最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

「嘘のようだけど、ホントの、驚きの話」について

今度の日曜日は、エイプリルフール。

ということで今日は、「嘘のようだけど、ホントの、驚きの話」をご紹介。

 

まずご紹介するのは、ギネスにまつわるお話です。

ギネスといえば、様々な「世界一」の記録を認定していますが、

車にまつわる驚きの記録も、様々あるのはご存知でしょうか?

 

公道を走れる車で、世界で最も小さなサイズを競う

『Smallest roadworthy car』という項目では、

・ボディの全長が、およそ1メートル26センチ

・全幅(ぜんぷく)、幅がおよそ65センチ

・全高、高さおよそ63センチ

という、とても小さな車が記録に認定されています。

 

サイズも、見た目も、まるで子供が乗るおもちゃの車のようで、

座ると上半身が車のボディからはみ出してしまいます。

 

スピードは時速40kmまで出て、

ライトや、シートベルトなどの装備が揃っているので、公道を走ることができます。

 

記録保持者はアメリカのAustin Coulson(オースティン・コールソン)さん。

2012年にギネス記録に登録され、現在もなお記録を保持しています。

  

ギネス記録では、他にも、車にまつわる「嘘のような、ホントの話」があります。

 

ドバイといえば、超高層ビル群や巨大モールの建築など、何かと豪華なイメージがありますが・・・

なんとドバイの警察には、世界の名車や、高級車で編成した「スーパーカー部隊」というチームがあります!

 

全部で14台の高級車で編成されていて、

最高時速およそ400km/hを越えるスピードを出す車まであるんですよ。

 

この「スーパーカー部隊」が、

『世界最速パトカーを保有する警察』として、ギネス記録に認定されているのです!

 

また、現在ドバイでは、

自動運転でパトロールを行う「ロボットパトカー」も開発しています。

 

全長は、一般的な車の半分くらいのサイズ。

センサーやカメラが異変を察知すると、自動的に警察本部のセンターにアラートを送る

仕組みになっています。

さらに、万が一犯人に逃げられた時のために、ドローンも搭載されているので、

追跡を続けることができるのです。 

 

ところで、皆さんは、運転をしている時、

「行き」よりも「帰り道」の方が早く感じることはありませんか?

実はこの現象にも「嘘のような、ホントの話」がひそんでいました。

 

「帰り道」の方が早く感じる現象については、

多くの科学者が研究を行なっていますが、その理由は未だ解明されていません。

 

しかし、一説によると、移動の時の「到着時間の予測」が関係しているのではないかと

言われています。

 

一般的に、人は「行き」にかかる時間は短く見積もって、

「帰り道」では長く見積もる傾向があるので、

帰り道では「行き」よりも早くついたように錯覚するというのが、

この現象の仕組みなのです。

 

さて、ここで今日のクイズです。

「行き」よりも「帰り道」の方が早く感じる現象には、名前がついているのですが、

それは次のうちどれでしょう

 

1: タイムスリップ・ロード

2:ロード・ディレイ

3:リターン・トリップ・エフェクト

 

 

正解は、、、

3:リターン・トリップ・エフェクト

 

この「リターン・トリップ・エフェクト」については、

様々な大学などの研究機関で研究されています。

 

せっかちな人ほど行きの時間を短く予測してしまい、

結果として帰りの時間をより短く感じてしまうそうなので、

今週末、ご家族や、友達とドライブに行く際は、

帰り道が長く感じたかどうか試してみると面白いかもしれませんよ!

 

ということで今日は、「嘘のようだけど、ホントの、驚きの話」をご紹介しました。

2018年3月23日 (金)

車の春の衣替えについて

今日は、車の衣替えについて、お話ししたいと思います。

まずは、足元の衣替え!

スタッドレスタイヤから、ノーマルタイヤに替えましょう。

 

今週水曜日は雪が降りましたが、

明日以降は、だんだんと春の暖かさが戻ってくるので、

週明け頃からタイヤ交換について検討してみるといいかもしれません。

 

ところで「一年中スタッドレスタイヤのままだといけないの?」と

思う方もいらっしゃると思いますが、

晴れた日にスタッドレスタイヤのままにしておくと、

大きく分けて4つのデメリットがあります。

  • ノーマルタイヤに比べて、地面を転がりにくくなるので燃費が悪くなる
  • カーブやブレーキにおいて、グリップ力が低下するので、滑りやすくなる
  • 速い速度で走った時の、安定感が悪くなる
  • 雨の日に滑りやすくなる

スタッドレスタイヤは、あくまでも雪道での走行用に設計して作られているので、

春夏などで使ってしまうと、性能を発揮しません。

 

また、ノーマルタイヤの中でも、ブランドによって種類が様々あるので、

これを機会にディーラーに相談したり、

インターネットで車種の特性にマッチするタイヤを調べてみてもいいかもしれません。

 

続いて、シートカバーの衣替え!

