最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月25日 (金)

「マッチングサービス」 車にまつわるサービス

「マッチングサービス」や「シェアリングサービス」という言葉ご存知ですか?

自宅などの部屋を貸したい人と、旅行などで部屋を借りたい人をマッチングする

Airbnb(エアービーアンドビー)や、自分の車を使って副収入を得る

Uber(ウーバー)など、アメリカをはじめ、世界中で広がりを見せていますよね。

今日はそんな、「マッチングサービス」「シェアリングサービス」で、

車にまつわるサービスを、海外、日本の事例をご紹介したいと思います。

 

まずは、海外のおもしろいサービスをご紹介。 

アメリカの「Wrapify(ラピファイ)」というサービスは、

自分の車を広告スペースとして提供したい人と、広告主をマッチングするサービスです。

アプリから登録をし、マッチングが成立すると、

自分の車をラッピングしてもらい、

その車で、街中を走ることで収入が得られます。

 

車全体を覆う広告か、部分的な広告、パネルを掲載するの3種類の広告から選べ、

種類によって広告単価が変わってきます。

 

専用のスマホアプリにより、ユーザーの移動がモニターされ、

走行距離のほか、人口密集地、交通渋滞などの目立つ場所に

長時間留まっていたなどで、広告収入が変化します。

これにより、1ヶ月で平均4万円〜6万円程度の収入が得られるそうです。

なお、広告はステッカーで、何度も張り替えられるようです。

 

日本でも、様々な「マッチングサービス」や「シェアリングサービス」が

誕生しています。車を貸し出したい人と、車を借りたい人を繋げるマッチングサービス。

 「Anyca (エニカ)」や「シェアのり」といったサービスがあります。

レンタカーとは異なり、マニュアル車、スポーツカー、レトロな車や、

高級車など、バラエティー豊かな車を貸し借りすることができるため、浸透しつつあります。

車ではなく、駐車場を貸し出すマッチングサービスもあります。

自宅に車庫はあるが、今は使っていない…

通勤に車を使っていて、昼間は自宅の駐車場が空いてる…

などなど、使用していない駐車場を持つオーナーさんと、

駐車場を一次利用したいドライバーさんをマッチングするサービス。

 

都心や観光地などの駐車場不足の解消にも役立つため、

複数の業者が参入して、盛り上がりを見せています。

ユーザーは駅名や地名などから駐車場を探すことができ、予約もできるので、

空いている駐車場を探してさまようこともありません。

 

また、駐車場のオーナーさんは、月極駐車場を運営するとなると、

精算機などの設置が必要ですが、このようなサービスでは、

アプリ上で決済ができるので、精算機などの設置の必要がなく、

簡単に貸し出すことができます。 

 

自動車工場を借りることのできるマッチングサービスがあります。

「ゴーゴーガレージ」というサービス。

・DIYで車をいじりたいけど、場所や工具がない…

・ネット通販でパーツを買ったので取り付けて欲しい…

そんな時に、自動車工場のピットを借りることができたり、

プロの方に、取り付けてもらうことができるマッチングサービスです。

車好きの方にはぴったりなマッチングサービスですね!

長距離ライドシェア、「相乗り」というマッチングサービスもあります。

ドライバーと同乗者は、

日時、出発地、到着地や目的などから「相乗り」を見つけることができます。

 

高速代やガソリン代を割り勘にすることで、

安く移動したい人」と「ガソリン代などの実費を節約したいドライバー」、

両者にとって、メリットがあります。

また、ただ単に節約をするだけでなく、

例えば、音楽フェスなどのイベントに趣味の合う人と一緒に向かったり、

災害時のボランティアに相乗りで向かうなど、

目的が一緒の人と相乗りすることもできます。

ではここでクイズです。

2008年にサービスを開始し、現在、3万6000人以上の会員がいる

国内最大級の相乗りマッチング・サービスの名前は、

次のうちどれでしょうか?

1: notteco(乗ってこ)

2: okutteco(送ってこ)

3: shabetteco(喋ってこ)

どれでしょうか?

