最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 様々な熱対策 | メイン | 車中泊にまつわる情報 »

2018年7月27日 (金)

車の、夏のお肌対策について

皆さんは、車のお肌・・・ボディのケアはしていますか?

人間のお肌と同様に、夏は車のボディもダメージを受けます。

 

海から帰ってきたら、ボディのお手入れを!

 

海沿いを走った車は、ボディに塩分が付着しています。

塩分は、サビなどの原因になるので洗車をしましょう。

 

ボディを洗う時のポイントは・・・

まず、高圧洗浄機やシャワーを使って、ある程度の砂を落とすこと。

砂を落とす前にスポンジでこすると、

砂の粒子によって小さな傷ができてしまいます。

十分に洗い流してから、シャンプーなどを使いましょう。

 

また、特に汚れがつきやすいパーツは、タイヤとホイール。

アルミ製のホイールを使っている方は、特に注意が必要です。

アルミホイールは塩分に弱く、白い錆を発生させてしいます。

 

足回りを洗うときのポイントは・・・

ホイールブラシを使って、塩分汚れが蓄積しやすいボルトの中や、

空気を入れるためのバルブ部分などを細かく洗うことです。

 

最後に、

ドアとボディの隙間や、トランク・ボンネットの隙間も洗浄。

隙間部分は、洗剤を薄く染み込ませたスポンジなどで

汚れを落としていきます。

そしてそのあとに、

水拭き、乾拭きといった順番に拭いていけば、キレイになります。

 

 夏は、塩分による汚れ以外にも、虫の汚れも厄介!

 

高速道路を走った後などに、虫がボディにはり付いているのを見たことがありますか?

 

虫は、強い酸性やアルカリ性を持っているので、そのまま放置すると、

固まって、ボディにダメージを与えてしまいます。

 

はりついているのを見つけたら、

水を湿らせたティッシュで、その場で取り除いておくと固まらずに済みます。

ただし、ウエットティッシュなどは、NG!

ガラスに使ってしまうと、ギトギトになってしまうこともありますので、

オススメしません。

  

最後の仕上げは、、、

 

ボディの洗浄や、足回りの掃除、虫掃除など

全ての洗車の作業が終わったら、

最後に仕上げでワックスがけや、コーティングなどをしてあげましょう。

 

ボディローションなどで人間のお肌を保湿させるように、

車のボディも最後に保護をしてあげると、

綺麗なボディを保ちやすくなります。

ぜひ試してみてくださいね。

ところで、皆さん。

車を駐車するときは、日陰に停車させていますか?

紫外線は車の塗装を、劣化させてしまうので、

日陰に駐車させることがベストですが・・・

 

夏場はどの車も日陰に駐車しようとするので、

お出かけした際などは、なかなかスペースが空いていないですよね。

 

そんな、日陰が見つからない時にもぴったりな、

太陽光を防ぐ画期的なアイテムがあります。

そのアイテムは、クラウドファンディングによって生まれたアイテムなのですが・・・

 

さて、ここで今日のクイズです。

クラウドファンディングによって生まれたLanmodoという、

太陽光を防ぐためのアイテムは、どのようなアイテムでしょうか?

 

1:自動で開閉する車用のパラソル 

2:紫外線をほぼ100%反射させる車のカバー

3:ボディの表面温度を水で冷やす装置

 

ここで1曲おかけいたしますので、皆さん一緒にお考えください。

  

正解は

1:自動で開閉する車用のパラソル

 

クラウドファンディングによって生まれた商品、Lanmodoは、

車のルーフ部分につけるパラソルで、リモコン操作で開閉できます。

効果も抜群で、夏場はおよそ70度を超えると言われるボディの温度を、

およそ35度まで下げることができます。

 

また、作りがとても頑丈で、上からの落下物に強く、レンガを上から落としても

破れることがありません。

さらには、風の強い日や、雪が積もった時でも使えるので、

一年を通して使うことができます。

テントの紐にはワイヤーが入っているので、

簡単に盗難されることもないんですよ。

 

屋外の駐車場を利用される方に、とても便利なアイテムです!

https://www.lanmodo.jp/auto-car-umbrella.html

 

ということで今日は、車の、夏のお肌対策についてご紹介しました。

コメント

コメントを投稿