fyb_switch_to_sp_js

« アレグリアとは仕事はできない | メイン | 蒲団 »

2009年1月21日 (水)

利休にたずねよ

表紙 購入
山本兼一 著
PHP研究所
1,890円(税込み)
ISBN978-4-569-70276-6

信長、秀吉という2人の天下人に仕えた茶頭、千利休。1591年、秀吉の勘気に触れて切腹を命じられた利休は、自らの手で命を絶つその日、50年前に殺したある女のことを思い出していた…切腹の日から時を少しずつ遡りつつ、様々な人物の視点で利休という一筋縄ではいかないキャラクターを浮かび上がらせた直木賞受賞作。結末が分かっているのに先が気になるという不思議な感覚が味わえる、王道のエンターテインメントです。

コメント

コメントを投稿