 

正解は、1: notteco(乗ってこ)

安全面なども気になりますが、

登録の際には、本人確認書類の提出が必要なほか、

女性は女性のドライバーを選ぶことができたり、

レビュー機能などによって、安全面に配慮がされています。

気になる方は、オフィシャルHPをご覧下さい。

ということで今日は、国内外の車にまつわるマッチングサービスをご紹介しました。

様々なサービスが登場していますので、車をお持ちの方や、車に興味のある方は、

色々とチェックしてみると面白いかと思います。

今日の放送内容は、FMヨコハマのHP、

番組ブログから放送内容をチェックできますので、

覗いてみて下さい。

<scriptsrc="http://www.fmyokohama.co.jp/js/flowplayer.device.js" type="text/javascript">

2017年8月18日 (金)

ちょっと懐かしい車の機能やアイテム

今日は、最近ではあまり見かけなくなった、

ちょっと懐かしい車の装備や機能をご紹介します。

今、ご家族で車に乗られている方、お父さんお母さんなどは

「そんなのあったねぇ〜」と懐かしんだり、

お子さんたちは、「全然知らなーい」というものもあると思います。

 

*「フェンダーミラー」

 現在ではサイドミラーといえば「ドアミラー」が主流ですが、

 一昔前は、ボンネットに装着された「フェンダーミラー」が主流でした。

 タクシーは今でも変わらずフェンダーミラーを装着していますよね!

 「フェンダーミラー」のメリットは…

 ・前方にあるので、目線の移動が少なくて済む

 ・ドアミラーに比べて、死角が少ない

 ・前方にあるので、車幅感覚を掴むのに便利

などが挙げられます。

 

しかし、「フェンダーミラー」から「ドアミラー」に移った背景には…

デザイン面で「ドアミラー」の方が自由度が高い…

海外では「ドアミラー」が主流…など。

 

ちなみに「ドアミラー」ですが、

少なからず死角があることから、近い将来はミラーの替りに、

カメラとモニターで確認する「電子ドアミラー」が登場するとのこと。

 

国土交通省も昨年6月に生産を許可しています。

近い将来は…『「ドアミラー」ってあったね〜懐かしいねぇ〜』という日が来るかも

*手動式の窓

 今や、多くの車が「パワーウィンドウ」…電動式の窓になっていますが、

 「パワーウィンドウ」が登場するまでは、手動で窓の開け閉めをしていましたよね。

 1980年代の車のセールスポイントに「パワーウィンドウ装備!」などもありました。

 ちなみに、手動で開け閉めする時に回すあのハンドルは、

 「レギュレーターハンドル」と呼ぶそうです。

 

*「キンコンチャイム」

 1980年代後半製造の車には、スピードが100km/hを越えた時に鳴るアラームが

 搭載されていました。

  速度警告音として、保安上、義務付けられていたのですが、

 一定の間隔で心地よい音が鳴っていたため、ドライバーが眠くなるという危険や、

 日本独自の装備で、輸入車には無く、輸入の際の壁の一つになっていたため、

 1986年に廃止となりました。

   自動車マンガ『頭文字D(いにしゃるでぃー)』では、

 主人公の乗るハチロクには必ず、

 『キンコン♩キンコン♩』という音が

 描かれていました。

 

*デジタルスピードメーター

1986年にフルモデルチェンジされた高級クーペ・ソアラに装備された

デジタルスピードメーター。

反転させたデジタル表示を、反射ガラスに投影させることによって、

奥行きのある表示がされるので、

スピードの数字がまるで宇宙空間に浮かび上がるように見えました。 

さて、そんなハイテクメーターの名称が本日のクイズです。

  

1986年のフルモデルチェンジで装備された、

高級クーペ・ソアラに装備されたデジタルスピードメーターは

次のうちどれでしょうか? 

1: エレクトリカルメーター

2: スーパーデジタルメーター

3:スペースビジョンメーター

 どれでしょうか?