送風機能付きのシートカバーを使って、心地よいドライブをしましょう。

 

運転中は季節を問わず、「水分を取らないと脱水症状になる」と言われているほど、

たくさんの汗をかいているって知ってましたか・・・?

知らず知らずのうちにそんなに汗をかいているなんてびっくりですよね。

 

特にこれからの時期は、シートがムレて、ちょっと嫌な感じになってしまいます。

 

そこでオススメの商品が、BONFORMから発売されている、

「クールランバー ダブル」という商品。

 

シートの表面から風を流して、体の周りの空気を循環させるシートカバーです。

 

シートカバーの膝元あたりにファンがあり、そこから空気を吸って循環し、

背中や膝裏などの部分から風を送る仕組みになっています。

 

このシートを使うと、運転者の体感温度が下がるので、

エアコンの効きも良くなったような感覚がします。

 

使い方も簡単で、電源プラグをソケットにつなぎ、

コントローラーで風量を調整するだけとなっています。

 

夏場まで使えるので、春に向けてシートカバーを替えようと思っている方は、

是非「クールランバーダブル」を調べてみてください。

 

最後に車内の匂いも衣替えしましょう!

車の芳香剤も、春らしい香りのものに変えてみてはいかがでしょうか?

 

オススメの芳香剤は、桜の香りがする芳香剤、

「AIR SPENCER SAKURA」です。

自動車用芳香剤といえば、花の香りのものは多くありますが、

桜の香りのタイプは珍しいですよね。

 

ではここで今日のクイズです。

 

桜の香り缶「AIR SPENCER SAKURA」には、何が入っているでしょうか?

1:桜の花びら 

2:桜の葉っぱ

3:フェロモン

 

 

正解は、、、

3:フェロモン 

 

桜の香り缶「AIR SPENCER SAKURA」を製造する、

栄光社に伺ったところ、ヨーロッパから「ヒト・フェロモン」という物質を輸入していて、

それを香水タイプの香りとブレンドすることで、

人が心地よいと感じるオリジナルの芳香剤を作っているとのことでした。

 

およそ一ヶ月以上は香りの効果が持続するそうなので、

ちょうどお花見の季節限定で、使ってみるのも良いかもしれませんね。

 

また、栄光社では、桜の香り缶以外にも、30種類以上の香り缶があります。

さらに、エアコンに取り付けるタイプや、吊り下げるタイプ、液体タイプなど、

様々な商品を取り扱っているんですよ。 

ということで今日は、車の春の衣替えについてご紹介しました。

2018年3月16日 (金)

車にまつわる今までと、これからの技術について

自動車を動かすエネルギーといえば、ガソリンが一般的ですよね。

しかし、世界で初めてできた自動車は、蒸気で動いていました。

釜にまきをくべ、黒い煙と、白い蒸気を出しながら走っていたんですね。

 

世界で初めて生まれた蒸気自動車は、「キュニョーの砲車」と

呼ばれていて、蒸気機関を使い、大砲を引いて移動できるかどうかを

検討するために作られたものでした。

 

現代では、水素自動車や、燃料電池自動車など、排出ガスを出さない

クリーンなエネルギーまでもが開発されています。

ところで、タイヤといえば、ゴムで作られているものを想像しますが、

昔のタイヤってどんなものだったのでしょうか?

 

そもそも、タイヤの起源は『車輪』ですが、一番最初にできた車輪は、

木の板を継ぎ合わせて作ったものでした。

それがだんだんと鉄製のものに変わっていき、

さらにはゴム製のタイヤへと進化していきます。

 

タイヤにゴムが使われるようになったのは、今からおよそ350年前。

 

当時使われていた「ソリッドタイヤ」というタイヤは、現代のタイヤとは違い、

タイヤに空気が入っていないので、路面の抵抗が大きく、はやい速度での走行に不向き。

その後、高速で走ることができる空気入りのタイヤが普及していくと、ソリッドタイヤの需要はなくなっていきます。

 

しかし現在、空気のいらないタイヤが、改めて開発されているのは知っていますか?

 

空気のいらないタイヤは、「エアレスタイヤ」と呼ばれ、

空気圧点検などのメンテナンスの必要がなく、パンクの恐れもありません。

また、車体も軽くなるので、燃費が良くなり、CO2排出量の削減にもつながります。

 

ダンロップや、ブリヂストン、ミシュランなど、

各メーカーからエアレスタイヤが開発されていて、

モーターショーなどでも展示されているんですよ。

 

ところで、車が、道路ではなく、空を走る時代が近づいてきているのは知っていますか?

