最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月27日 (金)

ドライブにも使えるスマートフォン用地図アプリ

今日の夕方4時01分、話題のスマホ­iPhoneX が予約開始ということで…

ドライブにも使えるスマートフォン用地図アプリをご紹介したいと思います。

 

最初は、これからの時期にぴったりの地図アプリをご紹介。

 ・『紅葉マップ』

インターネット上で評判となっている紅葉スポットが調べられる地図アプリで、

全国およそ1,250の紅葉スポットをマッピングしています。

 

紅葉スポットへのアクセス方法はもちろんですが、

木の種類や、紅葉の見頃の時期などの情報まで掲載してくれているんですよ。

家族や恋人とドライブに行く前に、一度は見ておきたいアプリですね!

 

 

ちなみにこのアプリは、iphoneのみ対応していますので、

Androidをお使いの方は使うことができませんのでご注意ください!

 

 

紅葉といえば、ダムの周りの紅葉もとても綺麗です。

神奈川県にある『宮ヶ瀬ダム』の周りでは、毎年紅葉を見ることができ、

4〜11月の毎週水曜日には、観光放流という、ダイナミックな水の放流も観れるので

オススメ!

 

そういった全国のダムの情報などを教えてくれる地図アプリが・・・

『ダムナビ 日本全国ダム要覧』

 

「ダムナビ」は、日本全国にある、およそ3,000カ所のダムの情報が網羅されている

アプリで、現在地付近のダムを検索する機能を備えています。

 

また、ドライブ旅行、ツーリング旅行などに対応した、ナビ機能も連携しており、

気軽にダムを訪問することができるんですよ〜!

 

 

ちょっと変わった地図アプリ!

古い地図上に現在地を表示することで、歴史を感じられるアプリ・・・

・『東海道五十三次浮世絵MAP』

 

歌川広重(うたがわ ひろしげ)が作った浮世絵「東海道五十三次」。

そんな浮世絵に描かれた場所と推測される場所が、マッピングされているアプリです。

 

作品の写真とともに、解説ページも紹介されていて、

地図を確認しながら歌川広重の絵画についても学ぶことができるんです。

 

東海道五十三次の中には、川崎から、戸塚、藤沢、平塚、大磯、小田原、箱根など、

神奈川近郊が描かれた作品も多くあります。

 

 

ちなみに、こちらのアプリはAndroidでは非対応となっていますので、

iphoneをお使いの方のみ体験できるようになっております。 

 

これから寒くなる季節。恋する二人の距離が近づく季節でもあります。

そんな恋する二人にオススメのコースを紹介してくれる地図アプリもあるんですよ。

その名も、『Lover's Sanctuary 』。さて、ここで今日のクイズです。

  

恋人におすすめしたいアプリ「Lover's Sanctuary 」とは、どんなアプリでしょうか?

次の三つのうちから選んで下さい。

 

1:映画館やアミューズメントスポットなど全国の「カップルプラン」のある情報を

  検索し、ルート案内してくれるアプリ

 

2:全国の「恋人の聖地」スポット情報を検索し、ルート案内してくれるアプリ

 

3:恋人のゴール?郊外の結婚式場やチャペルを検索し、ルート案内してくれるアプリ

 

皆さん、分りました?

正解は、

2、全国の「恋人の聖地」スポット情報を検索し、ルート案内してくれるアプリ

 

ちなみに「恋人の聖地」とは・・・

全国の、プロポーズにふさわしいロマンチックな場所として、

NPO法人・地域活性化支援センターに認定された場所で、

神奈川ですと、横浜マリンタワーや、横須賀美術館など、

全国140箇所となっています。

 

この「Lover's Sanctuary 」というアプリでは、

そんな全国の「恋人の聖地」スポット情報を検索し、ルートを案内してくれます。

 

さらに、お気に入りのスポットをブックマークする機能もありますので、

「いつかここでプロポーズしたい!」という場所があったらそこを

ブックマークしておくこともできますよ〜。

 

今日は、­iPhoneX 発売直前ということで、

ドライブにも使えるスマートフォン用地図アプリをご紹介してきました。

 

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、

番組ブログから見る事、聞く事が出来るので、チェックしてみてください。

2017年10月20日 (金)

多発する交通トラブルを防ぐアイテム

 

ここ最近、ニュースなどで、強引な割り込みや幅寄せ などを発端とした、

交通トラブルによる、痛ましい事件が相次いで報道されています。

 

これは、日本のみならず、世界中で問題となっており、

英語では「ロードレイジ」と言われています。

 

そもそも、なぜ車を運転している時に、激しい怒りが起きてしまうのでしょうか?

