fyb_switch_to_sp_js

« 月と六ペンス | メイン | 辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 »

2014年5月19日 (月)

あなたに似た人(新訳版)I

表紙 購入
ロアルド・ダール 著
田口俊樹 訳
ハヤカワ文庫
760円(税別)
ISBN978-4-15-071259-4

『チャーリーとチョコレート工場』など児童文学でも知られるロアルド・ダールの有名な作品集が、文庫2冊にわけて新訳で刊行されました。夫に別れを告げられた妊娠中の妻、かつて自分をいためつけた上級生を電車の中に見つけた紳士、人気画家が彫った刺青を背中に持っている老人…ものがなしかったり醜悪だったり残酷だったり、11の短編にあったかい話はひとつもなし。ひとの黒い心のバリエーションが詰まっています。

コメント

ダールを夢中になって読んでいた時期がありました、大人の気分を味わえる気がして。賭けに走る「南から来た男」と肖像画家の告白である「告別」がお気に入りです。本作品集とは別ですが、オズワルド叔父さんの旅日記シリーズも好きですね。

ね多朗様

トレヴェニアンもダールも中上健次もたくさん読んでいらっしゃった方にこのちいさなコーナーを聴いていただけていたこと、とても嬉しく、同時に恐縮するような気持ちです。ダールの作品は、このほかにも『ぼくのつくった魔法のくすり』や、おなじみの『チョコレート工場の秘密』もご紹介しましたが、子どもの頃もっと読みたかったなあと手に取るたびに思いました。オズワルド叔父さんのシリーズはまだ読んでいないので、いつかゆっくり、と思っています。

ほんとに本は読めば読むほど、自分はなんて読んでいないんだと思うばかりです。うなだれ、それでもまた次の1冊に手を伸ばすしかないのですね。

また「声での本紹介」を、あらたな形で始めたいと思っています。そのときはどうぞよろしくお願いいたします!

コメントを投稿