 

正解は、3:スペースビジョンメーター

当時ソアラは女の子にモテる車「デートカー」として人気がありましたが、

スペースビジョンメーターのような装備も、その人気を支えていました。

  

今、お聴きの方で思わず『懐かし〜!』と思われている方もいるかと。

こういった昔を振り返ってみるのも面白いですよね。

ということで今日は、ちょっと懐かしい車の機能やアイテムをご紹介しました!

今日の内容は、FMヨコハマのHP、番組ブログからも見る事、聞く事が出来ますので、

チェックしてみてください。

<scriptsrc="http://www.fmyokohama.co.jp/js/flowplayer.device.js" type="text/javascript">

2017年8月11日 (金)

下道ドライブの楽しみ方

目的地に早く着くためには、高速道路が便利ですが、

あえて一般道を走ったり、高速道の通っていない場所をドライブするのも

楽しいと思います。

そこで今日は一般道ならではの楽しみ方をご提案したいと思います。

 

下道ドライブの楽しみ その1 〜道の駅を楽しむ〜

全国には1000を超える道の駅があります。

その中には、ユニークな「道の駅」もあるので、関東周辺の道の駅をいくつか

ご紹介したいと思います。

 

*ケータリングカービレッジの揃う道の駅 

 群馬県の北関東自動車道 太田藪塚(おおたやぶづか)I.C(インターチェンジ)と、

 伊勢崎(いせさき)I.Cの間にある、「道の駅おおた」。 

 一般的な道の駅は、レストランがありますが、

 この「道の駅おおた」は、屋台型のケータリングカーが集います。

 ラーメン、焼きそば、うどん、カレーといった定番のものから、

 ブラジリアンタウンで知られる大田市ということで、

 本場ブラジル料理まで揃います。

 

*広大な敷地の道の駅

 「道の駅」というと、駐車場があって…トイレがあって…

 物産販売所やレストランなどがある…そんなイメージですが…

 

 栃木県の東北自動車道・宇都宮I.Cと、

 日光宇都宮道路・徳次郎(とくじろう)I.C の間にある、 

 「道の駅宇都宮ろまんちっく村」の広さは、東京ドーム10個分!!

 46ヘクタールの広大な敷地には、

 農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店だけでなく、
 体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある、

 滞在体験型ファームパークとなっています。

 

*全国から発酵食品を集めた道の駅

 千葉県の首都圏中央連絡自動車道・稲敷東(いなしきひがし)I.Cと

 神崎(こうざき)I.Cの間にある「道の駅発酵の里こうざき」。

 昔から酒、味噌、醤油づくりが盛んだった神崎町(こうざきまち)に誕生した

 全国初の「発酵」をテーマとした道の駅。

 地元をはじめ全国の発酵食品を取り揃えた「発酵市場」や、

 発酵食品を扱ったカフェ&レストランがあり、発酵食品好きにはたまらない道の駅。

 

下道のドライブの楽しみ その2 〜交差点を楽しむ〜

一般道を通っていると、面白い名前の交差点に遭遇することがあります。

全国各地には、こんな変わった名前の交差点があります。

 

*「出口」という名前の交差点

 福島県いわき市にある、交差点。

*交差点名に星マークがついた交差点「キラリ☆ふじみ」交差点

 埼玉県富士見市にある交差点。

 交差点の目の前にある文化会館が星マークの入った「キラリ☆ふじみ」

 ということから、交差点名にも☆マークが入ったとのことです。

 

*南蛇井(なんじゃい)という名前の交差点。

 群馬県富岡市にある交差点。

 響きだけ聞くと、それこそ『なんじゃい!』と思ってしまいますが、

 漢字では、南の蛇の井戸の井と書きます。

 ちなみに、近くに鉄道の駅もあり、その名前も「南蛇井(なんじゃい)駅」

 

*「分れ道」という名前の交差点

 神奈川県伊勢原市にある交差点。

 その名の通り、県道64号と県道63号の分岐点のために分れ道となっています。

他にも、全国には様々な面白い交差点名があるので、

一般道を通った際は、その土地土地の名前の交差点をチェックしてみるのも

良いかもですね。

 