様々な研究がされていますが、大きくまとめると…

 

 *車は自分が操れることのできる、いわば分身


 *車はプライベートな空間なので邪魔されると気分を害す

 

 *匿名性があり、車体に守られているので、気が大きくなりやすい

 

といった理由が挙げられています。

 

 

では、もし、トラブルに巻き込まれてしまった場合は…

 

 *相手の車と距離を置くようにして下さい。

 

 *無理矢理停車させられた時も、

  走行車線ではなく、路肩などに停めるようにして下さい。

 

 *車の外に出ることをせず、ドアをロックして、

  速やかに警察に連絡し、身の安全を確保して下さい。

 

 

交通トラブルやその原因になりそうな場合に備えて、

ドライブレコーダーを装備しておくのも対策の一つだと思います。

また、後ろからの「あおり運転」に対しては、

後ろ向きのリアカメラが装備されているドライブレコーダーや、

リアカメラをオプションで追加できるものもあります。

リアカメラを購入すると、「ドライブレコーダー 後方録画中」

といったステッカーが付いているものもあり、

貼っておくと抑止効果があるかもしれません。

 

 

交通トラブルが起きてしまう原因の一つに、クラクションを鳴らされたことで、

怒りがこみ上げてしまうというケースがあります。

それは、海外でも同じです。

 

そこで、元NASAのエンジニアであるマーク・ロバート氏が、

クラクションによって、交通トラブルを引き起こさないための音を、

DIYで作成し、動画を公開しています。

ちなみに現時点で750万回も再生されてます!

https://youtu.be/lv8wqnk_TsA

 

その動画によると…

通常のクラクションとは別に3つのカスタマイズしたクラクションを作成。

 

一つ目は、「礼儀ボタン」

押すと♪ファンファン♪と高い音で、短くフレンドリーな印象の音が鳴ります。

 

合流の時に入れてくれたりした時に「Thank you!」みたいな感じで使えます。

他にも、信号待ちで前の車が青になったことを気づかない時などにも使えそうです。

 

もう一つのボタンは、「礼儀ボタン」より更に優しい音となっていて、

車に乗っていない歩行者などに対して使う音です。

 

例えば、商店街など歩行者が多い時などに、車が近づいていることを知らせる時や、

駐車場などから、歩道を横切って車道に出る際、歩行者に車の存在を知らせる時など、

そんな時に使うイメージです。

 

では、そんな優しいクラクションなのですが、

映画「スターウォーズ」のキャラクターをイメージさせる音色にしています。

それが、本日のクイズです。

 

 

 

元NASAのエンジニアであるマーク・ロバート氏が

カスタマイズしたクラクション、

映画「スターウォーズ」のキャラクターをイメージさせる音色とは、

次のうちどれでしょうか?

1: スターウオーズのR2-D2の声のような音

 

2: スターウオーズのチューバッカの鳴き声のような音

 

3: スターウオーズのダースベーダーの登場曲

 

 

皆さん、分りましたか?

今日の問題は、

 

正解は、 1、スターウオーズのR2-D2の声のような音

 

 

 

・チューバッカの鳴き声だったら、歩行者の方は驚いてしまう…

 

・ダースベーダーの登場曲は、存在を知らせるには良いかもですが、

 優しくはないですし、クラクションにしては尺が長い…

・R2-D2の♪ピコピコ♪といった音ならば、

 歩行者を深いに思わせることもなく使える!

 

なお、エンジニア・マーク・ロバート氏が開発したクラクションには、

もう一種類の音があるのですが、それは汽笛のような荒々しい音がなり、

本当に危険が迫った場合などでの使用を想定しているそうです。

…使わないことを祈ります。

 

 

ちなみに…近い将来、自動運転による車が登場することが予想されますが、

Googleは、開発を進めている自動運転に、

クラクションを状況に合わせて鳴らすことを学習させているそうで…

他の車が急に接近してくるような緊急事態には長いクラクション。

他の車がバックをしながらなど、ゆっくりと接近してくるような場合には、

軽いクラクションを2回鳴らすとのことです。

 

 

