最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

夏のモータースポーツ情報

今日は、この夏に楽しめるモータースポーツをご紹介したいと思います。

まずは、8月5日(土)、6日(日)と、富士スピードウェイで、

SUPER GT 第5戦が行われます。

国内最高峰の人気を誇る自動車レース。

灼熱の中行われるレース。

車の中の温度は50度にも達すると言われ、

まさに極限状態の中での、激しい死闘が繰り広げられることから、

毎年、多くの観客が訪れます。

リスナーの方の中にも、観戦する!という方が多くいらっしゃると思います。

そんなSUPER GTを更に盛り上げるプログラムが用意されています。

“空のF1”と称されるレッドブル・エアレースをご存知ですか?

世界各地で開催される飛行機のレース。

昨年から日本でも開催され、今年は日本人パイロットの、

室屋義秀(むろや よしひで)さんが優勝を飾り話題となりました。

そんな室屋さんが、このSUPER GT 第5戦を盛り上げるべく、

8月5日(土)、6日(日)の両日、富士スピードウェイの上空で、

アクロバティックなフライトを見せてくれるとのことです。

チケットの詳細などは「富士スピードウェイ」のHPを御覧ください。

このコーナーのブログにリンクを貼っておきますね!

続いては、映画でモータスポーツです。 

ディズニー/ピクサーによる人気シリーズ「カーズ」が、

7月15日から公開されています。

真っ赤なスポーツカーのライトニング・マックィーンが主人公の物語。

1作目は新人レーサー・マックィーンの成長を描き、

続く第2作ではNo.1レーサーになったマックィーンが

日本をはじめ世界各地を激走しました。

第3弾となる今作は、第一線で活躍していた前作から一変、

マックィーンは最新型のレーサーに勝てない時代遅れの存在に。

やがて大きなクラッシュ事故に遭い、世間からも見放されてしまった彼の脳裏に、

引退の2文字がよぎります。

人生の岐路に立ったマックィーンはどのような道を歩むのでしょうか? 

 

続いては、体験できる新感覚のモータースポーツをご紹介します。

大型総合ゲームセンター「THE 3RD PLANET横浜本店」に登場した
カートアトラクション「HADO KART(ハドーカート)」

マイクロソフト社の「Hololens(ホロレンズ)」というゴーグルを装着して、

カートに乗ります。

この「Hololens(ホロレンズ)」は、

現実の空間に、仮想現実を合わせることができるというもので、

仮想現実のコインをカートに乗りながら、GETしていくというアトラクションです。

3人のプレイヤーがそれぞれカートに乗り込み、

フィールド内を縦横無尽に走行しながら、

制限時間内に一番多くのポイントを獲得したプレイヤーが優勝となります。

新感覚のモータースポーツアトラクションを体験してみてはいかがでしょうか?

 

さて、ここでクイズです。

世界で13戦が開催される。WRC・世界ラリー選手権。

トヨタは今年、18年ぶりに参戦しており、2月には18年ぶりの勝利を収めています。

そんなWRCのトヨタが、マイクロソフトと共同で、

ラリーを現地で観戦する人に、「EchoCam(エコーカム)」というサービスの

提供をはじめました。

観戦をより楽しくするこのサービス。

それは、次のうちどれでしょうか?

①:走行中のマシンのボディに、Twitterの応援メッセージが流れるサービス

②:走行しているマシンの中の映像をリアルタイムで見られるサービス

③:走行しているマシンの中から観客を撮影した動画がプレゼントされるサービス

正解は…

③:走行しているマシンの中から観客を撮影した動画がプレゼントされるサービス

7月27日~30日(現地時間)にフィンランドで開催されているラリーで、

観客が走行しているトヨタのマシンの写真を撮って、専用ウエブサイトにアップすると、

走っているマシンの中から観客を撮影した動画が、プレゼントされるというものです。

つまり、マシンの写真を撮っている自分の姿を、

マシンの中から撮影した動画が見られるというもの!

ちなみに、ファンを撮影するために、車内にカメラを一台増設しているとのこと。

今後も、トヨタとマイクロソフトは、

ITを活用した新しいモータースポーツの楽しみ方などを提供していくとのことです。

ということで今日は、夏のモータースポーツ情報をご紹介しました!

http://www.fsw.tv/

2017年7月21日 (金)

ETCのお得情報

ETCは、高速道路でノンストップで料金を支払えるシステムですよね。

取り付けている方も多いと思います。

取り付けのメリットとしては…

・料金所で止まることがなくなるため(混雑している時は別として…)の時間短縮

・過去15ヶ月分のETC利用証明書・利用明細をダウンロードすることができる

  利用照会サービス

 

その他にも割引というメリットがありますよ!