 

現在、世界では、バックトゥザフューチャーの世界のような、

空飛ぶ車の開発が進められていて、

日本でも『CARTIVATOR』という団体が空飛ぶ車の開発をしています。

 

開発中の車は、『SkyDrive』という車で、

車体を浮かすためのプロペラが付いていて、

公道を走りながらそのままドローンのようにプロペラを回転させて、

空に飛び立てるような仕組みになっています。

 

 

ここで今日のクイズです。

 空飛ぶ車を開発している団体、「CARTIVATOR」が、

活動の目標としていることがあるのですが、それは次のうちどれでしょう?

 

1:空飛ぶ車で、タクシーサービスを運営する

 

2:空飛ぶ車で、東京オリンピックの聖火台に火を灯す

 

3:空飛ぶ車で、カーレースをする

 

正解は、、、

2: 空飛ぶ車で、東京オリンピックの聖火台に火を灯す 

「CARTIVATOR」は、2020年の7月頃までに聖火点灯デモを成功させ、

2025年には市販を開始、2030年には先進国向けの量産を行い

そして2050年には、誰もが、いつでもどこでも、空飛ぶ車を乗れるような時代にする

計画をしています。

ちなみに、クイズの選択肢にあった「空飛ぶ車で、タクシーサービスを運営する」というのは、

アメリカの配車サービスで有名な、Uberが計画中のサービスで、

こちらのサービスも、2020年までに実現させるという計画です。

ということで今日は、

車にまつわる今までと、未来の技術についてなどを紹介しました。

2018年3月 9日 (金)

意外と知らない車の「差」について

車には、意外と知らない「差」があるものがたくさんあります。

 

例えば、リアバンパーから見えるマフラー、1本のものもあれば、2本のものもありますよね。

特に、スポーツカーなどは、2本のマフラーが出ている印象がありますが、

その差って、何だと思いますか?

 

スポーツカーは、高性能エンジンの排気を、効率よく吐き出させ、

大きなエンジンの音を小さくするために、

2本や複数本のマフラーになっている車が多いです。 

また、高級車が2本のマフラーにしているのは、

エンジン音を小さくし静かな乗り心地にするために、

2本のマフラーで消音しているとのことです。

 

ただし、最近では、バンパーと一体型のマフラーもあることから、

デザイン性を考えて、マフラーが両サイドから出ているように

"見せている"クルマもあります。

 

さらには、最近のエコカーなどでは、

"逆に"マフラーを見えないようにしているものもあります。

 

つまり、マフラーの本数の"差"は…

「性能と消音によるものであるが、デザインによるものでもある」

ということになります。

 

次に、車のホイールには、スチール製のホイールと、

アルミ製のホイールがありますが、性能の差ってなんだと思いますか?

それぞれの特徴を簡単に説明すると、

スチール製のホイールの特徴は・・・

・強度が高いので、耐久性に優れている

・安価な値段で買えるので、コストがかからない

などといった特徴があり、

一般的な新車のホイールに使われているベーシックなものは、

スチール製であることが多いです。

 

一方、アルミホイールの特徴は・・・

・軽いので、燃費が良くなったり、ハンドリングが良くなる

・スチールより成形しやすいので、デザイン性の高いホイールが作りやすい

といった特徴があります。

 

ちなみに、ホイールの製造技術は時代とともに日々進化していて、

最先端のホイールでは、戦闘機の翼に使われているほどの軽さと強度を持つ

「超超ジュラルミン」と呼ばれる合金が、使用されていたりもするそうですよ。

 

つまり、スチール製ホイールと、アルミ製ホイールの差は…

「強度や、デザインによるモノの差」ということになります。

続いて、日本では、古くて価値のある車を総称して、

「ビンテージカー」や「クラシックカー」などと様々な呼び方をしますよね。

 

この古い車の呼び方ですが、日本でははっきりとした"差"はありません。

 

しかし、イギリスでは、ガソリン自動車が誕生した1800年代終盤から、

およそ10年区切りで、それぞれの時代ごとに車の名称が区別されているそうです。

・1919年~1930年は、ヴィンテージカー(Vintage Car)。

・1931年~1942年は、ポストヴィンテージカー(Post Vintage Car)。

・1945年~1971年は、ヒストリックカー(Historic Car)。

そして、ヴィンテージカーより前の、1905年~1916年は、

当時の国王の「エドワード7世」にちなんで、

エドワーディアンカー(Edwardian Car)と呼ばれています。

 

ここで今日のクイズです。

 エドワーディアンカー(Edwardian Car)よりももっと古い、

1886年~1904年の間に製造された車はなんと呼ばれているでしょうか?