ということで今日は、多発する交通トラブルを防ぐアイテムなどをご紹介しましたが、

トラブルを起こさないためには、“余裕”が必要だと思います。

 

急いでいると、少々強引に合流してしまったり、

逆にそれを阻止されてイライラしてしまったり…と、

時間の余裕の無さが、トラブルを引き起こす火種になります。

トラブルに巻き込まれないためにも、事故を起こさないためにも、

時間に余裕をもった行動を心がけたいものですよね。

 

 

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、

番組ブログから見る事、聞く事が出来ますので、チェックしてみてください。

2017年10月13日 (金)

車の技術革新について

ネットの融合や、自動ブレーキ、自動運転など日々進化するクルマ。

1769年に蒸気による自動車が走ってから、およそ250年! 

様々な技術が生まれました。

今日は、そんなクルマのこれまでと、これからをご紹介したいと思います。

 

 まず、今や無くてはならない装備、エアバッグ。

 1980年にドイツのメーカーによって実用化されました。

しかし、それより17年も前に、日本人がエアバッグを発明していたのをご存知ですか?

 

実業家で技術者の小堀保三郎氏は、

衝突時に乗員を保護するシステムを、1963年に開発し、

その後研究と実験を重ね、特許を取得します。

 

この特許は日本のみならず14カ国で取得しています。

しかし、火薬の爆発によりエアバッグを膨らませるというアイデアは、

当時は奇抜過ぎて、日本人の関係者からは失笑を買い、

相手にされることはなかったそうです。

 

それでも私財を投げ打って開発を進めましたが、

1975年にこの世を去り、

1980年に実用化されたエアバッグを見ることはなかったそうです。

 

もし、開発した当時に実用に動いていればと思うと、悔やまれますね。
そんな日進月歩のクルマの技術ですが、最新の技術を体感できるイベントがあります。

 

10月27日(金)~11月5日(日)まで開催される、

「第45回 東京モーターショー2017」です。
さまざまなアイデアやテクノロジーを取り入れたクルマや関連技術が展示される祭典。

 

例えば…トヨタが出展する、新世代のFRハイブリッドスポーツカー

”GR HV Sports Concept”。

 

このクルマに搭載されているのは、オートマチック車でありながら、

ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能という技術です。

 

そのようなクルマはこれまでにもありましたが、

このクルマの特徴は、オートマチック車でありながら

6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトとなっています。

 

また、最新技術を盛り込んだ、「クラウン」のコンセプトモデルも

出展されるということです。

 

他にも、クルマのシートやドアの内張りなど、クルマの内装部品の総合メーカー

「TSテック」は、「運転しながら エクササイズ」できるという、

夢のようなシートを参考出品するということです。

 
どんなシートなのかは、東京モーターショーで発表されます。

  

今日は、そんな「第45回 東京モーターショー」に出展される技術からのクイズです。 

 

タイヤメーカーのグッドイヤーがコンセプト出展する、

これまでの常識を覆すような、画期的なタイヤがあります。

それは次のうちどれでしょうか?

 

1:スケルトン?透明 なゴムでできたタイヤ

 

2:ドーナッツ?食べられるタイヤ

 

3:バスケットボール?球体のタイヤ

皆さん、分りましたか?

 正解は、バスケットボール?球体のタイヤ (リバーブ)

 

Eagle 360と名付けられた球体のタイヤ。球体のタイヤは、どうやって動く?

 

・リニアモータカーのように、磁気によって浮かび上がる

球体であることにどんなメリットがあるの?

 

 ・真横に動けるため、駐車の時に便利!

 ・通常のタイヤだとスリップしコントロールを失ってしまう場面でも、

  タイヤが球体だとスリップを防げる

  

ただ、この技術が一般に用いられるようになるには、

車側の技術革新も必要になってくるため、

今すぐに導入されるというわけではありません。

 

でも、「なるほど〜そうきたか!」というような技術ですね。

実際にご覧になりたい方は、東京モーターショーでご覧になってみて下さい。

 ということで今日は、車の技術革新をご紹介しました。

 

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、番組ブログから

見る事、聞く事が出来ますので、チェックしてみてください。

2017年10月 6日 (金)

安全を促すちょっと変わった方法

交差点や、スピードの出やすいカーブなど、事故が発生しやすく、

注意が必要な場所があります。

 

今日はそういった注意が必要な場所での、事故防止のための、

ちょっと変わった方法をご紹介します。

 

路上に描かれた「トリックアート」を見たことがありますか?

