最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月25日 (金)

安全上とても重要な役割を担っている「ワイパー」

車を運転する上で、安全上とても重要な役割を担っている「ワイパー」。

 

これから梅雨に入るので、一層大活躍することになりますが、

そんな「ワイパー」の誕生の歴史を知っていますか? 

「ワイパー」の誕生は、およそ100年前に遡ります。

 

開発したのは、アメリカのメアリー・アンダーソンという女性でした。

 

ワイパーが誕生する前・・・

メアリーはある時、路面電車に乗っていました。

その日は、雪の降る寒い日だったために、

路面電車は、ガラスについた雪を取り除くのに苦労していました。

何度も、停車を繰り返し、しまいにはフロントウインドウを開けて、

吹雪を浴びながら運転していたそうです。

 

その当時は、ワイパーがなかったために、

雨や雪の日に運転することは困難なことだったのです。

 

その光景を見たメアリーは、電車の中でアイデアのスケッチを始め、

木とゴムでできた“ワイパーの原型”を考案したと言われています。

その後、様々な自動車メーカーが、ワイパーを車に搭載するようになったのです。

 

その他にも、アメリカの企業の社長が、

雨の日に車を運転して、事故を起こしたことから

ワイパーを開発するに至ったという説もあります。 

 

さて、そんなワイパーですが、

皆さんの車のワイパーはちゃんとメンテナンスしてあげていますか?

梅雨入り前に、一度チェックをしてみましょう!

 

・ガラスに、スジ状の拭き残しができる。

・ガラス表面の水がにじむ。

・ワイパーブレードから変な音がする。

・ガラスの一部だけ水の切り残しがある。

 

などといった症状がみられる場合には、交換が必要です。

 

交換時期の目安は、およそ半年で、ワイパーゴムの交換、

1年で、ワイパーブレードの交換が必要と言われていますので確認してみましょう! 

 

簡単な交換方法を紹介する動画など、動画サイトなどでアップされているので、

いつもは車屋さんに交換を任せているという方も、

チャレンジしてみても楽しいかもしれません!

  

ところで、ワイパーが発明されてからおよそ100年が経ちましたが、

 

手動のものから自動のものに変わったり、空気抵抗が改良されたりと、

様々な変化を遂げてきたものの、その基本的な構造は変わっていません。

 

ワイパーはとても便利なものではありますが、

それでも多少なりとも視界をさえぎってしまったり、

拭ききれない範囲があるといったこともあるので、まだまだ改善の余地があります。

 

 

そこで、現在では従来のワイパーとは違った形で水を弾く装置が研究されています。

 

ではここで今日のクイズです。

  

TOYOTAが特許を出願している、従来のワイパーとは違った形で水を弾く装置とは、

どんな装置でしょうか?

 

1:赤外線で水を乾かす装置

2:高周波振動で水を弾く装置

3:風圧で水を飛ばす装置

 

正解は・・・

 

2:高周波振動で水を弾く装置

 

TOYOTAが2007年に特許を出願している、

ワイパーのアームを使わずに水を弾く装置は、

ガラス面に着いた水滴を高周波振動により落とすというもの。

 

高周波でガラスを振動させることにより、

ガラス面の小さい水滴を集めて、大きな水滴に変え、

そのものの重さで落下させたり、走行による風圧で弾き飛ばしたりさせます。

 

耐久性や、コストの観点からまだ実用化はされていませんが、

未来の車は現在のような形のワイパーはなくなっているかもしれませんね。

 

ということで今日は、

ワイパーの歴史や、交換時期の目安、未来のワイパーについてご紹介しました。

 

 

2018年5月18日 (金)

交通安全のためのアプリ

5月は、気の緩みなどから、小学生の交通事故が増える傾向にあるといいます。

事故のないようにするために、

今日は交通安全のためのアプリをご紹介したいと思います。

まず初めにご紹介するのは、安全なカーナビアプリ

 

保険会社の「損保ジャパン日本興亜」がリリースしている、

『PORTABLE SMILING ROAD』というナビアプリでは、

保険会社ならではの安心・安全な機能があります。

 

カーナビアプリは、いまや、様々なものがありますが・・・

他のものと違う点は、「最速ルート」だけでなく、「安全ルート」を表示できるところ。

 

過去の、交通事故データに基づいて、

事故が多く起こる場所を避けたルートを案内してくれます。

また、事故が多発する場所では、その地点の500m手前で、音声で教えてくれます。

 

「安全ルート」以外にも

・最短時間で到着できるルート

・通行料金のかからないルート

・最短距離から選べるルート

・燃費に負担のない道を選べるルート

などの項目からも、ルートを選ぶことができます。

 

次にご紹介するのは、「ながらスマホ運転」を防止するアプリ

 

スマートフォンを見ながらの運転による事故は年々増えています。

流行りの携帯ゲームなどをしていて、事故を起こしてしまった

といったニュースもありましたよね。

 