既に取り付けている方も、これからの方も、ぜひ知っていただきたい情報です。

 

例えば…

休日割引

・割引対象車種:普通車、軽自動車等(二輪車)限定

・割引対象日:土曜・日曜・祝日

・割引対象道路:地方部

・割引率:30%割引

 

深夜割引

・割引対象車種:すべての車種

・割引対象日時:毎日0~4時

・割引率:30%割引

・割引対象道路:NEXCO3社が管理する全国の高速道路

 なお、第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は対象外

 

他にも「平日朝夕割引」というものがあります。

こちらは、全ての車種ではなく「ETCマイレージサービス」に登録した車種となります。 

「ETCマイレージサービス」ってご存知ですか?

色々とお得なサービスが受けられるのですが、インターネットか郵送で登録できます。

登録すると、ETCの「平日朝夕割引」が受けられます。

 

「平日朝夕割引」とは…

首都高速などを除く地方部を、平日の「朝:6時~9時」か「夕:17時~20時」に利用すると、

1ヶ月の間に通行した回数によって、最大で50%の額が翌月に

“還元”されるというサービスです。

例えば、1000円の区間を一ヶ月で10回走行すると、合計10,000円。

この50%分=5,000円分が翌月の通行料に還元されるというサービスです。

お得ですよね~

詳しく知りたい方は、ETCの総合ポータルサイト「GO!ETC」をご覧下さい。

このコーナーのブログにリンクを貼っておきますので、

そこからですと、簡単にアクセスです。

その他、旅行会社とETCのコラボ企画もあります。

パック旅行では、電車の運賃や、バスの運賃が安くなるものがあるかと思いますが、

ETC取り付け車の高速運賃が安くなる旅行です。

例えば、日本旅行の「ドライブパック」では、

宿とのセットで、高速の料金が約50%OFFになるものもあります。

他の旅行会社でも、1泊2日の旅行中、高速道路料金が定額で乗り放題になるプランなど、

お得なものがたくさんあります。

こちらも…詳しく知りたい方は、ETCの総合ポータルサイト「GO!ETC」をご覧下さい。

 

さて、ここでクイズです。

皆さんも利用する機会のあるかと思う東京湾アクアライン。

アクアラインの通行料にもETCの割引制度があります。

普通車の通常料金は、片道、もしくは「海ほたるパーキングエリア」でのUターンともに、

3,090円ですが、ETCの割引では、いくらになるでしょうか?

①:2400円

②:1600円

③:800円

どれでしょうか?

正解は・・・ ③:800円

3,090円が800円??

とびっくりしてしまいますよね。

この夏、東京湾アクアラインでお出かけの予定のある方は、

ETCを取り付けた方が良さそうですね〜

ということで今日は、ETCのお得情報をご紹介しました!

http://www.go-etc.jp/index.html

2017年7月14日 (金)

パンクについて

今日はパンクについてのお話です。

JAFの出動理由の第2位が、パンクなどによるタイヤのトラブルです。

これからの夏、長距離の移動の機会もあると思いますので、

パンクへの備えをご紹介したいと思います。

 

パンクするとどうなるか?

・ハンドルがとられる

・発信やブレーキのときに、普段にはない振動がある

・カーブで外側に振られるような動きをする

 

そして、パンクかな?と思ったら

 ・急ブレーキを踏むのは危険

 ハンドルを取られないようにに注意をしながら、“安全な場所”に停車してください。

 

パンクにはいくつかの種類があります。

・釘などを踏んだことによる…穴が開いてしまうパンク。

・縁石などに擦ったりすることによる、亀裂のパンク。

・高速での走行時に、タイヤが破裂してしまう、バースト。

 

このうち、道路の接地面に釘などが刺ささり、穴が開いてしまったパンクは、

穴の大きさにもよりますが、小さいものであれば、修理することができます。

カーショップやガソリンスタンドなどでの修理のほか、

パンク修理キットなどで、修理することができます。

また、パンクしたその場で、空気と一緒に注入できる、

パンク修理キットなどもあるので、もしもの時のために、車に積んでおくと良いかもです。

ただ、大きな穴や亀裂、タイヤの側面の傷は、修理することができませんので、

スペアタイヤなどに交換するか、ロードサービスを依頼して下さい。

 

また、空気がゼロになっても走れるタイヤを装着している車も多くあり、

そのタイヤだとパンクをしても80キロ程度走行することができるため、

スペアタイヤに取り替えることもせず、タイヤ交換ができるディーラーやショップまで

走行することができます。

では、そのタイヤの名前が本日のクイズです。

空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行可能なタイヤは、

次のうちどれでしょうか?

①ノーパンクタイヤ

②ランフラットタイヤ

③ゼロフラットタイヤ

どれでしょうか?

