最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしたい、 カーグッズ | メイン | 長距離運転の際に役にたつ体操やアイテム »

2017年9月22日 (金)

今さら聞けない、クルマにまつわる疑問!

今日は、今さら聞けない車にまつわる疑問を解決していきたいと思います。

◯「レギュラーとハイオクの違いって?」

ガソリンに含まれる「オクタン」という成分の値の違いです。

そのオクタン価が高い(Hi)なのが、ハイオクです。

 

オクタン価が高いことにより、

エンジンが高回転で高い温度になっている際に、

適正に燃焼し「異常燃焼」を防いでくれます。

 

では、一般的なクルマにもハイオクを入れた方が良いのでしょうか?

その必要はありません。

 

スポーツカーなど、高い性能の求められるエンジンや、

ガソリンのオクタン価基準が高いヨーロッパなどのクルマは、

ハイオクを必要としますが、一般的なクルマのエンジンは、

レギュラーガソリンで問題なく使用できるように設計されています。

なので、メーカーによって指定された種類のガソリンを使用するのが良いでしょう。

 

 

◯「下り坂でギアをニュートラルに入れたら節約になる?」

ニュートラルは「ギアがかみ合わず、動力が伝達されない」状態の事を言います。

となると、下り坂でニュートラルに入れ、

惰性で走ればガソリン(燃料)を使わなくて済む…

と思ってしまうかもしれませんが、これは間違いです。

アクセルを踏んでいなければ、

ニュートラルでもドライブでもガソリンは使われません。

 

それどころか、下り坂でニュートラルにすると、

エンジンブレーキが利かなくなるため、

速度を抑えることができず、ブレーキへの負担が増え危険です。

 

また、エンジンブレーキが効いている状態では、

クルマが燃料を使わないように制御してくれます。

 

なので、長い下り坂で、オートマチック車の場合は、

セカンドギアやローギアに入れて、速度を抑えるのが良いので、

ニュートラルで下るのは止めて下さいね。

 

 

 

◯「エアコンにある、扇の3本の縦棒のマークて、何に使うの?」

エアコンのスイッチにあるあのマーク。

「デフロスター」と言います。

フロントガラスの曇りを解消するために使います。

 「デフロスター」を使うと、フロントガラスに勢い良く温風が吹き付けられ、曇りが解消していきます。

 

洗面台で鏡が曇った時に、ドライヤーの温風を当てると曇が取れるのと同じ原理です。

扇とは別に長方形に3本の縦棒が入ったマークもありませんか?

 

これは、フロントガラスではなく、リアガラスの曇りを取る機能なのですが、

「デフォッガー」と言い、フロントガラスの「デフロスター」とは異なります。

 

なぜかと言いますと、「デフロスター」が温風で曇りを取るのに対し、

リアガラスの「デフォッガー」は、ガラス内にある電熱線でガラスを暖め曇りを除去します。

 

◯「ワックスとコーティング剤の違いは?」

どちらも、クルマを輝かせ、雨などの汚れから守ってくれるアイテムですが、

どんな違いがあるのでしょうか?

 

それが今日のクイズです。

ワックスとコーティング剤の違いは、次のうちどれでしょうか?

 

①ワックスは…固形で、コーティング剤は…液体

 

②ワックスは…「ろう」が主成分で、コーティング剤は…フッ素などの「樹脂」が主成分

 

③ワックスは…一般人でも取り扱えるが、コーティング剤は…業者でないと取り扱えない

 

 皆さん、分りましたか?

正解は

②ワックスは…「ろう」が主成分で、コーティング剤は…フッ素などの「樹脂」が主成分

 

ワックスとは本来、ヤシから取れる天然カルナバろうという、植物を主成分としたものに対し、
コーティング剤はフッ素などの樹脂が主成分。
ではその性能はどう違うのか、二つのメリットとデメリットをまとめてみました。

ワックスは・・・

・濡れたような深みのあるツヤが出る

・価格が安い

・持続力はコーティング剤よりは短い

 

コーティング剤は・・・

・持続力が高い

・撥水などで高い効果を発揮できる

・価格が高い

・艶が人工的

  

など、それぞれの良さがあるようです。

カーショップなどで選ぶ時は、お好きな方を選んでください。

 

ということで今日は今さら聞けない、クルマにまつわる疑問をご紹介しました。

疑問がある方は、番組宛てにメールを頂ければ、

お答えしたいと思います。

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、番組ブログから見る事、
聞く事が出来るので、チェックしてみてください。

コメント

コメントを投稿