最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

« 雪道の運転の注意点5つ | メイン | 車の静電気対策 »

2017年1月20日 (金)

ドライブレコーダーのお話し

今日は、もしもの時にも役立つ、ドライブレコーダーのお話しです。

カー用品店に行くと、たくさんのメーカーから発売されていて、どれを選んで良いのか分からない…

という人も多いはずです。

そこで今日は、ドライブレコーダーをジャンルごとにご紹介しますので、

購入の際の参考にしてみて下さい。

まず1つ目のジャンルは…ハイスペックモデル。

カメラの性能の向上により、高画質で録画できるモデルが、続々と登場しています。

一般的なドライブレコーダーの解像度が、100〜200万画素なのに対し、

ユピテルからは、500万画素という高画質で録画できるモデルや、

KENWOODからは、フルハイビジョンより高画質の録画が可能なモデルが

発売されています。

高画質であれば、もし何かあった時、写っている車のナンバープレートの

数字を読み取ることができたり、遠くの方で起きたことも鮮明に見ることなどができます。

また、ドライブの思い出として録画して、後でテレビやモニターなどで見る場合も、

高画質のものが良いですよね。

2つ目は…スタイリッシュなモデル。

フロントガラスに取り付けるドライブレコーダーが、視界に入って気になる…

という人もいるかと思います。

そんな人におすすめするのは、ルームミラーのドライブレコーダーです。 

PaPagoから発売されているルームミラー一体型ドライブレコーダーは、

今あるルームミラーに被せるように取り付けることができ、

ミラーの裏側にカメラが備わっているので、視界にカメラが入ってきません。 

また、ミラーの一部がモニターになっているので、スタイリッシュに映像が映し出されます。

3つ目は…オリジナリティ溢れるモデル!

他にはない特徴があるモノって、気になりますよね。

例えば、PaPagoのモデルには、本体の材質に、マイナスイオン鉱石を配合し、

リラックス効果や消臭効果が期待できるといた、一味変わったドライブレコーダーがあります。

また、SEIWAから発売されているのは、

ハローキティとのコラボによる、キティちゃん型のドライブレコーダーです。

ASUS(エイスース)から発売されているドライブレコーダーは、

充電池が内蔵されていて、アクションカメラとして、車の外に持ち出して使用することができます。

4つ目は…最新鋭のモデル!

最後は、これまでのドライブレコーダーにはない最新の機能を搭載したモデルをご紹介します。

カーメイトやユピテルから発売されている最新モデルは、

価格はこれまでのドライブレコーダーの2倍ほどするのですが、

その革命的な機能に注目が集まっています。

 

では、ここでクイズです。

そんな最新鋭のドライブレコーダーは次のうちのどれでしょうか?

①360度カメラで車内全ての映像を録画できるドライブレコーダー

②ソーラーパネル電池による電源のいらないドライブレコーダー

③超望遠で1km先の映像もくっきり録画できる機能のドライブレコーダー

 

正解は…

①   360度カメラで車内全ての映像を録画できるドライブレコーダー

 

ドライブレコーダーというと、これまでは前方の映像を録画するものでしたが、

最新のモデルでは、後方に加え、側面なども撮影できる360度全方位撮影が

可能となっています。

ユピテルのドライブレコーダーは、水平の360°に加え、

垂直360°で、720°が記録できる全天球型で、その名も…「marumie」です。

価格は6万円前後となっていますが、注目が集まっています。

 

いかがでしたでしょうか?

日々進化するドライブレコーダー。

また新たなジャンルが登場したらご紹介したいと思います。

 

コメント

コメントを投稿