fyb_switch_to_sp_js

« ラ・プッツン・エル 6階のひきこもり姫 | メイン | 妻の沈黙 »

2014年10月13日 (月)

つながるカレー コミュニケーションを「味わう」場所をつくる

表紙 購入
加藤文俊・木村健世・木村亜維子 著
フィルムアート社
1,800円(税別)
ISNB978-4-8459-1431-9

どこかの町へ行き、ゆっくりと時間をかけてカレーを作り、集まってきた人と会話をし、出来上がったものを一緒に食べる。お代は無料、ルールはふたつ。地元の食材を使うことと、カレールーを使わないこと。押しつけがましくなくかつ無理なくつながることがもたらす豊かさが感じられる、ボランティアでも社会実験でもないユニークな活動の2年間の記録です。地域再生、地方創生というような言葉を具現化するとしたら、と考えたとき、この本に書かれている思考と、そこから導かれる方法はとても参考になるのではと思います。

コメント

コメントを投稿