大きな穴が開いていたり、地面から何かが飛び出していたり。

アイスランドではそんな「トリックアート」を使って、

車の速度を落とさせるための試みが、地元の警察や交通局の協力の元に行われました。

 

その名も、「3D横断歩道」。

「3D横断歩道」とは、その名の通り、浮き上がって見える横断歩道です。

横断歩道の白線に、立体的に見えるよう影をつけることで、

前から見ると、横断歩道の白い線が、まるで中に浮いているかのように見える

仕組みになっているんです!

 

 

この「3D横断歩道」を導入することで、前から来た車に驚きとともに注意喚起させ、

交差点を右左折する際に曲がりやすいスピードに落とさせようという試みなんです。

 

今回この3D横断歩道が導入された場所はアイスランドの旧市街にあり、

非常に狭い道路ですが、今まで制限速度である時速30kmをドライバーに守らせるのが

難しかったそうです。

この試みが成功すれば、そのほかの道路でも実施されるように検討されているんだとか。

 

実はこの試み・・・

既にインドでは、この「3D横断歩道」を導入することで、

交差点に進入する際の平均速度が30km/hにまで下がったという報告もあるんですよ。

 

どんな横断歩道か気になった方は、
インターネットで「3D横断歩道」と検索してみてくださいね。

 

海外だけではなく、日本でも、スピード違反を防ぐための変わった取り組みがあります。

それは、警察と相談して設置された、本物そっくりの薄いダミーパトカー。

ボディはベニヤ板や鉄板で作られていて、朝夕の通勤時間帯には屋根上の赤いランプが

点灯する仕掛けとなっている。

遠くから見るとそっくりなのですが、このダミーを正面から見ると・・・

幅はわずか60cmしかありません!

 

このダミーパトカーが設置された、京都府・福知山市では、

道幅を広くする工事が進むとともに、交通量が増えたり、

近隣の企業が盗難被害に遭ったため、

防犯対策としてダミーパトカーを設置することになったそうです。

この取り組みは交通安全に一役買いそうだと、

周囲からも期待の声が上がっているそうです。

 

その他にも、国内での一風変わった交通安全の取り組みとして、

「メロディロード」というものがあります。

 

その道を車で一定の速度で走行していると、

道路から音楽が聴こえてくる不思議な道路のこと。

速度を超えてしまうと音楽は聞こえないため、

スピード違反などを防ぐ効果があるそうです。

 

この不思議な道路は、タイヤと道の摩擦により音が発生する仕組みになっています。

溝が切りこまれた路面にタイヤが擦れることで、

凹凸から異なった音が奏でられるのだとか。

 

こちらは全国28箇所に設置されているそうで、とても珍しい道路なので、

一度はこの道を走ってみたいですね!

 

 

ちなみに・・・

このメロディロードを開発している篠田興行さんなのですが、

実はこのメロディロードの技術を活かして、

「しゃべる道路」というユニークな道路を開発中とのことです。

 

ここで今日のクイズです。

 

メロディロードの技術を使って開発中の

「しゃべる道路」とは一体どんな道路でしょうか?

 

1:退屈を解消するため、漫才が聴こえてくる道路

 

2:交差点やカーブがあることを知らせてくれる道路

 

3:寝ないように起こしてくれる道路

 

皆さん分りましたか?

 

正解は、

2:交差点やカーブがあることを知らせてくれる道路(リバーブ)

 

篠田興行さん曰く、

現在、交差点やカーブがあることを知らせてくれる「しゃべる道路」については、

実用化に向けて試験中だそうです。

 

歌詞が聴こえてくるような、人の声に聞こえるメロディーロードは、

すでに沖縄県名護市を通る、国道331号線の旧道で設置されていて、

二見情話という沖縄民謡の歌詞が聞こえてくるように

作られているんです。

 

観光道路として、とても効果を発揮していると評判となっているそうです!

youtubeにも、実際に走ってみた方が、動画をアップしていたりもするので、

聞いてみると面白いかもしれませんよ。

 

今日は、安全を促すちょっと変わった方法などをご紹介いたしました。

 

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、番組ブログから

見る事、聞く事が出来ますので、チェックしてみてください。

<scriptsrc="http://www.fmyokohama.co.jp/js/flowplayer.device.js" type="text/javascript">