 

1:「長く使い古したもの」を意味する、ベテランカー(veteran car)

2:「おじいさん」を意味する、グランドファザーカー(grandfather car)

3:「原始的」を意味する、プライマリーカー(primary car)

 

正解は

1:「長く使い古したもの」を意味する、ベテランカー(veteran car)

 

イギリスでは、1886年〜1904年の間に作られた名車を

ベテランカー(veteran car)と呼びます。

ちなみに、1886年は、世界初のガソリン自動車が誕生した年と言われています。

 

自動車文化が確立された欧米では、年度ごとに区切りをつけて

それぞれ明確な"差"をつけて呼んでいるんですね。

ということで今日は、意外と知らない車の「差」についての話をご紹介しました。

2018年3月 2日 (金)

お子さまと一緒にドライブ!

だんだん、ぽかぽかと暖かくなってきましたね。

先週は車を使ったキャンプのお話をしましたが、

今週は、お子さまと一緒にドライブする際に役立つ情報を紹介します。

 

突然ですが、「BABY IN CAR(ベイビー イン カー)」と

書かれたステッカーを見たことがありますか?

車のリアウインドウに貼るステッカーなのですが、

後続車に対して「安全運転中」というメッセージを伝えるためのステッカーです。

 

様々なタイプの、同じようなステッカーがありますが、

日本で初めてステッカーを作ったのは、株式会社ナポレックス。

ナポレックスのステッカーは、黄色いシールに、黒い色で赤ちゃんのピクトグラムが

書かれているシンプルな商品で、25年以上も定番として使われ続けています。

このステッカーには、普通傷害保険が付いているというのが、使われ続けている一つの理由です。

商品を買った時についてくる加入連絡カードを送ることで、無料で保険に入れるようになっています。

ところで、お子様がいらっしゃる方はお分かりかと思いますが、

子どもを乗せると車の中って、なにかと汚れてしまいますよね。

後部座席に乗せると、靴を履いたまま前のシートをポコポコ蹴ったり、

脱いだ靴が運転中に転がって、砂が散らばってしまったり・・・。

 

ドライブ中の、子どもの靴モンダイを解決してくれるのが、

Krasoから発売されている『靴置きにもなるキックガード』という商品です。

 

前方座席の背中を汚れないようにしてくれるカバーなのですが、

中は靴が収納できるポケットになっているので、

靴を脱いだとしても砂が車内に散らばることがありません。

中にたまった砂は、両サイドのすき間から簡単に捨てられます。

また、6才未満の子どもを車に乗せるときは、

チャイルドシートの着用が義務付けられています。

だいたい生後9ヶ月頃までのお子さんは、

チャイルドシートを後ろ向きにして座らせることが推奨されています。

 

シートを後ろ向きにしていると、

子どもが運転中にどうしているか気になってしまう、、、というママもいらっしゃると思います。

 

そこでオススメの商品が、PoP NEATから発売されている

『自動車用 チャイルドモニター』という商品。

 

後部座席の様子を、運転席からモニターで確認することができます。

赤外線LEDを搭載しているので、トンネルの中や、夜間走行中でも、

赤ちゃんの様子がはっきり分かります。

そして、「Maxi-Cosi」という

チャイルドシートや、ベービーカー専門のブランドをご存知でしょうか。

 

1968年に誕生して以来、最新技術を取り入れた安全性能と、

独創的なコンセプトが世界中で評価されています。

日本でも最近耳にするようになった「トラベルシステム」の火付け役としても有名です。

 

「トラベルシステム」とは、チャイルドシートやベビーカーを使っている時に感じる

「わずらわしさ」を解消してくれる、ある機能のことなのですが・・・

ここで今日のクイズです。

 

「Maxi-Cosi」のベビーカーや、チャイルドシートにも採用されている

「トラベルシステム」という機能とは、一体どんな機能でしょう?

 

1:自動でオムツを変えてくれる機能

2:泣き声に反応して、音楽を流してくれる機能

3:ベビーカーのシート部分が、チャイルドシートにもなる機能

正解は、、、

3:ベビーカーのシート部分が、チャイルドシートになる機能

 

トラベルシステムとは、

クルマでも使用できるチャイルドシートと屋外用ベビーカーが一体となったもの。

ベビーカー付属のシートの部分を取り外し、

車のチャイルドシートとしてそのまま使えるようになっています。

 

ということで今日は、お子さまと一緒にドライブする際に役立つ情報をご紹介しました。