そんな「ながらスマホ運転」をさせないようにするために開発されたのが、

『eBrake』というアプリです。

 

車が動くのを検知すると、自動的にスマホをロックして、

電話やショートメッセージなどの通知が鳴らないようにしてくれます。

かかってきた電話や、ショートメッセージに対しては、

運転中を知らせるメッセージが自動で返信されるようになっています。

App Storeや、Google Playでリリース予定ということなので、今後が楽しみですね。

 

続いてご紹介するのは、スピード違反対策のアプリ

 

海外の交通安全キャンペーンでリリースされたアプリで、

とてもユニークなものがあります。

 

南米の国、ペルーでは、スピードの出し過ぎが原因で、

高速道路での死亡事故件数が増えていました。

そんなペルーの携帯の通信キャリアが、

“スピード違反防止”を目的としたキャンペーンで、

「制限速度を守りたくなる」アプリをリリースしました。

 

さて、ここで今日のクイズです。

 

ペルーの携帯電話の通信キャリアが、キャンペーンでリリースした

「制限速度を守りたくなる」アプリとはどんなアプリでしょうか?

次の三つのうちから選んでください。

 

1:速度を守って走行すると、通話代が安くなるアプリ 

2:速度を守って走行すると、スマホケースがもらえるアプリ

3:速度を守って走行すると、インターネット通信量がもらえるアプリ

 

正解は・・・

3:速度を守って走行すると、インターネット通信量がもらえるアプリ

 

ペルーの携帯キャリアの、Movistarがリリースした

『Speed Control』というアプリは、

制限速度を守って運転すると通信量がプレゼントされるというもの。

 

目的地まで制限速度内で走行すると、1GBのインターネット通信量が

もらえるという仕組みになっています。

 

キャンペーンの名前は、『Leave speed to the internet』。

意味は「インターネットのために、スピードを取っておきましょう」。

車の「制限速度」と、インターネットの「制限速度」をかけていて、とてもユニークですよね。

このアプリは数千人もの現地ドライバーが使用したそうですよ。

 

ということで今日は、交通安全のためのアプリなどをご紹介しました。

 

2018年5月11日 (金)

運転しながら美容を意識できるアイテム

今度の日曜日は、母の日ですね。

いつまでも綺麗でいてほしいお母さんのために、

今日は、運転しながら美容を意識できるアイテムを紹介したいと思います。

 

運転中は、姿勢が悪くなりやすい・・・

特に猫背や、前にズルズルと滑っていったような座り方になっている場合が多いです。

 

運転中も座り方を矯正するシートを使うと、綺麗なボディラインを保つことができます。

 

オススメのシートは、MTGから発売されている

『Body Make Seat Style』。

人体の理想的な姿勢をかたどったシートの形状をしているので、

座るだけで姿勢を矯正してくれます。

 

シートのサイズも、座面から腰の真ん中くらいまでの高さの、

持ち運びやすいサイズなので、

車で使わない時も自宅の椅子などで使えます。

 

また、カラーも、赤、青、ブラック、茶系のものまで様々あり、

お好みに合わせて選べます。

 

続いてご紹介するのは、

運転中にお肌を綺麗にできるアイテム。

 

運転しながらお肌を綺麗にするなんて、と思った方もいるかと思いますが、

SHARPから発売されている、車用のプラズマクラスターイオン発生機を使うと、

スイッチを入れておくだけで、お肌に保湿効果を与え、

ツヤ、ハリを与えてキメを整えてくれるんですよ。

 

これからの時期は、エアコンで肌が乾燥することもあるので、

嬉しいアイテムですね!

プラズマクラスターを使うと、

お肌に保湿効果を与えるだけでなく、

車の中に浮いているカビを除菌してくれたり、

匂いの原因を抑えてくれます。

 

シガーソケットからの電源を使って使用できるタイプで、

ドリンクホルダーにすっぽりと収めることができて、邪魔にもなりません。 

 

これからの季節は、美容のために紫外線対策が必須!

 

車の中では、特に皮膚の薄い手の甲などの日焼けに注意しましょう。

母の日にプレゼントするなら、

アームカバーなどが手軽に使えていいかもしれません。

 

オススメの商品は、Dankeから発売されているアームカバー。

 

アームカバーというと、黒一色のものなどが多いですが・・・

Dankeのアームカバーは、ポップな配色のものや、

おしゃれな柄のテキスタイルの商品が多いので、

プレゼントされたらとても喜ばれると思いますよ!

 

その他にも・・・

暑さ対策に重点を置いたアームカバーで、

株式会社リベルタから発売されている

「FREEZE TECH」という商品もあるんですが、

 

さて、ここで今日のクイズです。

 

「FREEZE TECH」のアームカバーには、

通常の生地よりも冷たく感じるように、特殊なプリントを施されているのですが、

どんなプリントでしょうか?

