fyb_switch_to_sp_js

児童書(絵本) Feed

2016年12月16日 (金)

シャクルトンの大漂流

表紙 購入
ウィリアム・グリル 作
千葉茂樹 訳
岩波書店
2,000円(税別)
ISBN978-4-00-111260-3

1914年、冒険家シャクルトンは、27人の隊員と69頭の犬と共に木造船エンデュアランス号に乗り、南極大陸横断を目標にイギリスを出発した。厚い氷を舳先で割って、前へ前へと進んでいくエンデュアランス号。しかし船はやがて完全に立ち往生してしまう。約2年にも及んだ極限の冒険の物語を、若手イラストレーターが色鉛筆で畏敬の念を込めて描いた絵本。可愛らしさ、力強さ、いろいろなタッチがあって、どのページも時間をかけて見てしまいます。

2016年3月 7日 (月)

のっぽのスイブル155

表紙 購入
こもりまこと 絵・文
偕成社
1,400円(税別)
ISBN978-4-03-332500-2

長いこと眠っていた、ちょっと変わった形の緑色のブルドーザー。あの日を境に、彼のところにたくさんの人がやって来た。時間をかけて丁寧に修理され、生まれ変わった彼は、自分が何者だったのか思い出し、勢いよく前進し始める…東日本大震災で壊れた橋や港を修復するのに活躍した水陸両用のブルドーザー、スイブルが主人公の、実話をもとにした絵本。車の絵のプロ、こもりさんが生き生きとスイブルの表情を描いています。

2016年1月25日 (月)

築地市場 絵でみる魚市場の一日

表紙 購入
モリナガヨウ 作・絵
小峰書店
1,500円(税別)
ISBN978-4-338-28205-5

ものすごいスピードで進むマグロのせり、小回りのきく運搬車、重ねられた発泡スチロールの箱、長靴姿で働く人々…2016年11月に豊洲へ移転する、日本一の水産物取扱市場・築地市場。ひと晩に約8000台(!)のトラックが魚を積んで入って来る魚市場の時間を、詳細な絵で写し取った1冊です。こまかい部分をじっくり見られるのが記録絵本の魅力。モリナガさんによるあとがきも市場の空気を伝えます。

2016年1月 4日 (月)

しんぞうとひげ

表紙 購入
しまおかゆみこ 再話
モハメッド・チャリンダ 絵
ポプラ社
1,400円(税別)
ISBN978-4-591-14471-8

お腹を空かせたまま3週間放浪していたしんぞうとひげが鉢合わせ。ひげはしんぞうを食べてしまおうと飛びかかる。しんぞうは人間の男に助けを求めるが…なるほど!と笑ってうなずいてしまう結末。東アフリカ・タンザニアの島ザンジバルに住むおばあさんからしまおかさんが聞いた民話に、6色のペンキで豊かな自然や人々の暮らしを描くティンガティンガ・アートの第一人者が絵をつけた、ユニークでおおらかな絵本です。

2015年6月29日 (月)

この世でいちばんすばらしい馬

表紙 購入
チェン・ジャンホン作・絵
平岡敦 訳
徳間書店
1,900円(税別)
ISBN978-4-19-862660-0

絵の才能を見出された貧しい少年ハン・ガン。彼の描く馬はまるで本物、生きて絵から飛び出すらしいと噂になる。戦に赴く武将の依頼を受け、ハン・ガンは「この世でいちばん気性が激しく、勇敢で、力強い馬」を描く。馬は武将を乗せて、戦場へと走り出すが…8世紀の実在の画家の絵から着想を得たという大迫力の絵本。馬のすべてのパーツに躍動感と魂が宿っています。

2015年5月18日 (月)

マッチ箱日記

表紙 購入
ポール・フライシュマン 文
バグラム・イバトゥーリン 絵
島式子・島玲子 訳
BL出版
1,600円(税別)
ISBN978-4-7764-0605-1

字が書けなかった子どもの頃、マッチ箱がわしの日記だった…空腹を紛らわすためになめたオリーブの種、父の住むアメリカへ行く船の上で拾ったヘアピン、初めて見た野球の試合のチケット。苦労の多かった時代の生活の断片を入れたマッチ箱をひとつひとつ開けながら、イタリア移民のひいおじいちゃんがひ孫の娘に思い出を語る。陰翳に富んだリアルな絵が、まるで映画を読んでいるような気持ちにさせてくれます。

2015年4月27日 (月)

ふたりのねこ

表紙 購入
ヒグチユウコ 絵
畑菜穂子 文章構成
祥伝社
1,200円(税別)
ISBN978-4-396-46049-5

汚れた体で倒れていたぬいぐるみのニャンコに、公園暮らしのねこは言う。「あたしたち、家族よ」。かつてニャンコが幸せに暮らしていたうちをふたりで毎日探すが、見つからない。もしうちが見つかっても、とニャンコは思う。ねこと一緒にいられないかな。ねこも思う。このままずっと、ニャンコがいてくれないかしら…体毛一本一本の流れまで丁寧に描かれた、ちょっとぞくっとするような強いまなざしの猫、動物たち。悲しいラストではないのに涙がにじんでしまう絵本です。

2015年3月23日 (月)

ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!

表紙 購入
ヨンナ・ビョルンシェーナ 作
枇谷玲子 訳
クレヨンハウス
1,400円(税別)
ISBN978-4-86101-201-3

お菓子は土曜日だけってパパに言われた。でも当のパパは木曜日に食べてた。じゃあ自分も、とつまみ食いしたおとうとうさぎ。やってきたのは恐いトロル(おばけ)。さらわれてお菓子工場に連れて行かれたおとうとうさぎは、たくさんの子どもと一緒に働かされることになってしまう。でも「ひみつのおかし」を食べると、みんなをたすけられると聞いて…キモカワ系の元気な絵と、いい人悪い人を分けないストーリー。スウェーデンの子どもが選んだ人気ナンバー1の絵本です。

2015年2月16日 (月)

モーツァルトはおことわり

表紙 購入
マイケル・モーパーゴ 作
マイケル・フォアマン 絵
さくまゆみこ 訳
岩崎書店
1,400円(税別)
ISBN978-4-265-82025-2

気難しい名バイオリニスト、パオロ・レヴィに急きょインタビューすることになった新米記者のレスリー。モーツァルトについての質問は禁句だと上司に言われていたのに、緊張でその名前をつい口にしてしまう。そんなレスリーにパオロは、両親から受け継いだある記憶にまつわる話を始める…ナチスの強制収容所で実際にあった出来事から想起された物語。透明感のある青が多く使われた絵のやさしさがストーリーの悲しい部分の印象を和らげ、愚かな歴史を繰り返してはならないと静かに伝えます。

2015年1月12日 (月)

ウルトラマンをつくったひとたち

表紙 購入
いいづかさだお さく
たばたけい/まくたけいた
偕成社
1,600円(税別)
ISBN978-4-03-221290-7

「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」としてギネスにも認定されたウルトラマンシリーズ。放送が始まった1960年代、ウルトラマンはどうやって作られていたのかを、なつかしいタッチの見開きの絵で紹介した絵本です。それぞれの分野で、知恵を出し合い汗を流す職人さんたちの工夫、当時の熱気、活気。バルタン星人やシーボーズ、ゴモラ、ジャミラなど人気怪獣もたくさん登場します。