 

正解は・・・ ②ランフラットタイヤ

 

通常のタイヤはパンクしてしまうと運転できなくなってしまいますが、

ランフラットタイヤは、時速約80Kmまで出すことができ、

距離も80Km程度走行可能ということで、

高速道路でパンクしても、一般道に降りることができます。

 

なぜパンクしていても走り続けることが可能なのでしょうか?

 

ランフラットタイヤは、タイヤの側面のゴムが強化されているので、

空気が抜けても、完全につぶれることがないので、走り続けることができるそうです。

ご自身の車のタイヤが、ランフラットタイヤかどうかは、

タイヤの側面に表示されているのですが、メーカーによって表記が異なっているので、

最も安心なのは、ディーラーに確認するか、取扱説明書をご覧下さい。

ということで今日は、パンクの対処方法などをご紹介しましたが、

最後は、パンクさせないための予防策をご紹介します。

それは…適正な空気圧 です。

空気が少なかったり、逆に多すぎたりすると、パンクの危険性が高まります。

予防のためにも、こまめに空気圧をチェックして、適正な数値にして下さい。

また、側面などに傷やひび割れが無いかも、併せてチェックすると良いでしょう。

2017年7月 7日 (金)

大雨の対策

九州や中国地方で、激しい雨により、甚大な被害が発生しています。

ニュースの映像では、道路で立ち往生している車や、

本来車があるべき場所ではない所に流された車の映像を目にします。

そこで今日は…大雨の対策をご紹介したいと思います。

 

タイヤが半分以上水に浸かった状態で進むクルマの映像を目にしますが…

クルマは、フロアより上に水が来ると、エンジンに水が入ってしまう可能性があります。

しばらくすると、エンジンがストップしてしまうほか、故障してしまう恐れがあります。

運転中や駐車中にクルマが浸水・冠水する可能性があると感じたときは、

すみやかにクルマを高台などに移動させて下さい。

(自宅や職場などに向かいたい気持ちは分かりますが…)

 

もし、クルマが水に浸かり、エンジンがストップしてしまった場合は、

すぐに脱出して下さい。

雨に濡れたくないから…と、クルマの中で待機していると、次第に水かさが増し…

水圧によって、クルマのドアは、人間の力では開けることができなくなってしまいます。

また、エンジンがストップしてしまっていることにより、

パワーウィンドウも開かなくなり、クルマの中に閉じ込められてしまいます。

なお、クルマのガラスを素手で割ることは、不可能です。

もし、クルマが水に浸かり、ドアが開かなくなった場合でも、

脱出する手段はあります。 

水が胸から首ぐらいまで浸水するのを待って下さい。

ドアの大部分が水に浸かると、ドアにかかる水圧が軽減され、

ドアが開くようになります。

ゆっくりと力をかけるとドアが開き、脱出することができます。

慌てず、冷静に行動することが必要です。

 

クルマの窓ガラスを割るこのとのできるアイテムがあります。 

カー用品店などで販売されている「脱出用ハンマー」です。

金槌型のものが一般的で、ハンマーの先端に力が集中するようになっていて、

女性などの力でも、窓ガラスを割ることができます。

また、シートベルトが外れない場合に、

シートベルトを切ることのできるカッターも備わっているものが多いです。

もしもの時のために、クルマに常備しておくことをおすすめします。

なお、手の届かない場所においておくと、緊急時に取れないこともあるので、

運転席脇のポケットなどに入れておくと良いでしょう。

 

それではここで今週のクイズです。

簡単にガラスを割ることのできる「脱出用ハンマー」ですが、

ハンマーで叩く箇所として、適していないのは、次のうちどれでしょうか?

①フロントガラス

②サイドウィンドウガラス

③リアウィンドウガラス

どれでしょうか?

 

正解は・・・ ①フロントガラス

 

通常の国産車の場合、フロントガラスは2枚のガラスでできた

「合わせガラス構造」になっています。

これは安全性を高める為の構造で、2枚のガラスの間に

透明フィルムを挟んで接着しているので、飛び石などでガラスが割れても、

破片が飛び散らないようになっています。

そのため「脱出用ハンマー」で叩いても、すぐには割れないので、

フロントガラスは、脱出に適している箇所とは言えません。

昔の車や外国産の車は、そうでないものもありますが、

脱出の際には、サイドウィンドウをお使い下さい。

なお、水深の深い場所など、水中に車が沈む場合、

多くの車は、エンジンのある前から沈んでいくので、

脱出にために、リアウィンドウを割ることも、頭に入れておいて下さい。

ということで今日は、大雨などへの対処方法をご紹介しました。

0707_carlife_edit.mp3をダウンロード