 

1:ミント成分が含まれているプリント

2:キシリトール成分が含まれているプリント

3:唐辛子成分が含まれているプリント

 

正解は・・・

 

2:キシリトール成分が含まれているプリント

 

「FREEZE TECH」のアームカバーのプリントには、

キシリトールと、エリスリトールという成分が含まれていて、

これらは熱を下げる特性を持っているので、

アームカバーの繊維の温度を下げれるようになっています。

「FREEZE TECH」は、

元々はバイクに乗る人のために作られたインナーなどを売り出していましたが、

現在ではアームカバーなど、車やアウトドアなど様々なジャンルの

夏場の暑さ対策にいいと話題になっています。

HPでは商品が順次発売されるそうなので、チェックしてみてください。 

 

ということで今日は、運転しながら美容を意識できるアイテムをご紹介しました。

  

2018年5月 4日 (金)

車の「黒いパーツ」を際立たせるためのお話

ゴールデンウィークも残すところ、今日を含めてあと3日!

連休の間に、洗車やワックスがけをする方もいると思いますが・・・

ワックスなどをした後に、仕上がりがイマイチに感じることってありますよね。

そんな時は、車の「黒いパーツ」を綺麗にケアしてあげると、

かっこよく、“しまり”のある見た目になります。

 

まずは、タイヤ

車の足元が汚れていると、なんとなく“しまり”のない印象になってしまいます。

そこで、タイヤを綺麗にして「黒」を際立たせましょう。

 

タイヤの掃除は、たわしを使って、たっぷりと水をつけながら、

全体をこすっていきます。

たわしは、ゴムを傷つけることがないので、

力を入れてゴシゴシと擦っても問題ありません。

 

側面の部分は、ロゴなどが入っていることがあるので、

溝になっている部分をたわしでなぞるようにして汚れをかき出します。

 

洗い終えたら、水で流し、拭きあげ、タイヤ用のワックスをかけていきます。

ワックスをかけることでツヤを出し、

汚れを予防したり、ひび割れも防ぐことができます。

 

車の窓の下側にあるゴムパーツ部分も黒くしましょう。

黒色のゴムは、劣化すると白くなっていってしまいます。

白くなってしまったゴムも、ケアしてあげることで深い黒色が復活し、

車の見た目もぐっと“しまり”ます。

 

オススメのケアアイテムは、PROSTAFFから発売されている

「魁 磨き塾 窓ゴム&ゴムモールコート」というコーティング剤。

劣化したゴム部分に塗ることで、みるみるうちにゴムの黒色が復活します。

 

ゴム部分を黒くする商品もいろいろとありますが・・・

この商品は、ガラス系ポリマーが配合されてあるので、

硬く頑丈なコーティングまでしてくれます。

また、紫外線吸収剤も入っているので、

日光によるゴムの劣化も防いでくれるのです。 

 

未塗装の樹脂パーツも磨きましょう。 

バンパーや、ステップ部分、サイドミラーの付け根などに、

塗装がされていないグレーや黒の樹脂パーツが使われることがあります。

これらのパーツも、経年劣化により白く変化してしまいます。

 

樹脂パーツが白く変化してしまった場合は、メラミンスポンジを使って

新車のようにきれいに戻すことができます。

 

たっぷり水を含ませたメラミンスポンジで、

白くなってしまった樹脂パーツを磨いていくと、

白い部分がだんだんとなくなっていき、黒く変化していきます。

 

黒くなるのは、メラミンスポンジがとても細かくボディを削っているためなので、

磨き終わった後は、必ずコーテイングをしましょう。

未塗装樹脂パーツ専用のコーティング剤が、各メーカーから販売されていますので、

調べてみるといいかもしれません。

 

また、白くなってしまった樹脂パーツの保護剤として、

家庭にあるものでも代用することができます。

 

さて、ここで今日のクイズです。

 

白くなってしまった樹脂パーツの保護剤として代用できるものは

次のうちどれでしょうか?

 

1: 墨汁

2: ボールペンのインク 

3: 靴墨

 

正解は・・・

3:靴墨

 

靴墨は、蝋や油脂、染料などでできているので、

ワックスの代わりとなってくれます。

 

ただし、しっかりと汚れを落とした上で塗らないと、汚れを包み混んでしまうので、

必ず洗車をしてから塗りましょう。

使用する際は、目立たないところでうすく塗って一度試してみるといいと思います。

 

樹脂パーツを、より綺麗に仕上げたいなら、神奈川トヨタなどのカーショップに

コーティングをお願いしてみるのもいいかもしれませんね!

 

ということで今日は、車の「黒いパーツ」を際立たせるためのお話をご紹介しました。

<scriptsrc="http://www.fmyokohama.co.jp/js/flowplayer.device.js" type="text/javascript">