最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

車のパフォーマンスが向上するアイテム

今日は車のパフォーマンスが向上するアイテムについてご紹介します。

パフォーマンスを上げるとなると、エンジンをチューニングしたり、

乗り心地を向上させるには、サスペンションを交換したりする必要があり、

場合によっては、数百万円の金額が必要になったりもします。

しかし、これから紹介するアイテムは数万円程度で、

パフォーマンスと乗り心地をワンランク上に引き上げてくれると言います。

 

そのアイテムが「SEV(セブ)」というアイテムです。

いくつかの種類があるのですが、今私の手元にあるのは、

手のひらサイズほどの大きさで、車のダッシュボードに置くタイプの

「SEVダッシュON」という製品です。

このSEVを置くだけで、車のパフォーマンスが良くなり、

乗り心地も良くなるとのことなんです。

不思議ですよね〜

 

そのメカニズムを簡単にご説明しますと…

SEVは、「天然鉱石」と「数十種類以上の金属」を組み合わせることにより、

電子を発生させています。

その電子が、物質が持つ本来持っている性能や性質を引き出してくれるために

車のパフォーマンスや乗り心地が良くなるとのことです。

なおSEVは、車だけではなく、人間のパフォーマンスも引き出してくれるとのことで、

プロ野球選手をはじめ、多くのアスリートが、

ネックレス型のSEVを愛用しているとのことです。

 

ではここで、このSEVを、私が体感してみたいと思います。

私の目の前に、2リットルのペットボトルがあります。

このペットボトルを、指で持ち上げた時、SEVを装着している場合と、

装着していない場合で、どのくらい体感に差ができるのかを、

私のリアクションで皆さんにお届けしたいと思います。

では、まずはSEVを装着した場合。

ネックレスタイプのSEVを腕に巻いています。

では持ち上げます…  

続いては、SEVを外した状態で、同じくペットボトルを持ち上げてみます。

 

(はなさんのリアクションはぜひ、音声コンテンツでご確認ください!)

 

今日はメーカーのご厚意により、車のダッシュボードに置くことで、

車のパフォーマンスと、同乗者の快適なドライブをサポートしてくれるという

「SEVダッシュON」(税抜き価格28,000円)を、1名様にプレゼントします。

 クイズに正解した人の中から抽選したいと思います。

 では問題です。

 

アルファベットでS(エス)E(イー)V(ブイ)と表記するSEV(セブ)ですが、

S(エス)は安全性のSafety、

E(イー)は電源などの外部エネルギーを使用しないことによるEcologyを表しています。

では、V(ブイ)は何を表しているでしょうか?

①「勝利」のvictory

 ②「価値」のValue

 ③「野菜」のvegetable

正解は…

②「価値」のValue 

体感できるほどの付加“価値”という意味が込められているとのことです。

SEVには、自動車用品と、健康用品があります。

気になった方は、オフォシャルHPを御覧ください。

ということで今日は、「つけた瞬間から体感できる」

パフォーマンス向上アイテム「SEV」 をご紹介しました。

SEVダッシュON

2017年2月17日 (金)

駐車場にまつわるアプリやサービス

駐車場を探している時、どこもいっぱいで周辺をぐるぐる回ったという経験をお持ちの方、

多いと思います。

でも、それも、アプリをうまく活用をすることで、

駐車場を探す時間を大幅に短縮できちゃいますので、

いくつかご紹介したいと思います。

 

まずは、駐車場大手の「タイムズ」の駐車場アプリ。

現在地周辺、駅名、施設名、駐車場の住所から、タイムズの駐車場が見つかります。

最新の満車、空車情報もリアルタイムで表示されるので、

行ってみたけど、満車だったということを避けられます。

また、平日、土日祝日の料金や、最大料金の有無の他、

タイムズ会員の優待料金なども事前に知ることができます。

同じく駐車場大手の「三井のリパーク」もアプリあるので、

この2つは抑えておいても良いと思います。

 

ところで、駐車場に停めた後に、近くに料金が安い駐車場があって、

なんだか損をした気持ちになった経験はありませんか?

