日~5日は、
 象の鼻パークを舞台に、
 急な坂スタジオが企画した、
 ダンスと映像の新しい可能性を
 探るパフォーマンス
 「シルエット」が展示。
 また、京浜急行線日ノ出町駅から
 黄金町駅周辺のエリアでは、
 大岡川に沿って、橋や護岸に、
 たくさんのアーティストの作品を
 展示しています。
 期間中は、作品を間近で鑑賞できる
 特別なアートクルーズも
 運行中です。
 
 詳しくは、コチラをチェック!

2017年10月22日 (日)

10月22日放送分 ~ウォーターフロント・シティー横浜 みなとみらいの誕生~

10月22日放送のYOKOHAMA My Choice!は、横浜都市発展記念館で開催中の企画展「ウォーターフロント・シティー横浜 みなとみらいの誕生」のご紹介、それから、いよいよ29日に開催される「横浜マラソン2017」の情報についてお送りしました。


◆「ウォーターフロント・シティー横浜
 みなとみらいの誕生」

 横浜都市発展記念館で開催中の
 企画展「ウォーターフロント・
 シティー横浜 みなとみらいの
 誕生」のご紹介から。

 「みなとみらい」といえば、
 近代的なビルが立ち並び、
 さまざまな商業施設や観光スポット、
 また、企業やタワーマンションなど
 もあり、"新しい街"という
 イメージがありますが、その「みなと
 みらい」をテーマにした企画展
 とは、どんな企画展なのか??

 詳しくは、コチラをチェック!

§横浜都市発展記念館で開催中の
 企画展「ウォーターフロント・
 シティー横浜 みなとみらいの誕生」
 
 開催は、2018年1月8日(月祝)まで。
 開館時間は、午前9時30分~午後5時
 (券売は閉館の30分前まで)
 ただし、11月3日(金・祝)、
 12月23日(土・祝)、
 1月8日(月・祝)は、
 午後7時まで開館。
 休館日は、毎週月曜日、及び年末年始。
 入館料は、一般300円、小・中学生150円
 ですが、毎週土曜日、小中学生と高校生は
 無料。
 詳しくは、横浜都市発展記念館の
 HPをご覧下さい。


◆「横浜マラソン2017」

 10月29日(日)、「横浜マラソン2017」
 が開催されます。
 2015年、市民参加型フルマラソンとして
 生まれ変わった「横浜マラソン」
 3回目となる今年は、時期をこれまでの
 「春」から「秋」へと変更しました。
 総勢28,000人のランナーが
 横浜の街を駆け抜けます。
 
 大会当日は、首都高速は朝5時ごろ
 から午後4時頃まで、一般道は
 朝6時30分ごろから午後3時すぎまで
 交通規制が行われます。
 競技の進行状況によっては、
 規制時間が伸びる場合もありますので、
 お車の方は、お気をつけ下さい。

 また、27日(金)から29日(日)
 までの3日間、「横浜マラソンEXPO」
 が横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催。
 こちらも是非いらして下さい!

 詳しい情報は、コチラから!

2017年10月16日 (月)

10月15日放送分 ~「食品ロス」に向けた取り組み~

10月15日放送のYOKOHAMA My Choice!は、10月16日は「世界食料デー」にちなんで、「食品ロス」に向けた取り組みをご紹介しました。


◆「世界食料デー」

 横浜市が行っている
 「食品ロス」に向けた
 取り組みのご紹介。

 10月16日は「世界食料デー」
 国連が定めた「世界の食料問題を
 考える日」です。
 そして、「食品ロス」というのは、
 食べられる状態なのに
 廃棄される食品のこと
 なんですが、食べられるのに
 廃棄される?・・・
 とうことで、横浜市資源循環局
 3R推進課 課長の江口洋人さんに
 お話を伺いました。

 その模様は、コチラをチェック!


◆「東京湾大感謝祭2017」

 10月20日~22日の3日間、
 横浜赤レンガ倉庫広場をメイン
 会場として開催される
 「東京湾大感謝祭2017」のご紹介。

 5回目の開催となる今年の
 テーマは、「海にいいこと、
 やさしいこと、はじめよう!」です。
 海の環境を学んだり、
 レジャー体験やイベントなど
 盛りだくさんになっています。

 例えば・・・
 20日(金)13時に大桟橋ホールで
 「東京湾シンポジウム」が開催。
 21日(土)、22日(日)の両日には、
 「ヨット・ボート“無料”
 体験乗船会」や「親子ハゼ釣り教室」、
 そして、有料で「横浜港クルーズ
 特別便」が運航 などなど。

 詳しくは、コチラもチェック!


 各イベントの開催時間など、
 「東京湾大感謝祭2017」の
 ホームページをご確認ください。

2017年10月 9日 (月)

10月8日放送分 ~横浜の近代水道130年~

10月8日放送のYOKOHAMA My Choice!は、横浜の近代水道130年をピックアップしてみました。
また、10月6日に発売された「季刊誌<横濱>」もご紹介しました。



◆「横浜の近代水道130年」

 1859年の横浜開港後、
 外国からの文化が多く入り、
 「日本ではじめて」という
 ものが多く誕生した横浜。
 近代水道もそのひとつ。
 ということで・・・
 保土ケ谷区川島町の
 「横浜水道記念館」で
 お話を伺ってきました。

 ・そもそも"近代水道"とは、
  どういうもの?
 ・「横浜水道記念館」は、
  どのような施設?
 ・どんな資料があるの? 等々

 詳しくは、コチラをチェック!


 また、10月15日(日)には、
 近代水道創設130年を記念した
 イベントがクイーンズスクエア
 横浜で開催されます。
 その他にも、相模原沈澱池から
 港の見える丘公園までの
 主に水道道を4区間に分けて
 歩くウォーキングイベントや、
 水道記念館、小雀浄水場などの
 水道施設をめぐるスタンプラリー、
 市民、関係団体を対象に
 道志村や宮ケ瀬湖などの
 水源地を訪問するバスツアー
 なども開催されます。
 HPでご確認を。

◆「季刊誌<横濱>」

 10月6日に発売された
 季刊誌<横濱>の最新号に
 ついてご紹介。

 今回の特集のテーマは
 「相鉄線、新たな魅力」
 今年開業100周年を迎える
 ということで、相鉄100年の
 軌跡を振り返るとともに、
 新たな魅力を探っています。

 コチラもチェック!

 「季刊誌<横濱>」は、横浜市内・
 神奈川県内及び都内の主な
 書店で販売しています。
 価格は610円。
 お問合せは、
 神奈川新聞社クロスメディア営業局
 電話045(227)0850まで
 お問い合わせください。