下道のドライブの楽しみ その3 〜変わった「交通案内標識」を楽しむ〜

動物の飛び出しを注意喚起する標識。

描かれている動物で一般的なのは…

タヌキや鹿ですが、日光ではサルが描かれているように、

地域ごとに、特色のある動物が描かれています。

他には…

 ・岩手県などでは…熊

 ・北海道では…キツネ

 ・沖縄では…カニ

 

では、今日は「交通案内標識」にまつわるクイズを出題してみたいと思います。

北海道の稚内の交通案内標識は、他とはちょっと変わった特徴があります。

それは次のうちどれでしょうか?

1:ロシア語が併記されている

2:アイヌ語も併記されている

3:通常は白い文字で書かれているが、雪でも見やすいように黄色い文字になっている

どれでしょうか?

 

正解は、1:ロシア語が併記されている

稚内からサハリン航路も開設され、ロシア人も多く訪れる稚内。

そこで、市内ではロシア語の案内が表記されているとのことです。

ということで今日は、様々な下道ドライブの楽しみ方をご紹介しました!

2017年8月 4日 (金)

様々なドライブスルー

皆さん普段、ドライブスルーを利用されますか?

ファーストフードやコーヒーショップなどを利用される方も多いと思います。

色々調べてみると、全国には様々なドライブスルーがあったので、

ご紹介したいと思います。

 

*クリーニングのドライブスルー

 横浜市中区にある「ホワイトステーション元町店」というクリーニング店の

 ドライブスルー。

 

*調剤薬局のドライブスルー

 神奈川県内にはいくつかのドライブスルーの調剤薬局があります。

 マートフォンで処方箋を撮影して送り、準備が出来たらメールで教えてくれて、

 ドライブスルーで受け取る。

 

ちなみに…日本でドライブスルーが最も多い県は群馬県。

群馬にドライブスルーが多い理由として・・・

・運転免許の取得率が第1位!の車王国

カレー屋、たこ焼き屋、お寿司屋などの飲食店のドライブスルーはもちろんの事、

公衆電話ドライブスルー、メガネ屋さんJINS(ジンズ)のドライブスルーなどもある。

群馬県にドライブに行ったら、変わり種のドライブスルーを利用してみるのも

面白いかもですね~

 

自動車大国、アメリカには、ドライブスルーで結婚式が挙げられる

ドライブスルーウェディングがあります。

・24時間いつでもOK

 

そもそも、ドライブスルーはアメリカで始まりました。

諸説あるものの…

1947年にミズーリ州の国道66号沿いにある

”Red’s Giant Hamburg”というハンバーガー店ははじまりだと言われています。

アメリカでドライブスルーが発展した背景として、

・駐車場を探す手間が省ける

・治安面で夜間や人気のない場所でも犯罪から身を守ることができること

・子供連れや身体が不自由な場合に利便性があること

などの理由が挙げられます。

 

それでは、今日のクイズです。

1965年、東京の日本橋で日本初のドライブスルーが設置されました。

そのドライブスルーが設置されたお店は何屋さんだったでしょうか?

1:着物屋

2:海苔屋

3:団子屋

どれでしょうか?

正解は・・・2:海苔屋

 

山本海苔店。

当時はドライブスルーではなく、「ドライブイン」と呼ばれていた。 

車に乗ったまま買い物できるドライブインは、

夜の会合の手土産需要や雨天の買い物にたいへん重宝されたとのこと。 

1993年(平成5年)山本ビル新館建設にともない閉鎖

 

なお、デンマークには、自転車で利用できるマクドナルドのドライブスルー、

「McBike」があるということ。

商品のパッケージも「McBike」専用になっていて

自転車のハンドルに掛けられるようなパッケージになっています。

 

ということで今日は、様々なドライブスルーをご紹介しました!

<scriptsrc="http://www.fmyokohama.co.jp/js/flowplayer.device.js" type="text/javascript">