それを防いでくれるのが、駐車場料金検索アプリ「PPPark!」です。

 現在地や目的地の料金を簡単に検索することができます。

指定した日時で計算できるので、土日や祝日などの料金も分かります。

割引料金や最大料金なども反映されており、

全国4万件以上のデータがあり、随時更新されているとのことです。

アプリのダウンロード数も100万ダウンロードに届く勢いとのことで、

今、入れておくべきアプリの一つかもしれません。

 

Yahoo!のカーナビアプリを使っているという方も多いと思いますが、

「Yahoo!カーナビ」は、駐車場を検索できるだけではなく、

路上のパーキングメーターも検索することができるので、

1時間以内でちょこっと停めたいという時などに便利だと思います。

 

また、電気自動車EVに乗られている人も増えてきましたよね。

高速道路のパーキングや大きな駐車場では、充電器が備えられていたりしますが、

そんなEVの駐車場を検索できるアプリもあります。

「EVsmart」というアプリ。

EV充電のできる駐車場が検索できるだけではなく、

充電完了を知らせるアラーム機能なども備わっているので、

EVにお乗りの方はぜひインストールしてみて下さい。

 

そして最近は、個人が自宅の駐車場を貸し出す、シェアリング型のサービスもあります。

空いている自宅の駐車場や、空き地などを、時間貸しするサービスです。

支払いはクレジットカードで行われるため、一般の時間貸しの駐車場のように、

精算機などを設置することもなく、貸し出す方も簡単に気軽に貸し出すことができます。

ではここで問題です。

空きっぱなしになっている駐車場を貸し出せるシェア型駐車場サービスの最大手で、

タイムズや三井のリパークに迫る勢いで、駐車場数を伸ばしているのは、

次のうちどれでしょうか?

①「Kashippa(かしっぱ) 」

②「Tomeppa(とめっぱ)」

③「akippa(あきっぱ)」

どれでしょうか?

 

 

正解は…

③「akippa(あきっぱ)」

「akippa(あきっぱ)」の駐車場数は、今年1月の段階で、4400ほど。

半年前は2000だったそうなので、倍の勢いで数を伸ばし、

今後ますます数が伸びていると思われます。

どんなサービスなのか気になる。うちにも空いている駐車場がある!

というかたは、オフィシャルサイトをご覧になってみて下さい。

akippa

2017年2月10日 (金)

車好きの男性がHappyになるバレンタインデープレゼント

2月14日はバレンタインデー。

そこで今日は、車好きの男性がHappyになるバレンタインデープレゼントを

ご紹介したいと思います。

まずは、車好きの方に義理チョコとして配るのに最適なチョコレートをご紹介します。

車のおもちゃ「トミカ」

小さくてカワイイミニチュアカーですが、

チョコレートで作られたトミカが発売されています。

価格も12個で550円なので、

義理チョコで配るのにぴったりなのではないでしょうか?

 

続いて、車好きの人が絶対に喜ぶチョコレートをご紹介します。

それは、神戸の洋菓子屋店「フランツ」で作られているチョコレート、

その名も「工具チョコ」です。

精巧に型どられた、ペンチやドライバー、スパナ、ラチェットレンチなどが、

チョコレートで出来ていて、男心をくすぐること間違いなしです。

食べるのがもったいなくなっちゃう程ですが、

楽しみ方は、見て愛でる、食べて味わう他、

ホットミルクに溶かして飲んでも美味しいとのことです。

6種類の工具チョコが入った「カーマニアセット」のお値段は、

税込み4500円。

「フランツ」の通販で購入することができます。

このコーナーの特設ブログにリンクを貼っておきますので、

そこからチェックしてみてください。

なお大人気商品ですので、売り切れになってしまう場合もありますので、

ご了承下さい。

 

さて、ここでクイズといきたいのですが、

今日は今、Twitterで話題となり、テレビなどでも取り上げられている、

面白い手作りチョコレートをクイズにしてみたいと思います。

今日の問題、それは、

フィギュアを製造販売するBABYsueの代表、

おでこしサンが作り、Twitterにアップをしたところ話題になっているチョコレートで、

私・はな的には、車好きの人に喜ばれると思うのですが、

そのチョコレートは次のうちどれ?

①超リアル!一見すると本物と見間違ってしまう、マンホール型のチョコプリン

②超リアル!飲むのをためらってしまう、エンジンオイル風ホットチョコレート

③超リアル! 実際に使ったらダメ!リアルなワイパー型チョコレート

どれでしょうか?

 

正解は…

①超リアル!一見すると本物と見間違ってしまう、マンホール型のチョコレート

 

もともとは、マンホール型のコースターを製造しているとのことで、

横浜市のマンホールを形どったコースターもあり、横浜市のお土産で、

市長賞を受賞したこともあるそうです。

噂によると、林市長も使用しているとか…

そんな技術を使って、チョコレートプリンを作ってみたそうです。

なお、リアルに見えるのは、マンホールだけでなく、

周りのアスファルトもリアルに作られているからなのですが、

アスファルト部分は食用竹炭で色調別に焼いた生地を砕いているとのことで、

本物の路面のように見えます。

残念ながら、このチョコプリンの販売はしておりません。

写真でぜひ楽しんでください。

https://twitter.com/38beem

 

ということで今日は、クルマ好きの方に喜ばれるバレンタインチョコをご紹介しました。

工具チョコ

L_km170206manhole01

 

2017年2月 3日 (金)

冬の車のコンディションを保つ方法と注意点

皆さんの愛車のコンディションはいかがですか?

寒い冬場は、人間の身体にも負担がかかるように、

車にも様々な負担がかかります。

そこで今日は、冬の車のコンディションを保つ方法と注意点をご紹介します。

まずは、何と言っても重要なのは、エンジンオイルです。

エンジンが人間で言うところの心臓なら、

エンジンオイルは、血液です。

そんなエンジンオイルは、温度によってねばり具合…粘度が変わるので、

冬の寒い時期などは、粘り気が悪く潤滑油としての働きが鈍ります。

なので、冬には低い気温でもしっかりと働きをするオイルをおすすめします。

都心は、寒冷地ほど寒くならないから大丈夫!と思っている方でも、

スキーやスノボーといったウィンタースポーツに行かれる方、

ご実家が寒冷地で、帰省をする方などは、寒冷地に適したエンジンオイルに

交換すると良いと思います。

エンジンオイルには、「10W-40」などといった数字が書かれています。

この「W」はウィンター・冬を表していて、数字が低いほど寒さに強いオイルとなります。

ディーラーやカーショップなどで交換する時や、エンジンオイルを買われる時、

寒冷地に行く予定がある方は、店員さんなどにその旨伝えるのが良いでしょう。

 

続いて、冬場のコンディションを保つために注意すべきは、

ラジエターの冷却水です。

ラジエターとその冷却水に過酷な季節といえば、通常は夏場です。

暑さで冷却が追いつかず、エンジンがオーバーヒートしてしまいます。

しかし、冬場にも注意が必要ということです。

それは何故か… 「凍結」という落とし穴 です。

冷却水には通常、寒さでも凍らないようになっています。

しかし、劣化し性能が低下していると、

寒冷地に行った時などに、凍ってしまう恐れがあります。

凍っているのを気づかずにエンジンをかけて走ってしまうと、

最悪の場合、ラジエターが破損してしまいます。

エンジンオイル同様、寒冷地に行く予定がある人や、

長く乗っているけど、これまでに交換した記憶がない…という方は、

点検をしてもらうことをおすすめします。

 

他にも、温度によって能力が変化する液体があります。

それは、バッテリー液です。 

温度が下がると性能は低下するのですが、通常であれば問題なくても、

バッテリーは消耗品なので、寿命がやってきます。

その寿命が近づいている中、寒冷地や冷え込む朝などにエンジンをかけようとすると、

あれ?エンジンがかからない… なんてことになってしまいますので、

同じく点検をしてもらうことをおすすめします。

最後にご紹介するのは、ワイパーのメンテナンスです。

冬場はゴムが硬くなる他、雪や霜などでガラスにワイパーがくっついてしまうなど、

ゴムにとっては厳しい環境となっています。

それを防ぐために、雪が降る時などには、ワイパーを立てて、

ガラス面とゴムを離しておくという人もいますよね。

また、ワイパーブレードの交換目安は、日本ワイパーブレード連合会によりますと、

1年ごとの交換を推奨しています。

『え、1年ごとに交換なんてしてない…』という方も多いかと思います。

しかし、ワイパーは1年間にどれくらいの面積を拭いていると思いますか?

それが今日のクイズです。

 

日本ワイパーブレード連合会による、1年間にワイパーが拭いている面積は、

次のうちどれ?

①東京ドーム1個分

②東京ドーム3個分

③東京ドーム7個分

どれ?

正解は…③東京ドーム7個分

これだけ拭いているのであれば、1年間に1回は交換したいですね。

なお、交換をする際は、ゴムの部分だけではなく、

ブレードも交換することで、新車の時のように気持ちよく拭き取ってくれるとのことです。

ちなみに、ワイパーには、「雪用」というものがあります。

ブレードの部分が、通常のものは金属がむき出しになっていますが、

ここに雪が入ってしまわないように、ブレード自体もゴムで覆われています。

降雪地帯などに行かれる方は交換を検討してみて下さい。

ということで今日は、冬の車のコンディションを保つ方法や注意点をご紹介しました。